すぐ痩せるということは、すぐ太ることである

前回もそうだったけど、ダイエットを始めるとスルスル落ちる。みんなビックリだ。本を出せ!とかまた色々言われているが(笑)、若いときは8キロなんてあっという間だった。最近は5キロまではスルスル、その後の1キロはなかなか大変、下手したら1週間ずつかかっちゃうかも?みたいなペースだ。今回は徹底しているので、落ち方も順調。

ここで安心して食べちゃったら、少し戻っちゃった(笑)。あたりまえの自業自得。いけませんね。今回は前回書いたダイエットの掟を破ったのが敗因だ。「無駄に食べてはいけない」・・・・ああ、無駄に食べた。悔やまれる。

a0041150_10544736.jpga0041150_1055728.jpg出かけたのは日本橋の老舗「たいめいけん」。今は細身の顔黒3代目が毎日のようにテレビに出ているので、「ひまわり・オムライス」なども全国区で親近感もあるし、カツサンドやハンバーガー等のタイアップ商品も広く売られているので、思いっきり隆盛のお店。

気がつくと大行列になってしまい、食べはぐっていらっしゃる方も多数。日本橋・三越内にもイートインがあるが、やはり本店が良い。1階はリーズナブルな洋食屋さん、2階はやや高級なレストランとなり、1階のガチャガチャした感じも味わいがあって、レトロな雰囲気も好きだ。

「おいしい洋食屋」さんであることは間違いないが、そこまで並んで食べるほどではない(笑)。「普通においしい洋食」というカテゴリーのど真ん中にある感じで、そこが良さでもある。

1階は何かちゃんと注文すると「ボルシチ」と「コールスロー」がそれぞれ50円で提供される。まずこれに負けた(笑)。「ボルシチ」は野菜がいっぱい入った薄めなスープという日本の味そのもの。どうしてどこの店も(ロシア料理店も)、あの本家の味を日本では提供しないのだろう?ロシアやポーランドに行けばどこの店でもあの味だ。間違いなくうまいんだけどね。メインは「特選エビフライ」。見事な大海老だ。ただし食べてみると、衣が厚い。これが予想外のミスとなった。やはりトンカツ屋ではないから、こんなもんだな・・・・普通だったら途中で残すところだが、エビ好きだから食べちゃった。無駄に食べた!これが命取り(笑)。いかんいかん。

a0041150_11312370.jpga0041150_11314021.jpgただしダイエットのための人生ではないから、こういうのも良い。この日も編曲で悶々と湯気が立った私を見かね、誘われてとてもウキウキ楽しかったのだ。所詮は短い人生。まして私など無理に無理を重ねているから長生きなんかできるはずもない。元気ではいたいと思うが、あとは楽しくやりたい。

頭痛が薬飲んでも治らず、マッサージに行っても悪化するだけなときも、「太田鮨」「天麩羅・中山」「鰻・大和田」「とんかつ・宇田川」鉄板焼・仁」に行くと、楽しいお話も出来て治ってしまうこともある。「太田鮨」にはこのダイエット中にも通っている。好きなものだけを食べたいので夜専門だが、やはり心にもおいしい食事だ。この日は「たい」「かんぱち」等の白身、お新香少な目の「トロタク」も絶品!
by masa-hilton | 2010-02-26 11:43 | 日々の出来事
<< 勝利を目ざして 日勝亭のポークソテー・ハワイアン >>