「ランチの女王」の再放送が再び

a0041150_2195558.jpg再放送が再びというのは変な書き方だが、フジテレビ系の「ランチの女王」がまた放映されている。これは人形町の架空の場所という設定。洋食屋さんが舞台になるのだけど建物は本当は文京区にあるらしい。設定が人形町ということで、うちのすぐ裏を竹内結子さんが疾走したり、八百屋さんは近所の八百屋さんだったりと、見ているだけで楽しい。さらにこのころと街の様子も変わってしまっているので、懐かしいお店がチラリと映ったりするのも、地元民は胸キュンだ。

実際にこんな感じの洋食屋さんが多い人形町だが、このドラマを見るたびに私は何となく鉄板焼の「仁」さんが重なってしまう。「仁」さんも家族でやっている温かなお店だし、デミグラス・ソースを煮る鍋とかも何となくドラマに通じるぬくもりを感じる。

この鍋にはちょっとした野菜や肉の破片がポイポイ投げ入れられ、その様子を見ているのもとても楽しい。楽しいといえば親父さんも息子さんたちも、明るくゴキゲンな人たちなので会話もはずむ。前にも書いたけど夜は「仁コース」が定番、またミートソースとレバーステーキも絶品だ。「ランチ」も旨い。ステーキ・ランチ1500円(写真左)が絶対にオススメの一品!いいね!

土曜はステーキが日替わりの安い値段で出るが(写真中)これは別物だった。やはり安い物は安いなりだ。絶対に土曜でも1500円のものを食べることをオススメしたい。でも普段の日の「日替わり」に登場する特製コロッケやお肉の焼き物も、けっこう好きだったりする。あと足らないものといえば竹内結子さんぐらい。

a0041150_226176.jpga0041150_2261773.jpga0041150_2262997.jpg

by masa-hilton | 2010-03-07 23:51 | 趣味&グルメ
<< おおお、フラフラします~~~ ドイツ大使館でのコンサート >>