まさに冬の旅

a0041150_413922.jpg東京はにわかに大雪、そして寒いのなんの。歩いてはシャーベット状の道路で、下手すれば転びそうだ。お客様は、皆さんご無事に帰られただろうか?とても心配している。

でもこの寒い日!まさに「冬の旅」にはふさわしい日である。本家ドイツの名歌手でも「冬の旅」をリサイタルで歌う機会はそうそうないそうだ。クプファーさんは彼の明るいキャラクターが活きた、どちらかと言うと大らかなドラマを展開させていた。解釈はややモノクローム。ピアノでの雰囲気作りは暗い情景を要求されるので、むしろ大変だったかもしれない。とても感謝され、大絶賛していただけてホッとした。まだ37歳、これからさらに深めていかれることだろう。

もう1つピアニストの役目は1時間15分、いっしょにピンと気持ちを張ること。一般にこの曲を無事故で歌えることは皆無。出遅れたり、わからなくなっちゃったり、歌手側の予想を超えた基本的な崩れが起きやすい。万一事故が起きたときに「一体どうやってつじつまを合わせるのか」の一瞬の判断がとても難しい。なるべくガサガサしたり、崩壊したりしないように気をつけて、この曲の持つ空気を乱さないようにしていく用意をする。

もともとは若者が書いた曲なのに、老成した厭世観でも表現が深まる、芸術の幅というか、緊張感の絶えない曲だ。(笑)。

a0041150_4412460.jpg無事何事もなくお役目も終えられて、肩こりも軽減した~めでたしめでたし(笑)。そうそう、先日の大使館での写真を入手できたので、あらためて(左上)。彼はフレンドリーでとても楽しい人だ。

写真といえば、ヤマハホール、オープニングの写真も入手。こうしてみると毎回毎回、色々なジャンルの曲を大量に抱えながらも、何とかここまでは的確な仕事をして来れたと思う。順調だ。でも安心してゆっくりする間はない。3日後には新しい外国人歌手たちと会う。1回のリハで本番となるし。5月に向けてさらに曲数が膨らむので、急がなければならないこともたくさんある。

おかげさまでダイエット大作戦は7キロ減を保っている。急に下げたせいかフラフラもしているが、やや細身になってきた。もう一息!でも食べる時はきちんと食べてしまうので、これ以上は簡単には落ちていかない。

コンサートのあとおなかがすくと、自宅付近では「香港美食園」が専門だ。何回も登場したお気に入りの中華。もちろん超高級本格中華ではないけれど、上品なお味付け!中華屋さんはこのブログでも体験したけど、料理人がくるくる変わることが多く、「これがおいしい」と書いても4日後に行けば味が違うみたいなことがしばしば。この店は安定している。ランチで行くよりはアラカルトのほうが良いとは思うけど。

とにかく最近のイチオシは「海鮮チャーハン」。チャーハンに対しては、うちの界隈ではこれが一番好きだ。量が多いのでぜひご注意を(笑)。最近はまっているのが「酢鶏」。もともと酢豚好きだが、鶏肉でも軽さがあっておいしい。もしかするとおつまみにも合うかもだ。黒酢ブームで「黒酢の酢豚」があちこちはやっているが、あれは黒酢が強すぎて料理の風味が飛んじゃうのであまり好かない。こういうサラッとおいしいのがいいな。この店の甘い「エビマヨ」などもお気に入りだが、野菜の炒め物もうまい。「トウミョウ」のあっさり感も良いが「青梗菜」も癖になる。肉のバランスがとても良かった餃子もうまかった~!

a0041150_11291310.jpga0041150_11284621.jpga0041150_11293794.jpg
by masa-hilton | 2010-03-10 04:50 | 日々の出来事
<< 「インカント」再び おおお、フラフラします~~~ >>