久しぶり日本橋の天麩羅「魚新」に

a0041150_20391738.jpgちょっと久しぶりになったが、わが家の近辺の「高級志向」天麩羅店ではお気に入りの1つ「魚新」に出かけた。以前から共演などで親しくさせていただいている新田孝さんがいらしたのでお誘いした。この「魚新」はもともと六本木にあった有名店で、そのころは直純先生がオーナーと親しくされていたとのこと。このブログにも何回も登場、打ち合わせにはおなじみの店だ。

高級天麩羅店の味わいは値段と比例するが、このランクとしては十分に満足の行く天麩羅だと思う。あたり前のことだが、もたれないのがうれしい。「お袋の味」の「中山の天麩羅」も大好きなのだが、中がナマの状態のイカ天や小タマネギみたいなものは高級店志向の天麩羅ならではのメニューで、はずせない。またこの店の「大根おろし」の旨さも変わりなく格別のもの!うれしいね。季節のお野菜や看板でもある「江戸前の穴子」も味わいが深くおいしい。掻き揚げは天丼等にしないで、普通に天麩羅として戴くのが流儀。

「魚新」は多分揚げ手が3人ぐらいいるのだと思うが、職人によって腕の差がある。もちろんこれは腕の差でなくてこちらの好みの差だと思うのだけれど、今回は私がイチオシの職人さんが揚げてくれたので、超うれしく大満足。やはり美味しいね。個人名をここに書けないけれど、メガネの細身の方である(笑)。お話も進みとても楽しいひと時だった。
a0041150_2041368.jpga0041150_20394485.jpga0041150_2040098.jpg

by masa-hilton | 2010-03-24 20:52 | 趣味&グルメ
<< 心配ごと・・・・・ 上野の「レカン」は重宝してます! >>