柏のコンサートもアットホームに成功!

そして奇跡の本番(笑)!柏のホールは多分初めて。柏では前にホテルでのコンサートとか、もっと別のホールで弾いた覚えがある。柏でコンサートをやったという記憶は、駅に降りたときに確認。「前、ここのレストランで食事したことがあったなあ・・・・」って食いもんのことで覚えてたわけ(笑)。いかんいかん。

a0041150_16422765.jpgコンサートが5時からという珍しい時間からのスタートだったので、柏ではなくまず人形町でランチを済ます。久しぶり中華の「佳華」に行って、メニューにはない「酢豚ランチ」を特別に作ってもらう。ここのモダンな奥さんも、娘さんと一緒にあちこちで食べ歩いていて、よそのレストランで会うことが多かったりする(笑)仲良し。そしてこの「酢豚」が旨かった!とにかくオープン当時とても美味くて、町の中華屋さんながら物によっては「福臨門」よりも旨いと思わすほどだったのだが、その後料理人が何回か代わり、そのたびに味も変わってしまってイマイチ行きにくくなっていた。今回の酢豚はとてもすばらしい!揚げ方、肉と野菜のバランス、甘酢の感じもすべて満足!とまあ本番前なのにガツガツ戴いてしまったが、コンサート終了まで忙しく何も口に出来なかったので、運が良かったよね!

会場に行くと名人・鈴木トシローさんの調律でまずは安心。トシローさんならではの宝石のような音でスタンウェイも生き返る!リハーサルは1回ずつサッと通しただけだけど時間がかかって開演ギリギリまで。裏話としては(笑)アンコールのトリオなどは、即席トリオなので多大な心配を残しての本番になったのだけど(笑)、さすが実力者たちで、本番は難なく魔法のように良い雰囲気!問題なし!華やかな舞台と演奏のほうも輝いていて、大塚茜さんと新倉瞳さんの魅力が満開に咲いた、素敵なコンサートになりめでたしめでたし!楽しかった!内容の濃い曲目だったのでさすがに充実感もあってすばらしい。また復帰の管理人さんも無事譜めくりが出来て、これも良かったな。GWという難しい時期にいらして戴いたお客様には心からの大感謝!温かく盛りあげてくださり、とても嬉しい。

こんなことを言って良いかどうかわからないが、昨日のコンサートにいらっしゃったお客様はとてもラッキーだったかも(笑)。昨日は終演後、パーティとまではいかないけれど1時間以上も!大塚さんや新倉さんと記念撮影や個人的に親しくお話できた、演奏者とお客さまが心ゆくまで親睦を深める、珍しいくらいアットホームな会になった。普段、まるで交通整理をされるように演奏家との接点がなく残念に思っていたお客様たちは、きっと十分に満足されたのでは(笑)?
a0041150_17161656.jpg

というわけで、終演後はとんぼ返り。昨日はGW中ということで、時間が読めないので車は使えず行きも帰りも電車。おかげで早く戻れて、こちらもお気に入りのイタリアン「イル・バンボリーノ」に行くことが出来た。先日もイタリアンの「アル・ポンテ」に行ったばかりだが、ちょっと出される料理の感じが違う。「アル・ポンテ」のほうはフレンチといっても良いぐらい、アンティークな感じの本格的なお料理が出てくるが、「イル・バンボリーノ」のほうはカジュアルでいながら本格的なイタリア地方料理のテイストがあり、ピザも日本橋界隈ではダントツに旨いお店である。「アル・ポンテ」の人ともお友達らしく「あいつがんばってるかな~?」みたいな感じで、同業者のライバルではあるけれど、こういうのって素敵だ。表の「キラク」の「そよいち」に対するひどい仕打ちとはエライ違いだよね~。そういう心の良さは料理にも現れていると思う。

a0041150_17552258.jpga0041150_17565676.jpga0041150_17572541.jpg
a0041150_17574059.jpgまずは子牛肉を使った「カルネクルーダ」、日本流に言えば「なめろう」で、生肉のたたきを中心にカブなどのお野菜をサラダ風にあしらっている。とても旨い!ただ味はあまり日本的に迎合しないで、しっかりした「塩味」で現地風な生肉のテイスト。前菜はむしろこうしたピリッとした感じのものの方が、あとのお料理が引き立つと思う。パスタはこの店で最もお気に入りのメニューの中から「リガトーニ」を。リガトーニは太目のショートパスタのことであるが、ここに美味しいトリッパをふんだんに使ってのトマトソースの味わい。最近これが大好き。今まで数ある名店でトリッパを戴いているが、ここのこのトリッパ入りのパスタが一番食べやすく、イタリアの家庭でママが作るパスタのぬくもりがあって大好きだ。ここのところ毎回頼んでいるね。そして次が「パルメザンチーズのリゾット」だが、ソラマメがトッピングされていて、これもとても美味しくて大のお気に入りなのだ。ここのは「ビスボッチャ」のように、チーズの上でライスを混ぜるスタイルではなく、きちんとお皿で出されてくる。まずはこのリゾットのライスの水加減、食感がたまらなく旨い。まさに絶妙だ。ここまで旨いリゾットはなかなかないと思う。そらまめとのコンビもすばらしい。ただ一般的にはこれでも十分大丈夫だと思うのだが、私はもっとチーズがかかっているのが好み。ということで普通よりも濃く、さらにパルメザンの粉チーズを別に出してもらっている。好みは人それぞれだが、やはりチーズ大目の方が濃厚に旨いよね。そしてピザはもちろん最高。私はここのピザが一番好き。今回はゴルゴンゾーラとリンゴと蜂蜜のピザを。幸せな気持ち満開!良い1日だった。
by masa-hilton | 2010-05-06 18:38 | 日々の出来事
<< 5月22日 湘南台トワイライト... そして奇跡のリハーサル(笑) >>