ポールさんとのコンサートは大成功!

楽しみにしていたクリストフ・ポールさんとのコンサートも大成功に終了!終わってから常連のお客様に「とても素敵だった」とほめていただけて、本当に幸せだった。素敵だったというほめ言葉が、私は一番好きだからである。素敵な原因はポールさんの響く甘い声と安定した歌唱、そして確かな解釈と感性が、私との相性で良かったからである。ホッとしたし、演奏がいつまでも続けばいいなあ~というような気持ちでいっぱいになった。ポールさんも「これで終わっちゃうの?つまらないね、またやろうね」とおっしゃって、とても気分が良さそうだったので、これもまた嬉しかった。

a0041150_119233.jpg今日はけっこう入りの時間が遅かったので、病院なんかにも寄ったあとに、大好きな天麩羅の「中山」さんに行ってランチを戴く。この写真は「中山」さんの通称「黒天丼」。濃いタレで美味しいんだよね。そして1050円とビックリの安さ。あの氷川きよしさんも絶賛のメニューだ。

1時間前に軽くリハをというお約束だったが、ポールさんの入りは遅かった(笑)。なので開場にも時間がかかり、開演も事実上10分オシになった。でも「水車小屋」は休憩なしで歌われるのでそれでも余裕。今日は彼のなかなか素敵なトークとアンコールもあって、そのお人柄の良さも会場に伝わっていた。まだまだお若いポールさん。これからさらに磨きがかかって、ビッグネームになってワーグナーなどを引っさげて新国立劇場などに登場することでしょう。

それにしても今日はライヴ録音しても良いくらいの完成度の高さだった。普通これを全曲歌って、ポールさんぐらいの完成度で歌えた人は稀だ。すばらしい!ただ1箇所、半拍早く出てしまったところがあって、やむ終えず私がその半拍をかぶった。あれは聴いていらっしゃる方には「肝心なところでピアノが変な間違いをした」ぐらいにしか聴こえないと思う。これぞナイスホロー(笑)!けっこうこのパターンは多い。歌手には大変感謝される。本番は事故も起きるけれど、本番だけの得がたい瞬間が生まれる。今日もそういう部分いくつもあり、その瞬間がとても幸せ!

気持ちの良い本番が終わって、おなかが空いたらいつもの「香港美食園」。「きゅうりのにんにく味」「チンジャオロース」「酢鶏」「春巻き」「チャーハン」を戴き大満足!

a0041150_1225456.jpga0041150_123962.jpga0041150_1232593.jpg
by masa-hilton | 2010-05-22 01:25 | 日々の出来事
<< ワレフスカさんとのコンサート、... クリストフ・ポールさんとのリハーサル >>