打ち合わせラッシュ!

ちょっとコンサートは一服!ホッとしている感じかな?と思われがちだが打ち合わせのラッシュが続いている。何事も転ばぬ先の杖。具体的なコンサートの打ち合わせも含めて、不測の事態を想定して、色々手を尽くすことも大事だし、先の見通しも話し合っておく必要もある。コンペにかかっている仕事の強化と企画も次々考えなければならないし、この土日は編曲をしなければならないことになった。

忙しく時間がなかったので、近所のグリル「ツカサ」に行って「ポークソテー」。こちらは1300円という値段の割にはしっかりとしたものが出てくる。ただ「宇田川」の「豚テキ」を考えてしまうとどうしても見劣りしてしまうので、同じお肉でのしょうが焼きの方が豪華な気分でいただけるかもしれない。でもこのお値段だからOK。高いだけの「キラク」のポークソテーよりはずっとアットホームな温かさがあると地元では評判。サイドメニューはもちろん「カニコロッケ」。おいしいよね。

a0041150_10541114.jpga0041150_10543232.jpga0041150_10545142.jpg
そして銀座に飛んでいく。用が山積みだ。14日過ぎないと発表できないのだが、ヤマハホールのセドフさんとのコンサート、とても素敵ですばらしいサプライズがあって、その打ち合わせもキッチリ慎重に行わなければならない。川島さんも飛び回っていて大変だ。でもとてもやりがいがあるね。その川島女史「さあ、鰻だ鰻だ」と言うから、私はここのところずっと連チャン鰻だったのだけれど、またまた鰻へ。でも時間がないから博品館にある銀座の「登亭」へ。そう、もう2度と行かないと決めたはずの「登亭」にまた行ってしまった。上野の「登亭」は本当にまずくなっちゃったからな~。でも銀座は大丈夫だったね。2500円のを戴いたのだけれど、値段の割にはボリュームもあってまあまあ合格!もともと鰻好きだから(笑)。ここでも色々難しい話を二人で。やはり、ビジネスとして成り立っているのに、人とのつながりで迷惑をかけてしまう性格の人というのは、どのジャンルにもいるもので、そういう人は切らざるをえないというようなことが多いらしい。私たちがその道を選ばなくても、自然とそういう人はキャリアを失って世の中から取り残されていく。自らも気をつけて生きて行かねばね。

a0041150_1059020.jpga0041150_10564017.jpga0041150_10565338.jpg
a0041150_10571363.jpga0041150_10573974.jpga0041150_10575783.jpg
a0041150_10581112.jpga0041150_113834.jpg翌日は管理人さんとコレド日本橋の「魚新」で。いつものコースを戴いたが、さすがに「近藤」を知っていると平凡には感じてしまうね。でももちろん美味しい。そして気軽に戴けるのも良いし、個人的な感想だが豊富な「大根おろし」が嬉しいし旨い!大のお気に入りのお店だ。

海老に続いて登場の「ソラマメ」も良かったし、「ホタテ」に続く「タマネギ」もホクホクだった。「レンコン」も美味しかったが、江戸前の「アナゴ」はボリューム満点。同じく江戸前の「キス」もとても美味く、こちらは撮り忘れてしまったほど。でも一番美味しかったのは最後の「かき揚げ」かな~。プリプリの海老や具材のバランスも良いし、揚げ方も上手。揚げ手は店長ではなくメガネの彼(名人)だから安心(笑)。このコースは質の割にはリーズナブルでお得。しばしば伺っている。本日も満足だ。

a0041150_11182051.jpga0041150_11183861.jpga0041150_11185436.jpg
a0041150_1119745.jpga0041150_1119193.jpg夜も色々電話が鳴り止まない。ピアノを弾いている暇がない(笑)。これは困ったことだよね。ピアノを弾くよりも事務仕事の方がずっと疲れる。さすがにへとへとになったので「太田鮨」で一服。

いつもの美味しいお鮨。楽しいお話をしてちょっと小休止な気分だ。いつもの「もずく」から始まって「かんぱち」「こはだ」、この「こはだ」のお魚の食感が残った感じ(笑)が大好きだ。「スルメ」も旨いし名物の「煮ハマ」も最高。「トロタク」を握ってもらって「アワビ」、濃いツメが最高の「アナゴ」と定番が続く!〆は絶品の「かんぴょうまき」と「玉子焼」。ゆるやかなときが流れるけれど、人生がこんなに慌しくて良いのだろうかな?等とも少し思う。ブログのネタとしても忙しいからいつもの店ばかりだね(笑)。すみません。でも美味しいからこれで十分とも言えるけれど。

a0041150_13571243.jpg最近「イル・バンボリーノ」のランチもぐっと質・ボリューム共にアップ。どちらかというと2人で行った方がいいね。そういうことで打ち合わせ向きとも言えるかも(笑)。メニューの内容自体は前と一緒。最初にミニスープとサラダ。ラタトウィユみたいなものの場合もある。パスタかピザを選べてミニ・メインがつくのだけれど、2人だとパスタとピザを1つずつ選んでシェアできる。最近ドンドン美味しくなっているね。お気に入りのお店だ。

「チーズのリゾット」とかが大好きなのだけれど、夜のアラカルトだとソラマメとチーズだが、ランチだとキャベツとチーズだったりする。もちろんソラマメやビスタチオのほうが美味しいけれど、でも大丈夫。ピザはお昼だからマルゲリータで十分。この日はミニメインが「牛頬肉の煮込み」だった。旨い!おなかいっぱいで動けないほど。ダイエットには悪そうに思うけれど、実はお鮨を食べたときの方が体重が増える。面白いものだ。

ただやはり夜に行くのが良い。あの「鴨の胸肉」ソテーはちょっとないくらいに美味しいからね。最近は静かな人気となっているようで、いっぱいではいれないことも多いようだ。困ったな。ビジターの人は甘酒横丁のお店BABBOで良いことにしておいてよ。そういえば表通りにもピザ屋さんがオープン。そこは500円ピザだとか。いずれ行ってみることにしよう。

a0041150_13572862.jpga0041150_13575271.jpg a0041150_13581827.jpg
by masa-hilton | 2010-06-05 12:43 | 日々の出来事
<< 編曲作業 7月20日、平泉世界遺産登録祈... >>