山梨英和大学での講座

さてさて多忙で更新ができなかった上に、パソコンが崩壊で更新が滞ってしまった。順次ゆったりご報告(笑)。

a0041150_534773.jpgまずは私自身も大変楽しみにしていた山梨の英和大学での講座。7月17日のお話だ。これは大学のオープンスクールのようなもので、遠くは逗子辺りからも受講者があるというから凄いよね。それは大変内容が充実していて、音楽評論家の真嶋雄大さんが全てをプロデュース、硬軟あわせての楽しく&ためになる音楽講座だからということが人気の秘密。またお友達の多い真嶋さんだからこそ、現役バリバリの第一線で活躍する演奏家が次々と登場していくのが魅力。ちなみに次回は小川典子さん。

当日は朝早くに新宿から「あずさ」に乗ることになったので、まずは寝坊しないかどうかが心配(笑)。こういう日は寝なければ安全だ。この日も暑く、特に甲府は超暑い。暑いの大の苦手だが、この暑さがおいしい桃を作るのだなあと納得。朝ご飯は駅弁だったけど、東京の駅弁は本当にまずいね~。何だありゃ?絶対に何とかすべきだと思う。

講座のほうは先日打ち合わせしたように「自由にやってください」ということで、いつもの講座でとりあげる「ロマンティックなピアノの演奏法」というような内容にして、例によって気ままにやらせていただいた(笑)。この暑さの中、多くの方にいらしていただいて大感激。皆さんにも大変喜んでいただけてホッとした~。めでたしめでたし!

とりあえずの当日の曲目の流れは以下の通り。

ファリャ / 火祭りの踊り
ショパン / 雨だれの前奏曲
ショパン / スケルツォ第2番
シューマン / 夕べに(幻想小曲集より)
バッハ / プレリュード ホ長調
スカルラッティ / ソナタ「ガヴォット」L.58
スカルラッティ / ソナタ「行列」L.23
モーツァルト / ソナタ ハ長調K330(第1楽章)
ギロック / エオリアン・ハープ
ナポリ民謡 / 帰れソレントへ~愛の言葉を、マリウ
ショパン / ノクターン第2番 作品9-2
ショパン / マズルカ第25番 作品33-4
ショパン / 軍隊ポロネーズ
ショパン / 華麗なる大ポロネーズ(アンダンテスピアナートなし)
ショパン / ノクターン嬰ハ短調 遺作


a0041150_5335628.jpga0041150_534755.jpga0041150_5343269.jpg
a0041150_5395887.jpga0041150_54554.jpga0041150_652726.jpg

a0041150_12273421.jpg終わってからは楽しい打ち上げに。場所は「シーズ」というお店。食通の真嶋さんが選んだだけあって、充実した和食だ。私の好みを網羅してくださり「あわびの天麩羅」や「ジャンボ海老フライ」も!例えば先付の「青のり豆腐」は「青のり」ではなく「そら豆」のほうが美味しいのでは?とは思ったけど、呑み屋風でのこのお料理は芸が細かい。魚料理が続くのだが、素材が実に鮮やか。刺身の活き活きとした味わいは盆地&山国とは思わせぬこだわりぶり。

そして天麩羅は「松茸」や「あわび」、「ジャンボ海老フライ」と大好きなものばかり出していただいた。でもメインはここ「シーズ」の看板メニュー「せいろ蒸し」である。「せいろ」と聞けば「蕎麦」かと思うし、シューマイみたいな点心ものを想像していたが全然違う。良い豚肉と野菜がいっぱい入った特殊な感じのもので、ナチュラルに旨い。とにかくせいろの中は盛りだくさん。

真嶋さん撮影の写真は、当日CD売りなどをお手伝いくださったピアニストのお二人と。近々こちらも面白講座があるようだ。
by masa-hilton | 2010-07-23 11:25 | 日々の出来事
<< 新しいイタリアン「トラットリア... パソコン設定終わりました! >>