久々の「太田会」は、中野の「さらしな」で

久々の太田会。真夏ということで、蕎麦でも?ということになり、私の大好きな中野の「さらしな」に皆さんをご案内することになった。昼に蕎麦焼酎を片手に蕎麦ランチというのは、何とも大人な風情の時間である。とてもゴキゲンだ。

「太田会」は私と「太田鮨」の太田さん、うちのHP管理人さん(ここでは通称スーさん)、そして人形町ブログ女王きのこさんの4人で、色々なお店を食べ歩く大人会だ。残念ながらきのこさんは今回は欠席。管理人さんも危機一髪、今年も夏休みの就職活動の特集でNHKの番組出演があり大変そうだったのだが、うまく調整してもらった(好評の昨年に続き、放送は内容もバッチリだったが、緻密で滑らかなトークもさすが!)。で、ちょっと開催が危ぶまれていたのだが、おなじみ太田さんの妹さん、そして某大手一流新聞社スーパーキャリアのモリちゃん(そう呼ばせてください・笑)が参加することになって5人のにぎやかメンバーに。次回もぜひ、引き続きお2人もきのこさんも参加で!・・・と楽しみが膨らんでいく。

まずは中野の南口に集合。テクテクと歩いて「さらしな」南口店へ。今日は2階のお江戸風な座敷に通される。何回も伺っている店とはいえ、飲まない私はいつも「蕎麦」がメインで、あとは天麩羅かそれに代わるサイドを少しとる程度。本来この店で「絶品の」と言われている酒の肴は食べていない。何か楽しみ!

a0041150_0294141.jpga0041150_0295264.jpga0041150_03048.jpg

a0041150_0301621.jpga0041150_0303615.jpga0041150_0305511.jpg

さりげない「蕎麦の揚げ物」が良い。鰻屋でいえば「骨せんべい」みたいなものだ。つまみというかスナックというか・・・・なんでも良いんだけど、とにかく旨い!あとを引く。ちょっとしたものが美味しい店は本物だ。そして「蕎麦味噌」。よくおじさんたちがこれを舐めながら酒を飲んでいたやつだ。その選択は正しい。超旨い!まさに「オツ」なお味だ。「蕎麦豆腐」はちょっと健康食品のよう(笑)。専用のタレで戴くのだが、味が薄いので「蕎麦味噌」で戴いた(笑)。そしてお待ちかねの「川海老の揚げ物」だ!前回私が戴いて大満足した逸品。これは相変わらず旨かった。大人の味わいで大満足!同じく美味しい「わかさぎの南蛮漬」も頼んでサイドはここまで。モリちゃんが「蕎麦茶碗蒸」に大きな興味を示していたのだが(笑)結局たどりつかなかった。肝心のお蕎麦は各人「さらしな」「二八」「田舎」の3マイを戴いたからね(笑)。前回「さらしな」「二八」の写真を出しているので「田舎」の写真を。この太さは絶妙で、普通はモサモサしてしまったり硬すぎたりするのだが、つゆもよくからみ美味しく癖になる。つまみの「蕎麦の揚げ物」はこれを揚げたものだね。美味しかったけれど今回はお店が混んでいたせいか、ちょいと「さらしな」の食感が良くなかった。微妙なものだから仕方がないが、「さらしな」好きとしては残念だった。

a0041150_0351732.jpga0041150_035301.jpga0041150_0373179.jpg

太田会は日本橋三越に戻ってきて、いつものバームクーヘンへ。「クラブ・ハリエ」のイート・インだ。ここはお土産で戴いても美味しいバームクーヘンだが、この場所で出来たてを戴くのがやはり一番だ。で、この楽しい太田会が終わると、太田さんは夜は「ステーキの仁」で宴会とのことだ。そんな話を聞いていたら、こちらもお肉が食べたくなって上野の「陽山道」に行く。こちらも行って良かったね。あいかわらずの美味しいホルモン!さすがにお客様もいっぱいで人気があるお店だ。

太田会はみな忙しい人ばかりなので、なかなか集まれないのだが、今後も定期的に楽しくやっていきたいものだね。

それにしてもだ、暑い!暑すぎる。小学生みたいなスタイルでごめんなさいね(笑)!
by masa-hilton | 2010-08-02 23:44 | 日々の出来事
<< バックハウスの弾くベートーヴェ... 福山音楽祭の青少年のためのオー... >>