お盆の前に「中山」と「おが和」に

人形町は最近は観光名所のようになっているけど、主だった店がみんな土・日・祭日は休んじゃうからね(笑)、実際は遊びに来ても面白みはないと思う。本当に美味しい店は探しにくいし、探せても美味しいメニューにありつけるまでには時間がかかる。そこがまた良いところだ。地元民の特権!まずはパパッと、お盆休み前に「人形町グルメ」を戴いておこうというわけ。

久々に天麩羅の「中山」。「いかげそ」や「鯵」もあったけれど、焼き魚は「たかべ」を選んだ。普段あまり魚の塩焼きを戴くことはないのだけれど、ここではよく戴く。それほどに旨いのだ。この日はお刺身でマグロが良いのが入っていたらしいのだけど、何となくお刺身という気分でなかったのでパスした。もったいなかったかな?それでそのまま天麩羅。

久しぶりに食べると、ここの美味しさは沁みるんだよね。高級天麩羅でも、江戸前のごつい天麩羅でも関西天麩羅でもないのだけれど、何か不思議に美味しいのだよ(笑)。あたたかな「心の味」と言っておこうか。この日は特に「海老」と「玉ねぎ」が旨かった。

「心」と言えばこの「中山」のお母さんが作る一夜漬の「ウリ」の旨いことったら!もうメロンよりも旨いみたいな(笑)。じっくりと大満足だ。

a0041150_4191721.jpga0041150_4192885.jpga0041150_4193920.jpg

そして焼き鳥の「おが和」。ソプラノの家田紀子さんが遊びに来たのでリクエストを聞くと「濃厚焼き鳥が食べたい!」ということだったので、迷わず「おが和」。この日はお客さんがいっぱいだったので、ややスローなペース。メニューはほぼ「焼き鳥」だけだから、飲まないとちょっと間が持たないかもしれないね。お話がはずんだからOKだったけど。

まずは絶品の「つくね」、かしわの「ねぎま」。肉ぎっしりの旨い焼き鳥。家田さんは「瓶(カメ)」に入った「イモ焼酎」でご満悦。

a0041150_4233869.jpga0041150_424498.jpga0041150_4242725.jpg
a0041150_4262119.jpga0041150_4262855.jpga0041150_4263747.jpg

と、いつものように「焼き鳥」を戴いて、ラストに絶品の「ドライカレー」を戴いたのだけれど、この日は「煮込み」もあったので注文。「牛すじの煮込」のようなこちらも濃厚に旨かった。満足!

それにしても「おが和」のタレは最高だよね。「皮」や「ハツ」は特に旨い。「鴨ネギ」も美味しく戴く。昔ながらの旨い焼き鳥を堪能できる稀有な店だ。そして鮨屋のごとく相変わらずの不明瞭会計。何度も行っていて、本数も違うし、酒を飲む人がいたりいなかったりなのだが、ほとんどいつも同じお値段(笑)。そんな風情も結構気に入っている。
by masa-hilton | 2010-08-14 00:34 | 趣味&グルメ
<< 今年のお盆は 気分を変えて、浅草の「かつき亭」に >>