以後は「並」で!

何かにつけて気になっていたのだけれど、浅草の「尾張屋」の「上天丼」はどんなんだろう~?ということで行ってきた。夜の浅草は雷門の風情とお店のにぎわいで、田舎の温泉街のようにも見えなくもない(笑)。

「尾張屋」の天丼はもともと、普通からすれば大海老な天丼だ。美味しいし「せいろ」と合わせて2000円ということもあって「並」を選んでしまうのだが、今日のお目当ては「上」(写真中)。「上」は海老がもっと大きくなるのではなくて「車海老」なのである。そして「天重」になる。「重箱」になるせいか、タレが散ってしまい味が凝縮されない感じがした。「海老」も「クマ海老」に比べて、そりゃ味もあって美味しいのだけれど、大きさのインパクトとか「歯ごたえ」の楽しさ等が足らないかも。結局私は美味しい海老の天丼を求めているのではなくて、雑でも良いからワイルドな「大海老」の天丼を求めて、ここ浅草まで来ているというのを再認識した(笑)。

「天丼」が来る前にもちろん「せいろ」も1枚戴いた。さすが「尾張屋」、蕎麦は相変わらずとても旨い!人形町のお蕎麦屋さんたちとはえらい違いがあるね(笑)。

a0041150_2048285.jpga0041150_20483964.jpga0041150_20485360.jpg

とりあえず今日は「蕎麦」と「上天丼」で2600円。ならば「蕎麦」と「天丼」と「西むらのどら焼き3個パック」で計2600円のほうがよろしいかもだ(笑)!そして「天丼」だけを目指すならやはり「葵丸進」だ。ここには書いていないけれども、その後も実は行っていて「大海老天丼(写真右)」を食べてゴキゲンになっている。これは文句なしに旨い!好みにピッタリなのだろう!とても満足できる。また「海老」に釣られて浅草に通うことになるのであろうよ。
by masa-hilton | 2010-08-21 20:57 | 趣味&グルメ
<< 銀座での打ち合わせ、寝坊した! 今年のお盆は >>