喜んでいただけた宗像公演!ほっとした

九州、宗像ユリックスでのコンサートは、おかげさまで皆様にとても喜んで戴いた。「また是非いらしてくださいね!」とお客様からいっぱいお声をかけて戴き、大変幸せだった。本当にありがとうございました!感謝いたしております。

実は宗像という場所の位置もあまり知らなかったのだが(すみません!)、北九州と福岡の間ぐらいにある日本の古代歴史の重要な場所であり、特に有名な宗像大社はまたあらためて是非行ってみたい場所である。自然も豊かで、住むにはとても良い場所のような感じの町だった。

a0041150_4591731.jpga0041150_4593030.jpga0041150_4594785.jpg

ところでコンサート前日にはまたまた浅草三昧に(笑)。チョイチョイと伸びてるね、スカイツリー!確実に建築されてるというのが、あたり前ながら感心する。お目当てはまたハンバーグでおなじみの「モンブラン」で、もう1つ気になっていたメニュー「ジャンボ・チキンカツ」である。これは美味しい!美味しいけどデカイ(笑)。ちょっと飽きちゃうぐらいに大きいね。タルタルソースもあればいいのにな~とか思ったりした。鉄板に乗っているので香ばしい感じ。これも悪くないよね。そしてまたまた懲りもせずに「葵丸進」でいつもの「大海老天丼」(笑)行っちゃった!でもでもやっぱり旨い!超満足!先日は「三定」で「かき揚げ天丼」食べたばっかりだが、「葵丸進」の「かき揚げ天丼」も凄そうだったね。揚げ物ばっかり(笑)。ま、リサイタル前だから体力つけとかないと、ね!


a0041150_3465111.jpga0041150_34766.jpgさてさてコンサートはマチネーだったので、当日は朝7時半の飛行機で出発。まあ、いつも5時に寝るような私だから(笑)そのまま起きていれば寝坊することはない。朝6時に羽田に行くと、その賑わいと混雑ぶりにビックリだ。そして大人から子供まで、昼日中のようにテンションも高い。う~ん、私なぞ少しのん気に暮らし過ぎだ~とか反省しつつ、現地へ飛ぶ。

お出迎えはパンダタクシー!パンダのマークも可愛いが、びっくりなのは初乗りの値段だ。290円!もちろん距離自体は短いわけだから、最終的にはそうは変わらないのかもしれないが、東京は予約にも結構かかるからね、やはり割安だ。あと福岡にはトマトタクシーというのがあって、こちらは接客が丁寧で貴族気分になれるらしい。是非東京のタクシーも色々工夫してもらいたいね。なかなか楽しい。

暑い中のコンサートは本当に大変だ。シャツでやる人もいるけれど、普段は短パンや甚平でも(笑)リサイタルは黒タキシードな私。やはり「フォーマルなのがクラシックには良い」ということもあるけど、私はシナトラとかが好きだから、彼らのようにタキシードでゴージャスなエンターテインメントを目指したい。でも照明も強いし大汗になりやはりキツイ。けれどお客様がいつも支えて下さる。今回も本当に楽しい舞台になった。ありがたいことだ。そして楽屋口などには地元の書家の方が書いてくださった「字」も踊っていた。こんな粋なお心遣いでとても幸せな気分!


a0041150_494831.jpg1つ事件があった!ホールに到着したのは10時半。予定通り11時からリハをして13時近くに終了。支度をし、いつものように「気合い」を入れて「テンション」上げつつ14時3分前に舞台袖に向かった。ところがこちらが呼吸を整えているのに、スタッフの皆さんが落ち着かない動きをしている。そう言えばいくら「世は不景気」とはいえ、お客様の気配がなさすぎる感じ。突然スタッフの皆さんが舞台と行き来を始めた。何か「やばい状況」なのか?とか思い始めたら、いつになく猛烈に緊張してきた。お客さまが2・3人だったら・・・・それもスタッフと知り合い?身内だけ?・・・・もちろん全力でやらないといけないが・・・・などとパニックになりそうなのをグッと抑えて「雅広!行きます!」とアムロが如く!悲壮にも凛々しく!舞台に出ようとしたその時である!「せんせ~い、15時からですよ~ん」のひと声がっ!

「ヘナヘナになる」というのはまさにこういうことか!・・(笑)・・文字通りの「へなへな&フニャフニャ」状態になって楽屋に戻る。あまりのショックに何も考えられず、とりあえず椅子に座ったら力が抜けてしまったのか、今度は爆睡してしまった。よくぞ起きられましたなあ~(笑)!この辺はいつもギリギリなれど、強運なのか?危機管理本能が働き事なきを得ている。おかげさまで元気に本番!CDもよく売れた!本当にありがとうございました。皆様に心から感謝いたします。

宿泊は玄海ロイヤルホテル。とても大きな温泉旅館で、何とお客さんがいっぱいだ!バスで次から次へという感じ。お部屋はツインで広くきれいで景色も美しい。窓越しなので写真はイマイチだが、きれいな夕焼けだった。温泉はややぬるめ。お爺さんお婆さんならば物足りないかもしれないけれど、逆に何回も入れたので良かった。疲れがとれる。それに腕白な子どもたちと会わない時間に入れたことも落ち着いた。昔は温泉旅館でも温泉に入らないで帰ったことも多かった。余裕がなかったと言うのか、爺さんになったというのか(笑)、最近は有難く肩まで浸かっている(笑)。深夜や早朝に入る時もあるくらいだ。

a0041150_4351798.jpga0041150_57755.jpga0041150_4353074.jpg

a0041150_574067.jpga0041150_4354040.jpgお食事は宿泊とセットで付いているものにして、特別に追加しなかった。でも宗像は「玄海とらふく」「玄海活きイカ」「あわび」「さざえ」など美味しいものがいっぱいある場所。いつもならばアラカルトで追加したのだろうけど、暑いせいもあってちょっと意欲が起きなかった。もちろんちゃんとしたコース、前菜から海の幸を網羅して温泉旅館らしい。特別に美味しかったのが「アジの活造り」。もちろんメニューとしては東京でもまったく珍しくないが、食べてみると全然味が違う。さすがの地魚だ!「稚鮎」の天麩羅もあって、稚鮎は「さくらい」や「葵丸進」でも大好きなので嬉しかったのだが「カレー風味」というのは何だろう(笑)?もったいないね。きっと苦みが子供たちでも大丈夫なようにという配慮だろう。このあたりは工夫なのかもしれない。個人的には「鰻の酢の物」が好きだったね。本当は「うざく」が好きだけどね、これも面白い。

翌日は市民イベントに参加、私が参加するのは午前の部。去年は国府弘子さんも参加したというので、私も是非に!ということで、とても楽しみにしていた。楽しみにしていたと言えば、ホテルの朝食も楽しみにしていたのだが、朝9時にロビーで待ち合わせなのに起きたのが8時55分!ちゃんと目覚ましを7時15分にかけていたのだが、気がつかずに寝てしまった。良く起きられましたなあ~(笑)!いつもこんなんばかり。しかしよく起きられた。我ながら感心した。そんなわけで朝ご飯は抜きとなる!残念!

イベントに参加の皆さんも会館のベーゼンドルファーで素敵な音を出されていた。こういうイベントは本当に楽しい。すばらしい企画である。ところでオペラ歌手のブログで、何かにつけて自分の写真をアップさせているのがあって(笑)「自分のことが大好きなんだ」ぐらいに思っていたのだが(失礼)、よくわかった!ゆったりと待ち時間が多いと書くこともなく、ついつい自分の写真を撮ってしまうのだということを(笑)。なるほどね!というわけで私も~「朝飯抜きでも今日も頑張るぜ」「本番行ってきま~す」「お疲れ様でした~」by 短パン!

a0041150_53027.jpga0041150_5264651.jpga0041150_5271111.jpg

めでたし!ではあるが、九州、それも博多近くに来たら「イカの活造り」だ。ラーメンやフグ、鉄鍋餃子や明太子という人ももちろんいようが、東京で食べられない&美味ということでははずせない。昔は限られたお高い店でしか食べられなかったが、今や博多ならどこにでもあるという感じ。そしてリーズナブルになっている。今回はあきらめていたのだが、おお!空港にも登場していた。これは!ということで迷わず入店、2軒あったが「呼子」の文字があったので「角打萬坊」の方へ。すると空港内だからであろう、あっという間に出てきたよ!早い早い!ただ、さすがに私の想像したような「生きている」イカではなく、ちょっと死んでいた(笑)。でもちゃんと「活造り」のレベルだし、これを東京で食べられたらけっこう嬉しいかも。以前名古屋で戴いたものよりは上だ。それは地元だものね。足や耳は当然天麩羅にしてゴキゲン!またこの店の名物「イカしゅうまい」も食感が良く美味しかった。こりゃいいね!

a0041150_5535834.jpga0041150_5544040.jpga0041150_5541083.jpg

「イカの活造り」と言えばやはり「河太郎」だね。ちょっと格が違う。是非また伺いたいものだ。そういえば佐世保でも旨かったのを思い出した。あの時は赤坂達三さんが一緒で楽しかった。赤坂さんと言えば新しいCDをリリース!こんなグッドニュースもあれば、知り合いのクラシック関係者が不祥事で逮捕されたりして、悲喜こもごもだ。
by masa-hilton | 2010-09-06 06:49 | 日々の出来事
<< ユッシ・メリカントさんに会う さすがに食欲減退にて >>