東京駅と言えば「博雅」があった

東京駅近くの「博雅」には、割と行くことがあるので、絶対このブログでも書いているはずなのにリンクが見つからなかった。まあいいか。そんな大仰な店ではないし(笑)。八重洲というと餃子が絶品という「泰興楼」という有名店があるのだが、こちらは私の好みと合わなかったというか1度しか行ったことがない。「餃子」はちょっとジャンキーな感じのほうが好き。「博雅」はそのほぼ隣にあるのだが、まずは感じの良さそうな店ではない。

a0041150_371664.jpgそれどころか、全てがいかにも雑な感じの中華屋さんなのだが、私はけっこうお気に入り。名前も雅広と近いしね(笑)。ここは「水餃子」が有名な店なのだが、私はいつも焼き餃子。これがけっこうムラがあって、ランチの時は何かべちょべちょしたものが出てきたりと、見た目通りの雑さ爆発。でもなんか許せちゃうというか、とてもいい加減なんだけど、ワイルドな美味しさがあるのだ。ただこの餃子700円だから馬鹿にならない(笑)。責任は負いかねますよ(笑)。

そしてこの日は「餃子」、とても脂っこくて濃くて!美味しかったね(笑)。「川エビのから揚げ」も旨い!とても旨いんだけれど、ホントにその辺の川でとってきたような、まるで「虫」のような(笑)デインジャ~な食感!私はこの店のこういう所が好きなんだよね。「鶏&カシュー」も旨いね~!ちょっと濃い感じだけど良い味だ。根強いファンがいるのも頷ける。「酢豚」もお醤油ベースのお味で、脂っこいんだけれど旨い!こういう「酢豚」の味が好きだよね。嬉しい!

外国の屋台のテイストともいうべきか、こんなお店だけど、絶対また行く(笑)!
a0041150_3135282.jpga0041150_314988.jpga0041150_3142166.jpg

by masa-hilton | 2010-09-27 03:29 | 趣味&グルメ
<< 川口のコンサート 東京駅 大丸の「サバティーニ・... >>