「ほっ」と。キャンペーン

冬来たりなば

a0041150_147545.jpg急に寒くなってまたビックリ。でも寒くなると美味しい「鹿肉」にありつけるよね。いつもだと「アル・ポンテ」で戴くが、上野の「レカン」あたりでも出してくれる。楽しみ!

今回は「イル・バンボリーノ」。個人的にとてもとてもお気に入りの店だ。まずは前回とても良かった「バーニャカウダ」、ハーフサイズでも盛りだくさんで美味しい。そして定番「チーズのリゾット」!相変わらずお米が立っていて絶品だね!満足満足。そして「鴨のひき肉のミートソースのラザニア」が旨い!若いころからラザニア好き、あちこちで戴くも美味しいラザニアは少ない。そんな中「イル・バンボリーノ」のラザニアは以前も美味しかった。以前のはアグーだったが、今回の鴨のひき肉のほうが断然旨いね~!ホント幸せでございます!

で、お待ちかねの「鹿肉のロースト」はブドウを使った「ランブルスコ」ソース!シェフの苦心作ということだが、抜群に旨い!おまけに「鹿肉」が仔鹿の肉なので柔らかく最高だ。これはずば抜けているね!もちろんここはピザも旨いし、今日は隣の女性客が「トリュフのカルボナーラ」で絶賛絶叫(笑)されていたほどだが、しばらくは「鹿肉」で決まり!もちろんいつもの「鴨」も気になるが・・・。やはりとてもお料理上手な店である。古い人間のせいなのかな、素材をそのまま焼いたような店はあまり興味がない(笑)。

a0041150_150168.jpga0041150_1501082.jpga0041150_1504194.jpg

a0041150_244117.jpga0041150_24511.jpgこちらもお気に入りすぎて、ブログとしては変わり映えはしないけど、鰻の「大和田」さん。ここに行っても、寒くなってきたせいなのか、「肝吸い」よりも「なめこ」を注文することが多くなってきたね。前にも書いたけどここの「なめこ」は凄い。普通だと「肝吸い」のほうが高そうだけど、「なめこ」のほうが高いから笑う。赤だしで大量に入っている「なめこ」のファンは結構多く、以前この「なめこ」をめぐって夫婦喧嘩を繰り広げていた老夫婦もいたぐらいだ(笑)。

もちろん主役の鰻もいつもながら美味しい!今日は「松」。やはり「松」か「桜」だね。鰻が大きくふっくらしているのに、けっこうお安い。でも以前みたいにフレンチのあと行ったりはしないけど(笑)。それでも前にも決めた通りに?きちんと週2回は食べていたいよね。大満足!

話は変わるけれどウラディミール・ホロヴィッツ、ジョルジ・シフラに続いて、サンソン・フランソワとエドヴィン・フィッシャーのBOXを買ってしまった(笑)。いずれもほとんど持っているものばかりの「買い直し」。無駄遣いと言えば無駄遣いだよね。

ホロヴィッツのは70枚組で、そのうち60枚は持っていたのだ。その辺りのことは前に書いた通り。強いて言えば未発表ライヴの2枚だけが目的だった。だけど買って良かったのである。シフラの40枚組も30枚は持っていた。残りの10枚の中には知らないものが随分あって、また思いがけない名演奏もあったりして、大いに楽しめた。とりあえずは大成功だ。

a0041150_2561780.jpga0041150_2562542.jpg今度のフランソワ36枚組も同様で、たった4枚の未発表ライヴとレアソースがお目当てだ。あとハンガリア狂詩曲やプロコフィエフなどLPでしか持っていないものがあるから、都合8枚ぐらいは必要か。フィッシャー12枚組はLPのものの買い直し1枚とベートーヴェンの3番4番の協奏曲の2枚が必要。残りはダブっているばかりかLPからCDにも買い直した。でもこの4人は私にとってルーツにもなるような4人で、子供のころから聴きあさって大きな影響を受けたし、とにかく彼らの演奏が大好きなのである。必ずしも良い演奏でなくても大好きだったりするわけで、限定盤販売のセットでまとめられると抵抗できない(笑)。とりあえず今年はこれで楽しい冬ごもりが出来るね。

by masa-hilton | 2010-10-29 03:13 | 日々の出来事
<< 日本橋の開発進む 涼しくなったから鍋も!まずは「... >>