銀座でリハーサル ヤマハの新しいCFX

今日は青森のコンサートのリハーサルで銀座に出かける。以前も書いたが、アーティスト専用のサロンが、新宿から銀座に移転したからである。さらにそこには、ヤマハの話題の新しいコンサート・グランドであるCFXが置いてあったので、それにも触ることが出来とても楽しかった。良い楽器でのリハーサルはやはり格別!超ゴキゲンである(笑)!いつも重宝に使わせて戴いて、本当に心から感謝している。

a0041150_2342266.jpga0041150_234318.jpgCFXはデザインも鋭角的にリニューアルされ、旧モデルとはっきり差別できる。まだ限定的なお目見え状態だから、試弾する機会も少ない。一言で言うと大変機能アップしていて反応が良く、圧倒的に弾きやすいピアノである。また本来のヤマハの伝統である安定感のある音の立ち上がり方をするので、上に音が立つ感じより横の広がりを感じさせる特徴がある。タッチなどが今までにない新しい特殊な雰囲気を持っていて、楽器自体の主張もはっきりしているので、演奏者側から音色豊かに陰影深く弾きこなすには、少し慣れる時間が必要かもしれないと思った。いずれにしても、最近の優れた技術を持ったハイブリッドなピアニストたちに対応すべく作られた、未来派の楽器である。こちらも何か嬉しくなってきてペースが上がり、良い時間を満喫できた。最高!

by masa-hilton | 2010-11-30 02:51 | 日々の出来事
<< チェーン店のとんかつ屋さん 打ち合わせで「魚新」へ >>