忘年会第一弾は六本木「鮨秀」

第一弾といっても第二弾があるか分からないけれど(笑)。キャスターの児玉さんたちとの会で、児玉さんが親しい古川さんが新しくオープンした六本木「鮨秀」。古川さんはとてもはつらつとされた感じだったが、病み上がりで相当大変だったとのこと。でもそんなことを感じさせず大サービス。六本木のちょっと隠れた大人の空間。お店もお料理もスタイリッシュで超一流店のたたずまい。相当な品数だが、これでも3品ぐらい撮りそびれている。庶民的な「鮨」という字のイメージではなく、「寿司」懐石料理というのが正しいのだろう、和食の高みを目指している感じだ。

a0041150_4365374.jpga0041150_4371043.jpga0041150_4372627.jpg
a0041150_4384248.jpga0041150_4385721.jpga0041150_4391384.jpg

旬のものではない「そらまめ」や「たけのこ」は、特別な栽培をしてもらって、特注で仕入れをしている。それが旬のもの顔負けに旨い。臭みのない「自家製のからすみ」などこだわりの仕事が目立つ。先付けは主なものしか撮っていないが、桜エビ、タイの南蛮漬、そら豆の焼き物、からすみとおしんこ、たけのこ、真鱈の白子。どれも細かい神経の通ったお料理だったが、個人的には白子が旨かったなあ、素材も良いけどお味が良いよね。このほか粗煮も出された。刺身は甘エビ、しめサバ、ぶり。「しめサバ」もちょっとひねった仕事が入っていて、木の香りがするのだ。複雑な味わいを演出していてただの刺身ではない。「ぶり」は大きな1尾を目の前で捌いてのお刺身だったから、こればかりはちょっと福井クラスのボリューム(ここここここ)を期待したが(笑)、東京の一流店ではそうもいかないよね~(笑)。

a0041150_4395873.jpga0041150_4401121.jpga0041150_4402253.jpg

ほぐして出された「せいこ蟹」は文句なしに旨く、上品な「いわしのなめろう」が続く。「焼き明太子」は絶妙の味。焼き加減も素晴らしいが、これほど甘みがあって辛味もあって複雑な味のする明太子は食べたことがない。「あんきも」もかなり美味しいのだろうけど、人形町や浅草で最上級のお味を戴いているので普通にスルー(笑)、サザエのツボ焼き風な味わいの「あわびの煮物」、そしてこの店の名物の「ウニ」を使った料理に。とにかく「ウニ」に関して抜群の評判を誇る「鮨秀」!評判通りの「ウニ・イクラ丼」。これは絶品!旨すぎる!「ウニ・イクラ丼」と言えば、ファミレスでもデパートの食堂でも食べられるメニューだけど、次元が違いすぎる。もう絶対よそでは戴けないね。

a0041150_4403323.jpga0041150_441234.jpga0041150_4413599.jpg
a0041150_4415028.jpga0041150_442299.jpga0041150_4421133.jpg
a0041150_4422342.jpga0041150_4423514.jpga0041150_4424973.jpg
a0041150_4431975.jpg「鮨」に関しては完全に「寿司懐石」のお寿司だった。メインというよりはここまで続いた美味しいお料理の余韻を寿司で楽しむという感じ、これも悪くないよね。あじ、大トロ、しめさば、海老、穴子と出された。よく気どった店だと良いネタを強調するあまり、シャリとのバランスが著しく悪い店もあって、それこそが「上等な寿司」だと思っている人も少なくないと思うのだが、ここはシャリも適当な大きさがあって私には嬉しい!

そうは言っても私好みの下町の江戸っ子鮨とは随分と味わいは異なっている。「トロ」もあるしね~。「ツメ」なども「ゆず」などの味わいをアクセントに活かして、個性的な仕事ぶりだ。シンプルに濃く旨いツメこそ「江戸のお味」だと、オジサンだからついつい頑固に思ってしまうので、ちょっぴり残念な感じもあるんだけれど、個性的なものっていうのも好きだからOK(笑)。これはお洒落な女性陣には大人気なんだろうね。関西人やお酒を飲んでいる人には、甘い「ツメ」や「タマゴ」は苦手に感じることもあるだろうし。

とにかく久々に和食をじっくり楽しめた。こういう店では、寿司だけをガツガツと食べてみたらいけないのかなあ(笑)?一度やってみたいものだ。
by masa-hilton | 2010-12-10 04:49 | 趣味&グルメ
<< 12月23日のコンサートのリハーサル 青森へGO! >>