あわただしき日々 まとめ

a0041150_15175760.jpgちょっと書いたが、忙しいと絶対にダイエットは崩れる。寝不足の分を食事でカバーするので、ついついたくさん食べてしまう。どんなにコンサートがパニックのように近づいてきても(笑)、やはりいつもの店で、落ち着いて食事をするのは忘れない。精神的にも良いと思うのである。そして私のような独身だと、行きつけのお店がそのまま、家族のぬくもりがあるようなたまり場になっていく。

今年もまた週1回ぐらいの割で「太田鮨」には行っている。たぶん回数にすると50回ぐらいかな。「中山」さんもそうだが、ちょっとした悩みごとはここで話して解消みたいなことも多いし、常連の人とも随分仲良くさせて戴いて、それも嬉しい。

最近は珍しく「皮はぎ」とかも置いてくれている。肝と一緒に戴くのは本当に美味しい。大好きなネタだ。また「かつお」も太田さんでは特に美味しいネタ。子供のころには苦手だったりしたなあ。年齢とともに「白身魚」が好きになっているようだ。意外に私はマグロの鮨を食べない。不思議な鮨好きである。

そして江戸の濃い「ツメ」は欠かせない。「煮ハマ」と「江戸前穴子」は最高だ。

a0041150_15242756.jpga0041150_15245058.jpga0041150_1525621.jpg

ところで忙しい中、太田さんと管理人さんとで、プチ「太田会」もやった。この日は実は浅草の「フジキッチン」で「ビーフシチュー」を食べよう!ということでお出かけをしたのだが、さすがに大人気店の「フジキッチン」は満員のためにアウト!残念!

a0041150_1539479.jpga0041150_1540384.jpgそれで目的を変えて、私が大好きなお化けのように大きな「かき揚げ丼」を「三定」で戴くことにした。「三定」もとても混んでいて、浅草の有名店というのは本当に凄いものだ。「三定」の「かき揚げ丼」は間違いなく美味しいのだが、「お新香」などちょっとサイドで戴いたものが絶品。大満足だった。それにしてもでかいよ!

この日のデザートは銀座の「銀のぶどう」で戴くことを私が提案。「銀のぶどう」は久々だったが、ちょっとセレブな女性客ばかりで、あいかわらず独特な雰囲気。太田さんは「普段こういうところには来ないけれど」と言いつつ絶品のスイーツに大満足。ここは一皿2000円はするようなところなのに二皿も食べていた(笑)。私はいつもの「アップルパイ」。目の前で焼いてくれてパフォーマンスも楽しい。

a0041150_15361044.jpga0041150_15364958.jpga0041150_1537426.jpg

あまりブログには登場しなけれど、スパゲッティの専門店の「孔雀の舌」も大好きな店。人によってはちょっとパスタが軟らかめなことで評価が分かれているみたいだけれど、ここのトマトソースの甘めな味は「幸福感」を演出するような、素敵な美味しさがある。いつもは夜の「ミートソース」を戴くのだが、珍しくランチに行き「ボローニャ風の」トマトソースを。美味しい!

見た目はややボロイけど、海老フライとオムレツ、チキンライスが小ぶりに盛られる「ネスパ」の「フレンダ」というランチも悪くない。同じような盛り合わせでも「芳味亭」のランチになると、味は悪くないのだが、ハンバーグもコロッケもまるでゴミのような小ささ(笑)、そして小指のような海老フライで(笑)1600円。やや虚しい。でも急いで人形町で戴くには便利なのだ。

a0041150_163516.jpga0041150_164920.jpga0041150_1642219.jpg

電車で御徒町まで行かなければならないけれど、迷っているくらいなら「陽山道」のランチも旨いね!カルビのランチだが、これにレバー焼でも追加すればかなり大満足できる!VIVA焼き肉!

あ、鰻を忘れてはいけない。いつもの「大和田」さんの「松」。「大和田」さんも今年どれだけ行ったかわからない。あいかわらず美味しい。ふっくら大きくて、よそではこの値段でこうはいかないだろう。それに私は表通りの「東嶋屋」さんの「天麩羅そば」もけっこう好き。もちろん手打ちの最上級の蕎麦ではないけれど、1000円足らずでこれは旨い!

a0041150_192597.jpga0041150_192199.jpga0041150_1923169.jpg

また忙しくてやむを得ず行ったのだが、回転寿司の「海鮮三崎港」はとても不味かった。そしてそれほど安くもない。あれならば普通にカウンターで戴けるお隣の「三崎丸」のほうがマシではないか?と思い、そちらにも行ったのだが、意外に旨かった(笑)。回転のほうが不味かったし、こちらの「三崎丸」も以前行った時に美味しくなかったので、これっぽっちも期待しなかったのが良かったのかな。この日は店長さんが握ってくれて、お好みで戴いた「ぶり」「しまあじ」「大トロ」は、御徒町の回転寿司「大江戸」なんかよりはずっと旨い。チェーン店の「すし鮮」よりも良かった気がする。安い寿司屋で食べると生臭い「かんぱち」も大丈夫。だからと言ってしょっちゅう行きたい店ではないね。でも忙しい時は悪くない。ただ「ズワイガニ」の天麩羅はひどかったなあ(笑)、「てんや」もビックリだ。500円だから仕方がないけれど、これはいけない(笑)。

a0041150_19381423.jpga0041150_19383023.jpga0041150_19384215.jpg

a0041150_19392565.jpga0041150_19395095.jpga0041150_1940349.jpg

「三崎丸」に限ったことではなく、一般の店では限界があるので、天麩羅は天麩羅屋に行くべきだし、トンカツはトンカツ屋で食べてこそ、美味しいものにもあたる。やはり天麩羅は人形町では「中山」さんだ。人形町らしい店。人情の店だ。そして旨い。絶対に夜行くに限る。煮魚の旨さも絶品。まずこの日は欠かせない「ぎんなん」を戴き、赤身の刺身を少しもらった。そしてオスの「ししゃも」、旨い!卵が好きだというのもわかるけれど、魚としては絶対オスが美味しい。そして海老、野菜などの天麩羅に、黒天丼!もう最高!「中山」さんにもたくさんお邪魔した。

ともあれ忙しくても、人形町ならばちゃんとご飯が出来るね。ありがたや~!
by masa-hilton | 2010-12-29 15:37 | 日々の出来事
<< 本年もお世話になりました。来年... 不思議発見!! >>