初詣と年初行事

初詣と言えば、気持ちも新たに、そして覚悟も決めて行かれる方も多いと思うのだが、私が何年来通う浅草寺はお食事がてら、毎週訪れるようなところ。引き続き「よろしくお願いします」という感じの、ご近所の神様になっている。そこがまた何とも風情があって良いよね。

a0041150_19401817.jpga0041150_19403611.jpgご近所の神様と言えば、もうお一人の神様、大好きな「マリシテン」様にも今年はご挨拶に出かけた。こんなに神通力を持っていらっしゃる神様なのに、けっこう空いていたのでビックリ。お札を売っていらした方が「このお守りも良いですよ、こちらも・・・」と説明して熱心に配っていらっしゃる姿は、コンサート会場でCDを売る姿にどこか似ていて(笑)親しみを覚えてしまった。

浅草寺のほうは相変わらず物凄いことになっていたのだろうが、今年は私もバタバタしていて良い時間に伺えず、夜遅くのお参り。さすがに昼間のようなことはなく、順番待ちもスイスイだった。木馬館の辺りの飲み屋街は、相当ディープな方々のたまりになっているから(笑)そこは足早に失礼した。

初詣のあと、年初行事がもう1つ。最高のアンコウ鍋を出してくれる「田佐久」に伺うことだ。もう、ご主人ともすっかり仲良しだから、話が早い。相変わらず旨いね!最高だ!これはよそではこうはいかない。詳しい中身については毎年書いているのでそちらをご参照下され。それにしても相変わらずの濃厚さ!この雑炊の旨さよ!でもこの濃さにすっかり慣れてしまって、普通にしか感じない自分の味覚も怖い(笑)。あら煮も戴いたが「かわはぎ」のあら煮だ。食べるところは少なく食べにくいが、なかなかオツなお味である。

a0041150_1952668.jpga0041150_19521831.jpga0041150_19522730.jpg

by masa-hilton | 2011-01-09 19:55 | 日々の出来事
<< 市ヶ谷のフレンチ シェ・オリヴィエ 3人組は嵐のように(笑) >>