19日はスィートベイジルで!

19日はスィートベイジルで楽しいライブがあります。若い人たちとの公演で、内容的には「斎藤雅広とまだあまりよく知らない仲間たち」でのコンサートです(笑)。今日銀座のヤマハでリハーサルをするので、初めてお会いするのが楽しみです。

一般論として若い人とのお付き合いは難しい!まず極力口を出さないようにしているのです。この業界は完全な縦社会なので、口を出すと高圧的になりがちです。ついつい遠慮してしまうのですが、最後になるといろいろ見ていられなくなって口を挟み(笑)逆に強烈に感じの悪い「うるさい爺さん」で終わってしまうことも!・・・あはは、今後の課題です。

若い人たちも全く感覚が違う人もいらして、私たちがピリピリと先輩たちと付き合ってきたような心遣いを持ち合わせていない人も多いようです。私のように組織と関係ない一匹狼でも「ちょっとまずいんでないの?」と思うのですから(笑)、そういう人たちは普段許されているようでも、肝心なときには仕分けされちゃうんでしょうね~。それもお気の毒です。

昨日は人形町の某お寿司屋さんに大御所!矢沢のえーちゃんがいらしておりました(笑)!あはは、裏情報でした。えーちゃん!六本木や麻布ではお説教するお姿が多々目撃されている情報もアリですが、やはりどのジャンルでも世代を超えてやる仕事は難しいということですね。でも仕事を続ける以上、こうしたことはドンドン増えていくと思うので、仲良く楽しく良い関係を作れるように頑張っていきたいと思います。そうしたチャレンジの第一弾のコンサートです。

それにしてもスィートベイジル!過去にはこんなこともあったけど、今時ちょっと厳しい場所だよね(笑)。とくにクラシック組には響きの問題があるしPAだし、お料理も一流レストランとまではいかないわけだし、私の周りのお客様には敬遠されがち(笑)。こりゃやばい!


~音楽の宝石箱~2011年01月19日

斎藤雅広のピアノにのせて、オペラで活躍中の上本訓久、古澤利人、エスコルタリーダーの結城安浩、そしてソプラノ・田井中悠美 とメゾソプラノ・ナムユカのユニット「イプシロン」によるオペラからカンツォーネ、ミュージカルナンバーまで、あらゆる ジャンルの曲を。

曲目(まだ未定)

ファリャ/火祭りの踊り、ショパン/ノクターン、カタリカタリ
セレナーデ〜歌劇ドンジョヴァンニより、踊りあかそう、Nella Fantasia、
オリジナル曲~雪、Nuovo cinema paradiso、その他
ハバネラ、闘牛士の歌〜歌劇カルメンより、私のお父さん〜歌劇ジャンニ・スキッキより
誰もねてはならぬ〜歌劇トゥーランドットより、馬車にだって?〜歌劇ラ・ボエームより
我が心を受けたならば〜歌劇コジ・ファン・トゥッテ、
メリーウィドーのワルツ〜喜歌劇メリーウィドーより、乾杯のうた〜喜歌劇こうもりより

斎藤雅広(pf)、上本訓久(ten)、古澤利人(bar)、結城安浩(vo)、イプシロン(sp/alt)
music charge ¥5,000 door open: 18:00 show start: 19:30

a0041150_1405142.jpg

by masa-hilton | 2011-01-14 09:32 | コンサート・イヴェント告知
<< ディレッタ・リッツォ・マリンさ... 月刊「ショパン」1月号の特集記事に >>