東銀座のちょっと怪しい店

人気番組「お願いランキング」で美人のADさんが「見た目に怪しい店」を紹介するコーナーがあるが、世の中にはけっこう怪しい店は多い。B型の私は汚くても美味しければ喜んでいくタイプだから、この手の店にはよくあたる。

東銀座のちょっと怪しい店は「都々路」という。トトロではなくツツジだ(笑)。地下にあるしメニューは料亭風だから、これは美味しいお店かな?と思ってしまう。美味しいかどうかはまだ謎。夜行っていないしイチ押しのすっぽん料理も食べていないし。ランチは2品が色々組合わせられている。料亭というよりはお父さんの手料理というような・・・でも安いしボリュームがあるから、それこそ頑張るお父さんたちには「普段づかい」の有難いお店かも。

a0041150_449547.jpga0041150_450653.jpg味噌汁の濃いお味が良いし牡蠣フライもOKだったので、きっと「牡蠣鍋」定食を頼めば美味しい店と思ったかもしれない。初めてだったので「すっぽんの雑炊」も頼む勇気がなかった。今回は「牡蠣フライと生姜焼」の定食。いっしょに来たソースを見れば何となく察しがつくね(笑)。無表情なお父さんが一人で作っている。味に対しては色々言いたい人もいるだろうが、文句を言う気分にならない独特の雰囲気がある。料理に添えられた卵焼きも何とも言えない。

そしてその一人営業がちょっと陰気な雰囲気を醸し出す。入口に置かれた盛り塩は何年もそのままになっているかのような感じ。天井にはうっすらとクモの巣が。霊か何かいるのかなあ・・・いても不思議じゃないかもよ(笑)。
by masa-hilton | 2011-02-08 05:00 | 趣味&グルメ
<< 幼稚園コンサートで胸キュン! マリンさん 無事終了 >>