打ち合わせは「カノビアーノ東京」で

なるべく早く済ませたい、でも美味しく打ち合わせをしたいという要望があって(笑)、ドンピシャと言えばカノビアーノ東京だ。今日は3組だけだったので、雰囲気もさらに落ち着いて、じっくりと良い打ち合わせもできた。赤坂さんたちが頼んでいたワインも、ブランデーのようなテイストでかなり良かったらしい。とりあえず美味しかったので皆さんに喜んでいただけた。良かった。

当然私のことだからアラカルトなのだけど、先だって戴いたのは「ボタンエビ」だったので今日は「ウニ」で「生ウニの冷製カッペリーニ」。もっとウニのソースになっているのかと思ったら、お味はボタンエビのものと同じく、フルーツトマトが強い。これならボタンエビのほうが良いかもしれない。もちろんこの「ウニ」だってとても美味しい。細く腰のあるパスタも相変わらず絶品だし、トマトを泡立てた演出もかわいらしい。ウニもふんだんだ。前回も美味しかったので、トリッパを丁寧に下処理をしトマトとともに煮込んでペコリーノチーズのアクセントをつけた前菜。旨い!文句なしに最高のトリッパだね。今日は「そら豆のリゾット」も戴く。これも絶品だった。ここの人気メニューということらしいが、納得できる。チーズのリゾットではなく、赤座海老のグリルが添えられているように、その海老を下味に使っているから芳醇なお味なのだ。いいねえ!これ!

a0041150_442061.jpga0041150_4423039.jpga0041150_4434178.jpg

a0041150_444418.jpga0041150_4441615.jpgメインはお肉料理を2つにした(笑)。まずは「鴨のコンフィ」。ソースは自分の好みでからめるようになっていて、塩を基調にしている。普段だったら苦手なタイプだが、とてもヨーロッパっぽいテイストに仕上げられていて、大感激。旨いよ!ソース(2種)ももちろん美味しいので楽しみが多い一皿だ。低温でやさしく調理した鴨もも肉ということで、香りが良かったし、新たまねぎなどの野菜とのハーモニーも秀逸。そして「子羊のカツレツ」。イタリアンでこのメニューは定番でもあるから、あまり期待していなかったのだけど、まずは肉質も良く、個性的にフレッシュトマトとバジルのみずみずしいソースをかけて戴く。これ超旨い!ガッツリメニューなのに繊細さがあって絶妙!大満足だ。上に乗っているのはハーブの小さなサラダ、サイドに野菜のグリルがセットされていた。

とにかくここは便利だ。あいにくの雨だったがすぐに地下街にもぐりこめたし。絶対にまたまた行ってしまうだろうね~!
by masa-hilton | 2011-03-02 04:58 | 趣味&グルメ
<< 御徒町の怪しすぎる絶品中華「新... クリストフ・ゲンツさんとのコンサート >>