お魚のまとめ食い 2

a0041150_18302858.jpga0041150_18304479.jpg福井にレッスンに出かける。今年は春がなかなか暖かくならずに、車窓からの風景にはまだ雪も残っていた。福井にはコンサート何回か伺っているが、その折にいらしてくださった方々がレッスンに参加。意識レベルも実力も高く、とても素晴らしいレベルの皆さんだった。

お昼は時間もあまりなかったので、駅中にある「八兆屋」に行く。今はJRの駅はどこに行ってもきれいに改築されているが福井もまたプリズムというきれいなショッピング・ゾーンになった。福井と言えば大好きな「天たつのらっきょう」もあるので、この中をぶらつくのも楽しい。「八兆屋」がどういう店か知らなかったのだが、石川・金沢などで展開する日本海郷土料理のお店ということで、駅中店ではあったけれどなかなか美味しいお刺身を戴くことが出来た。

せっかく福井に伺ったのでお世話になっている皆様にご挨拶をしたり、また夜は夜で馴染みのお店に顔を出し大満足。駅前の「弥吉」だ。ここは本当に楽しい。福井では当たり前なんだろうが、新鮮なお魚を心行くまで堪能できるのだ。女将さんとはご縁があって、コンサートにもいらして下さったりとお世話になっているが、大将の豪快なお料理の数々も私は大ファンなのだ。衝撃的な出会い(笑)から、考えてみると毎年のように来ているね。東京では食に不安がある日々だから、何とも気が重い毎日ではあるが、大好きな「弥吉」に来れたのだから、これは思い切り戴くしかない。

a0041150_1754289.jpga0041150_17544421.jpga0041150_1755375.jpg

a0041150_17552339.jpga0041150_17553617.jpga0041150_17554961.jpg

a0041150_17562461.jpga0041150_17563877.jpgさすがに「カニ」の季節は終わっていたが、美味しい「ブリ」はあった。これこれ!大きい切身は絶品に美味しいばかりか安い!「サザエのツボ焼き」もここでは汁物ではなく、身をしっかりと戴くツマミだ。風味豊かな肉を堪能!そして「タコの足」だ!写真で大将の手が奥に見えるので、この「タコ足」がどれほどデカイのか(笑)おわかり戴けよう。焼いて良し揚げて良しではあるが、ここは刺身で!吸盤のまわりをナマで戴くのはたまらなく旨い!もう最高!「白子の天麩羅」はミルクのようにジューシー!これも旨いよね。仕上げは大ぶりのハマグリのお吸い物と絶品「釜めし」。思わずはしゃいでしまう。

この日はソプラノの飯田美奈子さんと神戸のコンサートの打ち合わせを兼ねていたが、彼女も大喜びだ。というか、うらやましいなあ~地元。
by masa-hilton | 2011-04-29 18:32 | 趣味&グルメ
<< 伝統的なフレンチ「ロゼット」の... お魚のまとめ食い 1 >>