安心は美味しいにつながるか?

a0041150_10264090.jpga0041150_10274611.jpga0041150_1028073.jpg

a0041150_10283134.jpg大のお気に入りの上野の「新東洋」も餃子を作る人が原発のことで帰国、今は餃子が食べられない。あんなに美味しかったのに残念。「酢豚」もできないそうだが「鶏甘酢」は作れる(笑)。「冷奴」は作れるが「湯豆腐」はできないみたいな感じだ。中華はどんな野菜を使っているかも疑わしいので、信頼のおけるお店に行くべきだという意見もある。それは他の外食だってそうだよ。とりあえずは美味しい所で食べましょう!

その点、ホテルの中華は安心感がある。味も変わることがあまりないし、ここのところ生肉の食中毒も話題だが、安心して戴けるということではホテルのレストランならまずは大丈夫。お味も無難に安定している。ロイヤルパークの中華が悪くないよね。最近評判が良いのは赤坂東急の王朝料理「星ヶ岡」。魯山人ゆかりの店ということであるが、私的にはだからと言ってわざわざ行くほど興味がなかった。会員なので京都は東急ホテルがけっこう泊まりやすく、そのおかげで「星ヶ岡」体験をすることになってオーダーバイキングのディナー。混んでいるかと思ったらとても空いていてサービスも良い。特別にビックリするほど美味しいものはないのはホテルだから仕方がない。そうはいっても食べやすい中華で、点心物、水餃子の味付けが旨いね。カニ肉たっぷりのフライ、上質の酢豚などが印象に残った。どちらかというと日本人的な中華。独特な味の濃さも楽しい。

京都に行ってホテルで戴くのは駅直結のグランヴィア内にある天麩羅「京林泉」。いつもまあまあ空いているし、バタバタしている中では美味しいものが落ち着いて戴ける。私は移動の最中に駆けつけるように行くことも多い。最高級天麩羅ではないにしても、十分に許せるレベルだしホテル内にある天麩羅としたら良い方だと思う。前回などに比べるとやや前菜が貧弱だったものの、天麩羅はいつも通りに普通に美味しい。ちょっと震災の影響もあるのかな?やや華やかさには欠けていた。楽しみにしていたデザートは相変わらず美味!

a0041150_1191457.jpga0041150_1192550.jpga0041150_1194442.jpg

a0041150_1110197.jpga0041150_11101361.jpga0041150_11103493.jpg

大阪ヒルトンホテルの「源氏」というのは典型的ともいえる高級ホテルのレストラン。その中で、ホテルのレストランでは一番信頼できない「鉄板焼」(笑)に行ってみる。どうして信頼が出来ないかというと、ホテルは食中毒が怖いので大抵焼き過ぎになる。仕方がないと言えば仕方がないのだが、やはり美味しくない。老舗「今半」などでも私としては気に入らない焼き加減のことが多く、いちいち口を挟んでしまう。仙台のホテルの「鉄板焼」などは素人か?と思うほどひどいものだった。それだけリスクがあって(笑)さらにとても割高なのに「なぜ」出かけたのかと言うと、この日は母親が一緒で、80歳になろうというのにステーキが大好きなので「それでは」ということに。ちょっとシブシブだったのだが、さすがに雰囲気も良いし接客も丁寧。前菜も投げやりではないし、こういうところは高級ホテルの良さがあって満足。

a0041150_1251425.jpga0041150_1254115.jpga0041150_1252055.jpg

a0041150_12521252.jpg母親は高級ヒレ肉に大変満足していたようだが、私は「神戸牛のハンバーグ」という記述に胸躍り、久々にナマっぽい美味しいハンバーグが食べられるのかと期待!ところがである。やはりダメだね、ホテルの鉄板焼は。焼き手が悪い。焼いている肉をそのままにして席を外したりする。ありえないだろう。ハンバーグはみるみる焦げ焦げになっていく。支配人を呼びつけ「これを見て君はどう思うね?」と言えば苦笑いをして「当然別のものをご用意しないといけないと思います。大変申し訳ありません。」と平謝りだが「こうしたクレームは珍しくない」という空気もあった。高い食材だしこの時期だ、やり直しというのは実にもったいない。関西には危機感はないから仕方がないとしてもだね。そしてやり直されたハンバーグも焼き過ぎてパサパサだったので、腕が悪いということだけか。でも(笑)このお肉の前に出てきた「マグロのカツ」(写真上右)は旨い!同じ人物が鉄板で仕上げたのだが、これは上出来。アボガドのソースとも良く合って大満足。やはり生肉は神経質になったかな?現在の焼肉チェーン店の食中毒事件、この店は島田紳助が番組で持ち上げたことで有名になったらしいので、その責任もあろうが、驚いてしまうのはこのニュースに関連して「牛肉のナマ食ということに関して、そもそも日本では認可されていない」みたいな話まで!そうだったのか!とにかく人の言うことは全く信用できないということに尽きる。自己判断と自己防衛、そして自己責任あるのみだ。

信用できないと言えば、政府を批判して内閣官房参与を辞任した小佐古教授に「守秘義務」があると官邸が!守秘義務って何だ?戦争じゃあるまいし、国民に何を隠そうってんだ?そしてまた「何か隠してる」ってことを、こんなに堂々と・・・(笑)。頭の良い人たちの集まりのはずなのにね~、どうしてアホみたいなことになってしまうのだろうかなあ~?まず隠しごとはやめよう!
by masa-hilton | 2011-05-03 13:21 | 趣味&グルメ
<< 大阪でイヴェントコンサート 伝統的なフレンチ「ロゼット」の... >>