博多を代表するフレンチ2店

美味しいものがあふれる博多、福岡を代表するフレンチの名店2店に案内して戴いた。地方でこのレベルはなかなか戴けないかもしれない。それにフレンチは良いよね。日本人のセンスも反映させやすく、個人の才能と料理の伝統と成り立ちを、それぞれのお店から感じられるのが素敵だ。

1つは「メゾン・ド・ヨシダ」。桜坂にある有名店。こちらの2階にある「ベル・プロヴァンス」。フランスのちょっとした裕福なサロンのような作り。そして老ギャルソンの厳しい目が行き届く中で、福岡の地に本格フレンチを初めて持ち込んだとも言われる巨匠・吉田シェフの伝統的なお味を戴くという場所。おそらく若い人だとやや威圧的な空間に感じるかもしれないが、この敷居の高さがなかなか心地良い。鴨が得意ということで大いに期待していたのだが、胸肉ではなくモモ肉だったのがやや残念。お味としては重みがある伝統的な感じも、フランスの現地っぽいものではなく、日本人が作るフレンチとしてのものだった。「テリーヌ」なども全く臭みを感じさせないものだ。また「ノルウェー産サーモンの燻製サラダ」のサーモンが特別な素材だと説明されたが、東京で戴いているものと比べれば、これが普通だと思ったけれど(笑)。

a0041150_5195862.jpga0041150_57161.jpga0041150_57327.jpg

a0041150_512442.jpga0041150_513855.jpga0041150_5133322.jpg

「南仏の小さなブイヤベース」もどちらかというと食べやすい日本人趣向のもの、「鴨モモ肉の赤ワイン煮」のお味は濃厚で良い。デザートは家庭的な味わいもあって好みだ。総合的には美味しかったわけだが、フレンチなのにイタリアオペラがガンガン鳴らされているのは暑苦しい。ご挨拶にいらした吉田さんに「イタリアオペラお好きなんですか?」と突っ込んだのだが「ええ、こればっかりはご辛抱戴きますよ」と言われちゃったから(笑)、これはどうしようもないね。楽しい演出としようか。

もう1つは料理の鉄人のお一人・小島シェフによる「フランス料理KOJIMA」である。こちらは浄水通にあるスタイリッシュなお店だ。以前は別の所にあって「こじま亭」という名前だったようだ。セレブな香り漂うお洒落なレストラン、テーブルのセッティングもややバブリーな感じで楽しい。そしてこの日のメニューの並びが、まるで私に事前に聴いたかのように好みのものがガツンと登場!驚いたね~。それも凄い量だった。お味も美味しい。こちらはベーシックなフレンチという感じ、東京で言えば「レカン」のようなお味に感じた。鉄人はホテル出身だということなので、そのあたりのきちんとした仕事ぶりが伺える。

a0041150_5203919.jpga0041150_5154353.jpga0041150_5155397.jpg

a0041150_5181582.jpga0041150_5183496.jpga0041150_5184367.jpg

前菜の繊細で上質なロースト・ビーフが美味しい。しつこくなり過ぎず、ほどほどの充足感もあってバランスが良いね。そしてエスカルゴを戴く。殻に入れてない分たっぷりとしたソース、ややしつこくなるので好みが分かれるかもしれない。お魚はオマール海老だ。良い素材で豪華。これは文句なく旨い。メインはウズラにフォアグラを詰めたもの!これ大好物!幸せだ!この味がちょっと「レカン」に似ていた。ウズラのテイストより詰め物のほうが強くやや野性的、ソーセージ風な味わいが、この上品なラインアップの中に良い刺激を加えていた。デザートも数が多く大満足。
by masa-hilton | 2011-05-18 05:36 | 趣味&グルメ
<< 東西「デミ」比べ 生肉を良いお店で! >>