東西「デミ」比べ

関西は味が薄いと東京人が言うけれど、それもチョイと前のお話のように思う。お互いに行き来が多いから「美味しいものは美味しい」ということで、それぞれの味を拒否感なく味わえる人が増えていると思う。もちろん「お江戸の玉子焼」とか「ゆずれない味」と言うのも存在するが。そんな中で私は洋食屋さんのデミグラス・ソースには、思わぬ差異を感じる。

お洒落な神戸の元町で、大正時代からの名店中の名店「伊藤グリル」に伺う。とにかく「神戸牛」なのだし、伝統の絶品ビーフシチュウで有名なお店だ。中華街の出口に小さな入り口を上がると、さすがに気どったちょっと年齢の高めな客層でいっぱい。「ビフカツ」などにも興味があったのだけど、伊藤グリルに来たら「ビーフシチュウ」を食べないわけにいかない(笑)と期待が膨らむ。ところがお肉の濃厚さもソースの濃厚さも全く感じられない。ちょっとガッカリ。良く言えば上品・上質なのだろうけど「濃さ」というものに対する価値観の違いだ。でももちろん美味しい。「たいめいけん」よりは美味しいと思う。だからかなり旨い。「ぐるとん」と良い勝負だ。でも「ぐるとん」なら2500円だし、こちらはさりげない洋食屋で出されるメニューだから、「じっくり煮込んだ」「絶品の」「濃厚な」老舗の看板ビーフシチュウにはもっと重厚さが必要だと思う。いずれにしても人形町「ぐるとん」はもっと認められて良いお店と思っている。

a0041150_442387.jpga0041150_45918.jpga0041150_4163049.jpg

食後は私の愛してやまない「牛肉の味噌漬」を売っている「森谷商店」に。おお、ついに現地に来たか~という感激もひとしお。もちろんお土産に「味噌漬」は購入した。マジ大好きなんですよ!お店の前では揚げたての「コロッケ」や「メンチ」を買う人で大行列になっている。ただしお店そのものは何の変哲もない普通の肉屋っていうのも面白いね。行列のうち観光客は、その場でコロッケにパクつく。これがまた旨い。

さてさて「伊藤グリル」のシチュウは「優しい感じ」とも言えた。それに十分美味しいんだから、つべこべ言うこともないんだけど、期待したのが「濃厚さ」だったから(笑)やはり浅草にある「フジキッチン」にはかなわないと思うね。大体お店自体のディープさも比べ物にならないほどのものだし(笑)再訪すればやはり旨い。東京人が食べる「デミ」はこうでなければ。お肉のトロトロさもそりゃ凄いが、やはり濃厚なソースのお味だ。たまらない旨さ!これこそ絶品だろう。このお味、関西人はどう思うだろうか(笑)?それもちょっと知りたい。この日「フジキッチン」でサイドに戴いた「海老フライ」は普通。やはり「ビーフシチュウ」のお店だね!大満足!このあとは三越の「ウェスト」で「エクレア」を。シュークリームも最高だがエクレアも絶品!

a0041150_412612.jpga0041150_414591.jpga0041150_415869.jpg
by masa-hilton | 2011-05-20 04:42 | 趣味&グルメ
<< 神楽坂「サン・ファソン」のラン... 博多を代表するフレンチ2店 >>