「ほっ」と。キャンペーン

イベントコンサート、無事に楽しく!

高輪プリンスホテルでイベントコンサートをやってきました。

イベントの特徴は待ち時間の長いこと。難しいことでもありますが、でもこれがまた楽しい。仲の良いメンバーとの話は心も軽くなります。また実力者との共演は刺激的な上に喜びになります。今回は家田紀子さん、赤坂達三さん、萩原貴子さんと最強の布陣ですし、人間的にも素晴らしい人ばかり。最高の時間でした。こういう仕事は毎日でもいいですね(笑)。逆に言えば、評判に違い性格も演奏もひどいニセ巨匠みたいな人だと、舞台も待ち時間も地獄のような時間になり「三十六計逃げるにしかず」(笑)、たまにはそんなこともありますけれど。そんな人は本人も辛いだろうし。そういう意味で「音楽家というイメージ」通りの楽しい仕事が出来る境遇を、いつも感謝しております。

a0041150_2402658.jpga0041150_2403933.jpg私が作ったイントロに導かれて、まずは家田さんが書のパフォーマンスに合わせて歌いあげます。書は小林東雲先生。こういう演出パターンはけっこうあるんですよ。とても素敵なんです。実は小林先生とも以前のイベントでもご一緒したりで、いつの間にか私たちのチームでした。小林先生・・・・お人柄も素晴しく、だからこそ深い芸術性を円熟させることが出来るんですね。もともとお知らせしてあった歌の歌詞が手違いで誤りがあり、リハーサルの時に急きょ文章を変えることになりました。全く苛立つご様子もなく、より見事な字にされたのは、本当に見習うべきことでした。素晴しいと思います。やはり文句ばかり言っているのは、その本人が未熟者ということですね~。ちなみにその場でオークションがあり、すぐ九十万円ほどの値がつき、被災地に寄付されました。
a0041150_233575.jpg

リハーサルも分刻みのスケジュールを縫って、ササササと「流しそうめん」のように行なわれるのですが(笑)、実は真剣そのもの(目が怖い!)。イベントコンサートはPAを使いますので、ほとんどがその調整です。普段「ナマ音」だけで演奏している我々クラシック組は、ここで音響にちゃんと馴れないと本番がうまく行きません。実力があってもすごく若い人たちだとこの辺りは難しい所なんですね。さすがにベテランですから(笑)押さえるべきところは押さえられます。経験値と言うものは有難いものです。今回もとても良い演奏が出来ました!
a0041150_2304724.jpg

a0041150_39785.jpgリハと本番の間はちょっとホテル内をウロウロしました。待ち時間が長いと言っても想像できないでしょ?今日は家田さんと朝10時半ごろにやってきて、「お疲れさま」で解散したのは夜の9時近かったです。こういう時間には不思議なもので事務仕事とか、何か他のことはできないものなんです。ですから、ブラブラしたりと(笑)。すると思いがけない楽しいお買い物もでき、なかなか幸せです。

今日は「高輪ロールケーキ」というのが美味しそうだったので、4人分厚切りにしてもらって控室に持ち帰りました。みんなで戴きましたがとても美味しかった!さすがホテルの制作ですね。ちゃんとしたケーキでした。スポンジと言うには濃厚な、芳醇な味わいに大満足。そして話題は放射能のこともイロイロと。世間の人はもっと気をつけるべきだと、いつもながら我々は心配しています。萩原さんからはアメリカ製のヨウ化カリウム錠を戴いたりしました。小さな子供がいますから、彼女は放射能の測定器も持っています。それも今や手に入らないようですね。買いたくなりました。

主催者の要望もあって今日の本番はやや短めのパファーマンスでしたが、とてもゴキゲンでした。素晴しい仲間がいることは人生の宝です。またの再会を誓って!
a0041150_236454.jpg

by masa-hilton | 2011-06-11 03:23 | 日々の出来事
<< 青森のコンサートは大成功に! リハーサルは順調! >>