神戸のコンサートはとても楽しく!とても喜ばれました

神戸のコンサート、いやあ、大成功で良かったです。ポリオの撲滅という意味でも意義がありましたし、コンサートも楽しかった。ここの所何回も通っているので神戸もおなじみの場所になりました。兵庫県の公館でのコンサートは、確かに響きの面ではホールとは違うので問題ありですが(笑)、東京で言えば奏楽堂でやるような趣はあります。いや、奏楽堂はあれでもホールなわけですから、奏楽堂より良いということですね。楽器の面でも問題もなく、響かないゆえの嫌な感じはなく、むしろアンティークな気分を楽しめました。

今回のコンサートは顔ぶれもにぎやかで、とても豪華なものでした。台湾からいらしたソプラノの人は、どこかマネージャーの川島女史に似ていて(笑)すぐに仲良しになりました。何回か共演させて戴いているソプラノの飯田美奈子さんは世話役も兼ねていて大忙しでしたが、いつも通り元気いっぱい!明るいお人柄と華やかな歌声で大人気でした。バリトンの河野克典さんは旧知の間柄ですが、お久しぶりの再会。日本を代表する第一人者ですから、お忙しいスケジュールを縫っての出演!楽屋話も含めて、とても楽しかったです。あと3人のかたは初共演または初対面ですが、これが私には大収穫でした。

a0041150_3364659.jpga0041150_337043.jpga0041150_3371093.jpg

テノールの畑儀文さんは10年ぐらい前にパーティでお会いしただけで共演は初めて。とても深みのある美しい歌唱で感嘆しました。畑さんも「椰子の実でこんな素晴しい伴奏初めて!」と誉めて下さり音楽的な相性も良さそう。「椰子の実」・・・唱歌でもこれは歌も伴奏も実は難曲、歌も畑さんのように上手な人は少ないです。畑さんとは「水車小屋」とか「リーダークライス」とかもやってみたいなあ。昨今テノールだとかオペラ歌手だの肩書きで、ポピュラーフィールドでも活躍する人が増えて、それらのほとんどが低レベルな偽物歌手でうんざりですよね。実は畑さんが10年前に「シクラメンのかほり」などを歌ってその先鞭をつけられたわけですが、こちらは紛れもない本物です。もっと東京でもガンガン活動していただきたいと思いますね。

ヴァイオリンの金関環さんは、大変失礼ながら今まで接点もなく存じ上げずにいたのですが、とても素晴らしい。もしもう少し東京近辺にいらしたら、赤坂さんや萩原さんとともに「仲間たち」のコンサートに加わってもらいたいと心底思います。実力も立っているし、キャラも立っている(笑)。存在感が光っているのが最高!上手くて面白い!こんなに素晴らしい人は関西のみならず、もっともっとあたり前に認知されるべきだし、評論家もマスコミも注目すべきです。ぜひ機会があれば彼と楽しいコンサートをたくさんやっていきたいですね。もしかすると普段はもっとおとなしく演奏されているのかも・・・・管理人さんはそんなことを言っていましたね(笑)。確かにとてもお洒落だし、今回は特別に暴れてくださったのかも(笑)。いずれにしても楽しかった。

そして有名な俳優の堀内正美さん。繊細な二枚目でお若いイメージですが、素敵な年齢の重ね方で粋なオジサマという感じでしたね。お人柄が素晴らしいし、グルメで、ユーモアもあり、一緒にいて相手を素敵な気分に高めてくださる方です。こういう空気をだせる人って本当に素晴しい。学ぶべきことがいっぱいです。フレンドリーに色々お話をさせて戴いて、すっかり仲良く(笑)、またどこかで再会が出来るのが楽しみです。

a0041150_4292182.jpga0041150_4302286.jpga0041150_4295899.jpg

さてさて神戸というと美味しい店がいっぱいですが、前回来たときに管理人さんとため息をつくほど満足した「群愛飯店」に、コンサートの合間を縫って再訪しました。旨い!旨すぎる!広東料理ですが、神戸の広東料理と言えば間違いなくここだ。ピータンの旨さは「福臨門」にも匹敵!美味しいね。ショウガやクラゲも絶品。好きだなあ。店員さんがちょっと粗相をされたおかげで、もう一膳クラゲなどを出して戴きました。ラッキー。シューマイや海老餃子などの「香港風蒸しもの」もとても旨い。スープは「蟹とふかひれ」でこれがとてもいける。ちょっと現地っぽさも出しながら、日本人の好みのセンターをついて来る感じです。

a0041150_4412068.jpga0041150_4413521.jpga0041150_4415562.jpg

「季節野菜と貝柱と海老の炒め物」は海老のプリプリ感が凄い。「広東式2種揚げ物」は味付けがちょうど良い濃さの美味しい春巻、それに食感が最高のパン生地にあんを挟んだ揚げ物で大満足。私が一番好きだったのは「牛骨付きカルビの特製ソース」。ソースは酢豚風でもあるがちょうど良い脂っこさ。柔らかい肉の食感とまじりいくらでも行けそう。旨かったなあ~。

a0041150_4421113.jpga0041150_4422534.jpga0041150_4424434.jpg

「オマールエビの広東風炒め」は姿煮のノリで大胆に出てきました。しっとり&さっぱり感で美味しい。私はここまでで相当におなかいっぱいになってしまいました(笑)。あとで堀内正美さんに「群愛飯店」のことを言ったら「量が多くなかった?」と聞かれましたが、これはかなりのものですよ。「福建式のあんかけチャーハン」も美味しい!けどそんなことでちょっとしか食べられません。ところが同じペースで食べておなかパンパンな管理人さんが、突然このチャーハンに燃えて「あれよあれよ」と完食。確かに美味しいけど大丈夫~(笑)?出版する本の締め切りも近いというので、管理人さんも忙しい・・・栄養補給ですね。デザート2品も美味しかったけど、写真は中華菓子のほうです。大満足~~!VIVA!神戸~!
by masa-hilton | 2011-06-24 05:04 | 日々の出来事
<< 日光、今市での子供のためのコン... 25日は名古屋の東海高・中主催... >>