打ち合わせ

遊び呆けていて、ブログが止まってしまった(笑)。

そんな中、今後のことの重大な打ち合わせ&作戦会議を横浜で。親しい人たちと会うのは楽しい。食事ということになって、高島屋の中村孝明YOKOHAMAに出かけた。有名シェフの店も最近はデパートなどにドンドン出店。当然質は下がるのだが、どこまで個性を出して頑張れるのか、工夫のしどころである。

a0041150_12261226.jpga0041150_12262478.jpga0041150_12263630.jpg

a0041150_1228913.jpga0041150_12283081.jpga0041150_12285328.jpg

a0041150_1229687.jpgお話が重要事項だったので全部写真に撮れなかったが(笑)、お料理はスタイリッシュなもの。若い人向きかな?と思わせるお洒落な見映えがあるが、やはりお年寄り向き。お年寄り向きなものに若やぎを加えたというのが正しいだろう。客層もそんな感じだった。全体的には小ざっぱり。夏の膳としては成功だと思う。わざわざの再訪はないけれど、何もなければ行っても良い・・・・そんな感じである。なかなか「これは!」という美味しい和食は少ない。平凡な感じはしないが突出した美味しさもなかった。もちろんデパートの和食としては◎である。

フォアグラ入りの茶碗蒸しなどが名物らしいが、茶碗蒸しは自体の味わいがないのでつまらない。ソフトバンクの携帯が機能的には面白くて良いのだけど、電話がつながらないので職業柄選べない・・・・という感じに似ている。一の膳のコンソメジュレに冬瓜のスープ煮としたのはお洒落な感じだし、スッキリしていて良い。さすがに刺身は旨い。小芋の煮卸しも鱧を使って工夫があって良い。鰻寿司は普通、もっと違う素材のほうが良かったと思う。これで最後のサケの炊き込みご飯がもっと美味しければ、随分印象が違ったと思う。なくなってしまったけど、銀座「さの」のような炊き込みご飯には滅多にお目にかかれないよね。創作料理は難しい。
by masa-hilton | 2011-07-27 12:42 | 趣味&グルメ
<< 福山音楽祭のための審査、再び 杉並の3大ピアノ公演!今年も華やかに >>