博多に行っていました~ その2 (改訂版)

ここのところ天候が悪く、大雨のせいで今回の旅行は行きも帰りも飛行機が定時に飛べずに、私も機内に閉じ込められていました。ここでギャアギャア泣くお子様がおりまして参った(笑)。親の顔を見てさらにイライラと、普段でもイラつくことの1つなんですが、さすがに今回のは度を越していたと思います。私も我慢の限界に来てしまい、キャビン・アテンダントのお姉さんを呼び出して「ちょっといくらなんでも凄いんじゃないの?あなたたちの責任でもあると思うけど」と一発かましてしまいました。するとお姉さんが恐縮しながら訳のわからないコメントを(笑)。「で・で・で・ですね。実は普通に泣いてらっしゃるだけなんですけれど、お声がとても大きくていらっしゃるようです」だって。あたふたした手の動きもなかなかよろしい(笑)。とにかく最近の若い親はなっとらんのう。「若いやつは挨拶が出来ん」などと昔は良く言われたものですが、我々の世代では「若いやつは謝ることを知らん」というのが正しい指摘だと思いますね。自分に非があっても絶対に謝らない人がけっこういますよ。「けしからん」というよりは「損だ」と思います。結局こちらはそういう記憶がいつまでも残るので、先々マイナス要因になるというのに。

ま、すべては「大雨のせい」ということにしてブラブラ歩いていると、友人のクラリネットの武田忠善さんとバッタリ会いました。こちらは短パン&サングラスだったので「ハワイ帰りのイカれた親父」だと思ったそうです(笑)。どうせ「イカの活き造り」を食べたいわけだし、イカれていてもOK。武田さんとは本当に久しぶりだったので、嬉しい再会でした。

a0041150_2572350.jpga0041150_2574739.jpga0041150_16443033.jpg

私の宿泊はハイアット・リージェンシー。初めてでしたが過ごしやすいホテルでしたね。面白い形をしています。もともといつもハイアットはヒルトン、ニューオータニとともに安心して使えるホテルです。福岡ではグランド・ハイアットも何回か泊まり大好きですが、連泊ではリージェンシーのほうが落ち着いて良いかもですね。朝ご飯も和食はとても気に入りました。洋食バイキングのほうは普通ですね(笑)。もう少し「目玉焼」と「オムレツ」が美しく焼けるように頑張って欲しいかな(笑)。こういう思わぬところで、ホテルのランキングが透けて見えてしまうように感じます。和食はきちんとお膳で出てくるもので、魚も「ふぐ」だったり「エビ団子」や「とろろ」のお味も良かったです。「オークラ」の和朝食などから比べるとずっと満足度が高く、ゴキゲンでした。

和食の評価も高いようですが、バーラウンジのロトンダも人気のようです。というのも「美人過ぎるバーテンダーのお姉さん」がいらして(笑)。熱心なファンのコメントもありますね。私はそんなことは後から知りましたが、彼女には会いましたよ。そして考案なさったというオススメのキウイを使ったカクテルを戴く。チョイ私にはイマイチでした(笑)。

博多と言えばやはり「イカの活き造り」です。昔は「イカの活き造り」は限られた店しか出していなかったので、知らない人も多かったと思います。最近は随分と増えてきて、ちょっとした飲み屋でも戴けるようになりました。ただし本当に「活きた」ものを出すかどうかは確認が必要です。本格的に食べたければ「河太郎」とかおススメですね。

a0041150_3252392.jpga0041150_3253346.jpg「活きた」ものが出せない「死体(笑)」のところは「姿造り」と表記しています。しかしこの「死体」の状態でも東京で戴くものの数倍旨いです。空港などは名店の支店であっても、やはり「姿」のほうになります。これも仕方がないですね。以前その空港で「角打萬坊」という「イカしゅうまい」で有名な店の支店があって、こちらで「姿造り」を戴いていたのですが、何と閉店!残念!今回はお隣の「海幸」に行きました。居酒屋風ですが本店は天神にあるちゃんとしたお店のようです。ここも空港内だから「死体」の「姿」(笑)。でも十分美味しい。ゲソもちゃんと天麩羅になってついてきます。メニューも多く、サザエのお造りや「玄海」の美味しいお魚を食べさせる店ということです。本店に行けばイカも「活きた」ものが食べられるようですね。旨かったです。

昼間にウロウロ博多駅を歩いて「串の坊・笑福」のお団子を買ってみたりしながら、横町みたいなところを入っていくと目に着いたのが「寿司割烹かじ」です。ここは博多中洲の老舗「かじ」の支店ということ。見ると「イカの姿造りとふぐ刺しのセット」というのがあったからそれで決まりですよね~。

a0041150_3535126.jpga0041150_3541646.jpga0041150_354554.jpg

当然「ゲソ」のほうは天麩羅にしてもらえるわけだし。「活造り」ではなく「姿造り(死体)」だけどけっこう期待して待っていたら・・・・・全然「姿造り」じゃなくてただの切り身の皿盛りじゃん。「え~っ!」と怒り爆発(笑)。だって写真だってよ、姿になっているし。もちろん抗議したら「お客さんみたいに酒飲まなくて、ご飯と一緒に食べる人にはゲソの天麩羅を同時に出そうと思って」だって。がっかりだけど仕方がない。めちゃくちゃテンション下がったけど、食べたらとても旨い!こりゃ許すしかないじゃないの~!ふぐ刺しも美味しいし。お店の思うつぼで、喜んでパクパク食べて「はい!おしまい」となりました。

a0041150_4111844.jpga0041150_4165712.jpg a0041150_4191499.jpg

a0041150_4204462.jpga0041150_421758.jpg結局「活き造り」のほうはハイアット・リージェンシーの和食「伴菜」で戴きました。朝も美味しいし大丈夫かな(笑)~?と入店すると、朝のスタッフの女性が和服姿でお出迎え~「あら、いらっしゃい」と言われました(笑)。「本当に活き作りなんだよね?」と確認してから入店。「黒豚のしゃぶしゃぶサラダ」「肉じゃがコロッケ」そして「イカの活き造り」「ゲソの天麩羅」と選びまして、まずはイカをあしらった先付が登場。これはまあまあの酢の物もどき。しゃぶしゃぶサラダは、肉もとても旨く美味でした!「コロッケ」は大好きですが、今回は大当たりで旨い!好みなんだけど2個組(笑)はちょっと多い。けど食べちゃった。大満足。「イカ」は「活きて」いました。良かった良かった!!さすがに旨い。やはりこれだね~。天麩羅も上々だ。大満足!! つづく


by masa-hilton | 2011-08-29 04:27 | 趣味&グルメ
<< 博多に行っていました~ その3 博多に行っていました~ その1 >>