レナート・カッツァニーガさんに会う

レナート・カッツァニーガさんが来日され、飛行機から降り立つやすぐ我が家にやってきました。本当は少しお休みいただいて、現地移動後のリハーサルでも良かったのですが、さすがに外国人はタフです。ガンガン歌われて帰られました。お若いかたではありませんがイタリアの声!まさにこれだ!みたいな良い感じでした。疲れをもろともせず、ハイノートを響かせて素晴らしい!本番も楽しみですね。

リハーサルがはじまるとご機嫌でブラビッシモを連発!ホッとひと安心です。「とても素晴らしいので、もっと弾いてもらおうかなあ~」ということで、アリアは長めの前奏を弾くことになりました。上村さんも素敵なかたですし、楽しい本番になりそうです。めでたしめでたし!

最初カッツァニーガさん、もちろん長旅のお疲れもあると思うのですが、ちょっとご機嫌斜めな様子でしたが、それはなんと機内食が不味くて我慢できなかったようです(笑)。誰かさんみたいですね(汗)。ところが上村さんが私の大好物のペコリーノチーズをおみやげに下さった時に「おお、お前もそれが好きなのか!我が同胞よ!それをぺペロンチーノと一緒に食べると旨いよね~」みたいな感じで、一瞬でゴキゲンになってしまいました(笑)。こりゃ気が合いそうですね。

a0041150_237485.jpga0041150_2382596.jpg編曲も出来上がり、この編曲のために徹夜をしていたのですが、ひと段落で朝10時ごろ、とてもおなかがすきますね。甘酒横町から「関山」を曲がると内山眼科のとなりに「こばやし」というパンやお弁当を売っている店があります。本番前とか、けっこう私は重宝に使っているお店ですが、ここにイートインがあります。昼間はサラリーマンでいっぱい。「野菜炒め定食」とか人気ですね。夜は飲み屋になりますが、このイートインが朝がたから開いているのです。私は朝(徹夜明けとかだと)ここの「牡蠣フライ定食」を食べるのが大好き。朝の牡蠣フライって旨いですよ。おまけにメニューには「牡蠣フライカレー(冬)」とか、牡蠣は冬しか出ないことになっているのですが、頼むと「牡蠣フライ定食」をあたり前に作ってくれます(笑)。硬めの衣にアチチの牡蠣がくるまれて、お気に入り。朝の定番です。

そうなるとお昼時間は遅くなる。午後3時半ごろまでやっている富沢町の鰻「喜久川」に出かけました。以前にも書きましたが、人形町のお店とはご兄弟。私はこの富沢町「喜久川」が好きです。前は並と特上は量だけが違って「上」が大きめの鰻を使っていると書きましたが、ちょっと変わったかも。でも「上」を頼めました。コメのお味ですが、ご飯の硬さと相まって美味しい。「上」2500円は満足の鰻です。

夜は天麩羅の「中山」さん。人形町と言えば「中山」ですよ。良い店です。赤貝のお刺身に「アスパラ」「海老」「にんじん」「ほたて」「いか」を戴きおなかいっぱい。こういう1日こそ幸せな1日というのでしょうね。やっぱり「中山」さん旨い!心の店です。

a0041150_2581190.jpga0041150_2582230.jpga0041150_313813.jpg
by masa-hilton | 2011-09-06 03:17 | 日々の出来事
<< レナート・カッツァニーガさん ... 屋形船で舟遊び >>