「ほっ」と。キャンペーン

思い出の高山?何を覚えていたっけ?

前回の浜松コンサートの続きです。新幹線・名古屋駅から乗り換えてディーゼル列車。苦手だなあ(笑)。温かい鰻弁当(ひつまぶし風)を戴いて、気を紛らわしました。

高山という場所はコンサートに来たことがあったでしょうかね?ちょっとそれが思い出せないのですが、高校の修学旅行で来ました(笑)。芸高です。実は修学旅行は実施しないことになっていたのですが、予算が余ったか、急きょ行くことになって我々学生で場所決めしました。高山や明治村に行って色々悪さをしたはずなんですが、「高山」と言って思い出すのは「街並み」と「朴葉味噌」のことぐらいだけ。う~ん。

a0041150_1143100.jpga0041150_115227.jpga0041150_12516.jpg

a0041150_121672.jpga0041150_12272.jpga0041150_123755.jpg

この日は移動だけだったので、高山の市街を散策しながら、夕食前に飛騨蕎麦を戴いてしまおうと物色、結局見つけられず。陣屋や風情ある街を歩くも、私はこういうものには全く心が動かないのです。庭や草木もダメ。感動する人の気がしれません。もちろんきれいだとかは思いますが。私が感動するのは人間の行動だけです。でも人工的なものも(笑)・・・「さるぼぼ」に扮したゆるキャラ・・・暑くて大変なバイトだとは思ふ・・・でもいらないかも(笑)。お疲れ様です。

a0041150_1103725.jpga0041150_1104844.jpg宿泊はコンサート会場でもある「高山グリーンホテル」。数ある温泉ホテルでもかなり大きな規模のホテルで、天皇陛下をはじめ皇族の方々の「行宮」にもなっています。レストランをはじめ、バーや、ショッピングのための施設も充実。何しろお客様の数の多いこと。ビックリです。

たまたま空いていたということで持ち前の強運で(笑)、露天風呂が部屋に着いた特別室に宿泊できました。イタリアから直輸入のシャンデリアもきれいだし、何しろ洋風のお風呂がベランダにあって、いつも適温のお湯があって・・・・朝から深夜まで飽きることなく。1日に8回ぐらいはいってしまいましたよ。気持ち良いですね。もちろんホテルには大浴場、露天風呂がいくつかあって、そちらに出かけていくのもゴキゲンです。すっかりのんびりしてしまいますね。

夕食はグリーンホテル内の和食の「緑風」にて。地元の飛騨のお野菜をふんだんに使った前菜、もう温泉旅館の和食ではありません、グレードの高いお食事でした。「トウモロコシのすり流し」は和風のポタージュといった感じ。「秋なす」の味付けはGOOD。山地ですから期待薄のお刺身は富山のお魚で工夫あり、飛騨牛もあり、でもベストはやはりとれたてのの鮎の塩焼き。頭から戴けます、旨い!川魚は背中を見せて配膳される・・・・情緒あり!!

a0041150_8121247.jpga0041150_8122859.jpga0041150_8123898.jpg

a0041150_8125632.jpga0041150_813516.jpga0041150_8131827.jpg


次の日は飛騨高山の恵まれた自然の中で家具作りをしている「キタニ」でのサロンコンサート。家具としては素晴しいものを扱っていますね~、良いお店です。夕日の美しい秋の黄昏・・・・でも暑かった。クーラーがない。でも大自然の木々に囲まれたホールは、雰囲気は格別、響きも良い。残念なのは電子ピアノしかない!カッツァニーガさんも「これじゃリハーサルもできないね」って帰っちゃうし(笑)。確かに電子ピアノでもヤマハやローランドの上級機種ならやりようがあります。が「今時家庭にだってないだろう」っていう変な音のするコルグちゃん。ホールは良い響きがするのにもったいないね~、ちゃんとしたピアノがあれば良いコンサートはいくらでもできる場所です。というか問題はお客さん、お金払ってくるのに大丈夫かなと心配。でもふんばりました。お客様も温かく、良いコンサートになったと思います。大成功でひと安心。でも歌手にはあの平板な電子音は負担だったと思います。調子を崩さないようにレパートリーも限定しました

夜は「飛騨牛のステーキ」!カッツァニーガさんはテンション低し(笑)。ステーキよりも「美味しいチーズとぺペロンチーノが食べたい」らしい。ホント私と一緒で、彼のご機嫌は食べ物のことだけ!一喜一憂しています(笑)。外国人には「ステーキ」は普通食。我々でも、昔は「飛騨牛ステーキ」と言えば大変なごちそうでしょうが、今は東京でもっと良い肉のステーキは普通に戴けるし、何も珍しいことはありません。それこそお店は、余程グレードの高いお肉を出さなきゃならないことになり、採算が合わなくなってしまうことでしょうね。前菜は普通。ミネストローネは見た目が薄そうでしたが、お味は良かったです。肉は200Gで栄養補給完了。

a0041150_849074.jpga0041150_8491121.jpga0041150_8492073.jpg


ところで思い出の「朴葉味噌」は?というと、朝食ですよ!高山グリーンホテルの朝食は和食のほうを選びました。当然ついてきました朴葉味噌!高校のころは味噌を焼いて何が旨いんだろう?という感じでしたが、私も大人になりました。美味しい!いいですね~。毎日ですから少しずつ変えて出して下さいました。どこが違うかわかりますか?お魚は違いますね、それと「こんにゃくの刺身」がついているのと「お野菜のすき焼」がついているのと・・・。朝から大満足!!

a0041150_929233.jpga0041150_928414.jpga0041150_929993.jpg

ところでこのホテル内で何気に食べた「カレーライス」がめちゃうまい!バイキングの「ビーフストロガノフ」も美味しかったけれど、この「カレー」は「ナニコレ!」と叫んでしまうほど、異常に旨いのです。とても申し訳ないけど、帝国ホテル、オークラホテルの「レトルト」なんて不味くて食べられないじゃないですか(笑)。ね?「何でここレトルト出さないの?」と思わず社長に言ってしまいました。「マジ、オークラ、プリンスの300倍ぐらい旨いですよ!有名な富士屋ホテルよりも100倍ぐらい旨い」と言ったら「300倍と言われてもイメージできへんな~。でもすぐ商品化検討しますよ」と社長も前向き(笑)。すみません・・・・ちょっと大げさなことを言ったかもしれません。帝国さん、オークラさん、プリンスさんにもごめんなさい。しかしお漬物などは「グリーンホテル」ラベルの商品があるのだから、確かにもったいない。高山にお住みでここグリーンホテルの「カフェ・デ・プレ」のカレーライスを食べたことのないあなた!ダメダメですよ!絶対ダメ!アホになってしまいますよ。すぐ食べましょう!・・・って「デ・プレ」HP見たらオススメがオムライス??・・・・アホちゃうか?カレーライスだよ(笑)。なんかシーフードの時にはソースを代えるとか書いてあるし(笑)・・・・社長、頼みますよ!と、言いつつ私も「飛騨牛のハンバーガー」も戴いてしまいました。ボリュームがあってこれも良いです(笑)。

a0041150_955734.jpga0041150_9555029.jpga0041150_956160.jpg

実はこのカレーライス、天皇陛下がご宿泊された折に、おかわりを所望されたものだそうです。皇族の皆様はお立場がありますので口外されませんし、お店のほうもお墨付きにもできないのでしょうが、どんな優れた評論家の推薦よりもそれは「確かな証」だと思いますよ。そりゃ美味しくてあたり前ですね。すばらしい!大満足しました。また食べたいですね~~。

コンサートは名古屋からバリトンの奥村晃平さんも加わり、賑やかに大成功!お客様もノリノリ!ゴキゲンでした。良い思い出をいっぱい戴いた高山でした。
by masa-hilton | 2011-09-22 10:21 | 日々の出来事
<< ショパン10月号の特集記事に掲載 続いて >>