リハーサルは絶好調です!

a0041150_2310774.jpga0041150_23144840.jpgあはは、リハが絶好調でもしょうがないですね(笑)。肝心なのは本番ですから。でもリハーサルが良い調子で、さらに楽しく順調に進むのは嬉しいことだし、幸せな気分になれます。

まずは赤坂さんとのコンサートのリハーサル、こちらは何曲もある編曲物の仕上げですから、回数もわけて手直しをしつつ進めています。こういう過程も楽しいですね。

終わった後はプチ宴会。私のいつものテリトリーで、色々行っていますよ。「太田鮨」ではほかの常連さんとの会話も楽しく、美味しくリラックスしました。鰻の「大和田」にも行きました。ほくほくの厚いふっくら鰻、大きくて味が良い。とても美味しかった。やはり旨いお店は良いですね。

そしてイタリアンのお気に入り「イル・バンボリーノ」でも戴きました。もちろん美味しかったです。アット・ホームさも良いお店です。料理人が達者でリゾットを作ってもソースを作っても一流。うわべの見せかけだけの非実力店とは違います。いつものお気に入り「リガトーニ、トリッパやギャラと豆のトマトソース」「ボルチーニ茸のリゾット」「子羊のロースト」。今回は男二人ということで最初からシェアして出されてきました。女性とだと「取り分け」も楽しいですけどね(笑)少し疲れた男同士だと面倒ですからね~、この辺りの心遣いも楽しいお店です。そして何より旨い!

a0041150_0133593.jpga0041150_0135211.jpga0041150_014280.jpg

さてもう1つ川口リリアでのオペラガラコンサートのリハーサルも順調。皆さん力が入ってますね~!良いコンサートになるのではないでしょうか。今回は司会はバリトンの佐藤さん。大先輩です。オペラから演歌まで出来ちゃうかたで、故・黛先生からの信望も厚くしばしば「題名のない音楽会」で歌われていましたね。70歳近くになられていますが達者ぶりは健在でとても楽しみです。テノールの松村さんも写真は怖そうですが(笑)とても面白くすっかり和んでいます。ヴァイオリンの奥田さんは高校時代からのお付き合いで懐かしい、共演は初めてなのでこれも楽しい。リハーサルは浦和でやりましたので、主催の野口先生のおススメで、明治時代に創業した鰻の「満寿屋」三昧となりました。

a0041150_23332915.jpga0041150_23334484.jpgまず「特上」(左)を戴きましたが、さすが老舗のお味で、タレの味が良いですね。鰻はしっかりと焼きが入っているためか、やや小ぶりに感じます。というか周りを見ると、お隣の「並」とあまり変わらないような。伺ったら値段のランクはもちろん「大きさ」で決めているのですが、鰻の質感によるものなんだそうです。なので「並」でも「特上」でも鰻は1匹分ちゃんとバッチリ使う。だから見た目はおんなじということなんですね(笑)。

「それならば」というので「並」(右)も戴いてみました(笑)。確かに見た目は変わりませんが、やはり味は随分落ちると思いました。パサパサしてますね。当然「特上」のほうが脂がのっているし、鰻自体の味わいもずっと美味しいです。じゃなきゃ値段の違いは何だ?って事になりますよ(笑)。

私の好みから行くと「満寿屋」は少しあっさり気味のお店。もっとふっくら&ガツンとしているほうが好みです。ちなみにブランド鰻の「坂東太郎」を通常入荷しているようです。また行くことがあれば是非食べてみようと思います!
by masa-hilton | 2011-10-06 23:51 | 日々の出来事
<< またまたまたまたまたまたまた高... 「すがや」無きあと、海老フライ... >>