「ほっ」と。キャンペーン

ゴキゲン3連発で、心から感謝です

7日、9日、10日と3連チャンでした。でもとても良い感じで元気に乗りきれて、本人は幸せでした。超ゴキゲンです。ありがとうございました。

a0041150_22411180.jpga0041150_22412654.jpgまず7日は東京音楽大学の授業の講義。年に1度、真面目にしなくてはならない日ですね(笑)。こういう公開講座も演奏もまじえてですが、エンターテインメントな場所ではないので、いつも通りというわけにはいきません。でも私が電子楽器でジャズとか演奏しちゃうと、意表を突くらしく、とても喜んでもらえます(笑)。中身は指導法についての授業ですが、あとでレポートを見せて戴いた限りでは、生徒さん達に好評で嬉しい!何よりです。学生さんたちもとても真面目ですばらしい。

終わってからは先生方と恒例のメトロポリタン・ホテル。今回は中華「桂林」で宴会。こちらも色々なお話が聞けて楽しかったです。

a0041150_22415232.jpga0041150_22421219.jpga0041150_22423792.jpg

a0041150_2243455.jpga0041150_22432461.jpga0041150_22433822.jpg
ホテルらしい上品な中華ですが、少し味が濃い。でも「くるみの炒め物(2段目左)」や「汁そば(うまにそば・3段目左)」はなかなか個性があって美味しかったです。最後に花を使った中国茶。中身は3段目中のような感じですので、3段目右のような状態で蓋をしたまま戴くのです。これが旨い!

a0041150_21511232.jpg続くはメインの9日の赤坂さんとのコンサート、とても良い感じで大成功のうちに、本人たちも最高にご機嫌な気分で終えることが出来ました。幸せでした。これも皆様の応援の賜物です。

会場にタクシーで到着するなり、管理人さんが「まあ大変!」と一言。見ると私がクラリネットを吹くことになっていました(笑)。当然ブログのネタになるようなことですから戴きました。パシャ!すぐ訂正されたので幻の一枚です。

今回の新しいレパートリーでの赤坂さんとのコンサートでは、2人とも調子がよく、かなり質の高いものが出来たと思います。赤坂さんが「ココ1年ぐらいで一番幸せな気分のコンサート」と言ってましたが本心だったと思います。私自身もそのように満足しました。そしてお客様も喜んで下さりCDもよく売れました。こういう瞬間、演奏家で良かったとしみじみ思いますね。お声をかけてくださった高野二郎さんもありがとう!こうした神経を遣うレパートリーでの管理人さんの譜めくりも欠かせません。岩崎俊さんの調律も良かった。「ぶらあぼ」の協力も!想いが結集した感じです。

さて気分が良かったので何か食べて帰ることに。実は五反田、以前私たちは写真の撮影で来たことがあり、そのときに今日と同じメンバーで何気に入った中華がメチャクチャ旨かったのです。その店はほとんど言葉がわからない無愛想な中国人の店で、こじんまり汚い感じ。他の店に入ろうとしたけれど、赤坂さんの奥様が絶妙のカンでこちらをセレクト。運強かった。今回も我々男2人は場所も分からずダラダラ歩くだけですが、奥様と管理人さんが記憶を頼りについに発見!凄い能力値(笑)!そうだった、こんな店だったね。台湾家庭小皿料理「永福」。実は以前ちゃんとレポートしてあったのに、メニューはあまり覚えていなくて適当に注文。でも美味しかった。ここは最高ですね。ぜひまた来たいです。

a0041150_2214482.jpga0041150_2215925.jpga0041150_223946.jpg

a0041150_2232219.jpga0041150_2233797.jpga0041150_2235193.jpg
「刀削麺」が「売り」らしくても見向きもしないのが我々(笑)。どこまでもマイペース。「ピータン」「腸詰」素晴しく美味しい!これは驚き!・・・・って前回も食べていました(笑)。確か餃子をお土産に買ったのを思い出して、これも注文。「餃子」旨い!大満足!「豚舌」も濃厚で旨し!そうか、前回は「水餃子」「春巻」「オイスターソースの手羽先炒め」や「かた焼そば」まで食べたんでした。美味しそう。でも凄い量だね、ホントそんなに食べたんか?こりゃ参った。今回は「豆苗」や「イカ」の炒め物が美味しそうだったので、それを一緒に作れないか?と注文(笑)。何か(汗)調理場の中国のおっさんが物凄い嫌な顔をしたんだけど、作ってくれました(笑)。そしてこれが超旨かったですよ。ゴキゲンに歯止めがかかりません。シメは「ワンタンメン」。塩味系のラーメンは嫌いなのに食べられる、旨い。これは素晴しい。トイレとかは怖くて入れないぐらいの雰囲気ですが、味は最高。また行きます!

次の日、川口リリアでのコンサートも大成功でした。幸せです。ただ私、前日は眠かったんだなあ。五反田から帰って準備をして夜中の3時。おかげ様でCDがいっぱい売れましたので、CD販売の「お釣り銭」がないことが発覚。そのまますぐにコンビニ何軒かに寄って、それぞれ小さな買い物を1万円で買って「釣り札」を作ります。それから飲料水の100円自販機があるので、千円札を何枚か使って小銭を作ったり。夜中自販機の前に長居をして1000円札で何本もレモンティを買う男・・・ムフフですね?ムフフです(泣)。本人は死にそうに眠かったのです。

話は前後しましたが当日、ホールに着いて、この日は登場人数が多いコンサートですので、長~いゲネプロが始まりました。来ない歌手がいたり、合唱団のおばさまたちの中には「私の靴がありませ~ん」とか言っているかたが(笑)。かなりゆる~い時間の中をグタグタとやるしかありません。でも本番は目覚めてハイテンションに変貌、ゴキゲンに楽しいコンサートになりました。大団円!ありがとうございました。

a0041150_22273476.jpg去年もそうだったのですが、このコンサートでは主宰の野口先生が大御所でいらっしゃる事もあり、ベテランの歌の関係者が多く集います。その中に私の父に習ったとか、父の同級生だとか後輩だとか・・・私の父のことをよく覚えて下さっている多くの人が、客席にいらっしゃる特別なコンサートなんです。今回は父と同級だったという人が「あんたのピアノ聴けてうれしいよ。お父さんの歌にそっくりだ。お父さんも巧さの塊みたいな人だったけど、あんたもそうだね。嬉しくてたまらないよ、あの洒脱な感じはあんたたち親子だけのものだよ」と今にも泣き出しそうに喜んでくださいました。何かしみじみ嬉しいですね。少し親孝行したような気分でした。私自身が覚えている斎藤達雄は本当に巧かったです。あんな日本歌曲は以後誰の歌からも聴けていません。

さて舞台のほうも和気あいあいのコンサートです。高校時代から可愛がってくださった先輩の奥田雅代さんとの共演も、懐かしい気分があり演奏も心が通いました。今回初対面のテノールの松村英行さんともお友達になりました。素晴しい声でお客様から歓声が上がりましたね。そしてこのコンサート、満席でした。震災以降、私たちの仕事も東電に補償して戴きたいほど冷えていますが、やはり満席は気持ちイイ!感謝いたします。

こういう日、には限りませんが、以前も書きましたが夜遅くにジョナサンで戴く「リブステーキ」旨いです。これ、昼間に戴くと何にも感激しませんが(笑)、こうして夜遅くだとなぜか妙~に旨い!疲れてて塩分とエネルギーを欲しているんでしょうね。というわけで、ゴキゲンに無事に終わりました~!ありがとう!さあ次だ。
by masa-hilton | 2011-10-11 23:40 | 日々の出来事
<< 急告!出演交代のお知らせ 天平楽府の演奏会 >>