新春は松山でのコンサート

来年は1月7日から松山に行ってリハーサル。このコンサートになります。何回も本番は9日だって聞いていたのに、ボケて手帳に2回ぐらい8日と書いて思いこみ、怒られました(笑)。でも誤解していたのは私だけじゃなかったらしく(笑)。ま、ここは連休ですからね~。皆さまは「9日」ですのでおまちがいなく!それにしても日本、お正月明けにすぐ連休が来るなんて!大丈夫なんすか(笑)?当然世間のお仕事始めは10日になりそうですね。

地元の皆様のご尽力でシリーズ化して下さったコンサート!有難いことです。シリーズ化となって唯一悩むことは何でしょう?それは曲と構成ですね。例えば下のコンサートのようにいつも同じ曲をやるタイプもあり、毎回変えるタイプもあり。前者は外国人的なタイプ、後者が日本人的なタイプという感じでしょうか、まず日本なら毎回曲を変えて当然ということになりましょう。しかし毎回リサイタルのたびに曲を変えなきゃと強迫観念のように思うことなく、本当に「得意な曲」というのは限定されていますから、シナトラと言えば「マイウェイ」じゃないけれど、十八番のように曲が動かないほうが本来は理想です。先日亡くなられた松浦豊明先生が「お客様が「もうこの曲は聴いた」となってしまうと集客にかかわるので曲は毎回変えざるを得ないけど、お客様が「曲を聴く」のを「情報をゲットする」ように捉えているのがいけない。演奏=情報ではない。でもそれを正すことも無理だからね」と以前よくお話になっていらっしゃいました。

で、今回は悩んだりいろいろ考えるよりも、歌手の皆さんに自分の歌いたいもの、ご自分の世界が広がるものをダイレクトに選んで戴きました。それがこうして幅広い曲が並んだ理由です。新しい曲が聴けるのはやはり楽しみでもありますし、同時にそれぞれの本領も発揮できるという次第です。スーパーデュオもノリノリで行きますよ!
a0041150_22343579.jpg

by masa-hilton | 2011-11-11 00:05 | コンサート・イヴェント告知
<< そしてお待たせしました!ザ・ス... 12月21日はクリスマスコンサート >>