ビシェリエさん、ファヒマさん、無事終了でめでたし!感謝いたします。

ありがとうございました。ダブルヘッダーめでたく終了しました。会場のかたも皆さんダブルヘッダーで、たくさんの方にお声をかけて戴き、応援、本当に嬉しかったです。心から厚く御礼申し上げます。

ビシェリエさんは本当にプロフェッショナルな歌手でしたね。派手さはないかもしれませんが、的確な解釈でビシッと決めて来ましたし、声もよく伸びていました。舞台裏でも評価が高かったです。素敵でした~1曲目からブラボーでしたしすばらしい。指揮者のご主人は私のソロを気に入って下さって、特に歌曲のアレンジにはとても興味を持たれていましたね。プログラムを邪魔しない曲が選べたようで良かったです。ホッとしました。ファヒマさんは舞台に出る直前までデジカメで写真を撮ったりと(笑)大物ぶりを発揮!細かいことを全く気にしないというか、こだわらない性格のようで、きっと将来はそれが吉と出るでしょうね。ラクメやオランピアはさすがです!「夜の女王」の高音も楽勝すぎちゃってどこか楽しげでした(笑)。お二方からとても感謝され喜ばれて、私もひと安心です。めでたしめでたし。

珍しく楽譜を家に忘れてきて、譜めくりで同行した管理人さんが三鷹と人形町を往復しました。本当に申し訳ないことをしました。自分が情けないです。気がつくのが10分遅かったら、絶対本番に間に合わなかったです。またもし10分前に気がついていたら、管理人さんはお弁当を食べられませんでした(笑)。絶妙なタイミングで気がついて間に合ったわけですが、これを運が良いというのかどうか(笑)。まだ神様から見放されていないうちに、ちゃんとしなければいけませんね~。

2~3日前はガスコンロの火が、着ていたガウンに燃え移り真っ黒焦げ。危うく死ぬところでした。なぜかガウンだけで止まり、やけども何もなく熱さすら感じませんでした。これも運が良かったのだと思います。運が良いうちにこういうことも気をつけないと。寝不足だからボンヤリしてるんですね。

さて、コンサートが終わって家に戻ると、玄関先に寿堂の「黄金芋」が置かれてました。手紙もメモもありません。不思議な感じです。もしかしたら「毒まんじゅう」かと心配しているのに、管理人さんが「きっと大和田さんからだ」と言って食べちゃって(笑)。鰻の「大和田」さんや「太田鮨」さんに今日聞いたところ「うちじゃないわよ」と言われました!管理人さんも丸1日たってピンピンしているので(笑)。きっとどなたかが好意でお届けしてくださったのでしょう。でも全く意味がわかりません。大体オートロックなのに・・・・不思議不思議、摩訶不思議。
by masa-hilton | 2011-12-20 03:16 | 日々の出来事
<< ショパン1月号の特集記事に掲載 マヌエラ・ビシェリエさん、ヒラ... >>