「ほっ」と。キャンペーン

おかげ様で松山は大成功!

恒例の松山城山ライオンズ主催のコンサート「アラウンド・ザ・ワールド」は無事終了。前回参加のテノールの高野二郎さん、今回初参加の赤坂達三さん、そしていつものメンバーであるソプラノの塩野泰子さんとメゾソプラノの豊田千恵子さんとご一緒。例年のようにリラックスした感じで温かみのあるコンサートになった。ありがとうございました。今回は正月ということで時間がないので、2日前の朝に松山に入りリハーサルを重ねる。連休だから空港・飛行機は混んでいて朝からぐったり。普段楽に暮らしてるから、午前中はとてもきつい!女性陣とのリハはスイスイと終了。宿泊は恒例の道後だ。

a0041150_6514310.jpgこちらは仕事、温泉は周りがお遊び気分だからテンションがなあ。でも主催者のご厚意だから、お風呂に入ってダラダラと。ホントは部屋温泉が好きだけど、それはさらに仕事にならん(笑)。

宿は「愛嬌のある偽ヨーロッパ風」が楽しい「山の手ホテル」。この洋館風な温泉旅館は結構人気らしいのだが、いつもとぼけた事件が起きる。ウェッジウッドの部屋なのに「ナルミ」尽くし。朝食のレストランでは違うBGMが2つ同時にかかっていて頭がおかしくなりそうだったりと・・・かなり雑。そこが面白い。

食事はこれを「本格フレンチ」とは呼べないものの、癖のないお味で美味しい。普通だが「普通に美味しい」というのはとても価値があることだ。ホテルも頑張っているなという印象。このコースで「パンは何にされますか?」と聞かれたので「ロールパンのほうを」と注文したら、きちんと「フランスパン」が出てきた(笑)。おとぼけぶりは健在!

a0041150_18595574.jpga0041150_1901275.jpga0041150_1903815.jpg

a0041150_1912895.jpga0041150_1914143.jpga0041150_1915573.jpg
何の確認もしないで出されたステーキの焼き具合がセーフだったのが意外。これは肉も良い肉だろうし、ミディアムなのだろうが、良い食感。レストランも満席だが、これはまあ納得でしょ。ちょっと美味しいブラッスリーという感じだ。

翌日高野さんと赤坂さんが道後入り。ホテルのガーデンのほうで食事。ガーデンはちょっとお洒落な空間なんだけど、食事をするには軽食のみだった。ちょっと失敗!お2人に悪いことになっちゃったなと思いつつ、お味は思ったより以上に美味しい。イタリア風ではないが、和式イタリアンとして懐かしいお味で、私自身はとても楽しめた。戴いたものはラザニアとケーキだ。OKOK。お2人も「美味しい」ということだったので、まずはひと安心。

a0041150_19122067.jpga0041150_19123186.jpga0041150_19124554.jpg
男性陣を交えた総合練習も順調。マイフェアレディの「君住む街かど」を当初ジャズ風に即興でつけようと思っていたのだが、ミュージカルでも高い評価を受けている高野さんの歌が正統派のミュージカルスタイルだったので、急きょメモって作りなおした。「今は君が住めない街かどでゴメンね」で大爆笑。これは本番までに間に合って「君も住める」街かどにできた。また全員のために作った複雑な「私のお気に入り」は至極ゴキゲンな仕上がりでうれしかった。

夜は主催者のライオンズの会長様が和食に連れて行って下さった。あまりお気遣いなさらずとも、我々は仕事で来ているので大丈夫なのに。今回も会長様を筆頭に皆様が奔走して下さって成立したコンサートだ。心から感謝!さて和食は「椿倶楽部」というお店でシェフは女性である。細やかな料理で、とてもあっさりしていた。「お酒に合うんだ」とおっしゃっていたが、確かにそんな感じ。お酒を飲まない私には薄く微妙な印象が強くなる。また京風ではない。おそらくはシェフは自分が好きなものを出すタイプではないのだろうか。基本は丁寧な仕事、何気に優しいお料理たちがその日の疲れを癒すようにと、そんな心がけも伝わる。上段右のひき肉を詰めたさといもの団子、中段中のチーズ豆腐(豆腐は使わず乳製品でその感じを出したもの)などは美味しい。デザートのピーナッツプリンはちょっと甘くて戴けなかった。だってダイエッターだし(笑)。松山、けっこういっぱい食べたようで1キロ減。

a0041150_19164065.jpga0041150_1917644.jpga0041150_19172950.jpg

a0041150_19174362.jpga0041150_19175814.jpga0041150_1918114.jpg

a0041150_19182557.jpga0041150_191847100.jpga0041150_1919047.jpg

コンサートはたくさんのお運びを戴き、大成功。チャリティコンサートとしての寄付も、私の呼びかけが幸いして(だそうです)多く集まった。お客様に大感謝。めでたしめでたし。あるかたが何回も「みなさんが舞台で楽しそうにされているのが感動を呼ぶのです。ぜひ楽しんでください」と言っておられたが、間違いではないしわからないではないけれど、発表会ならともかく実際はそんなに甘いものではない。エンターテインメントは「どんなことをしても楽しんで帰って戴きたい」という執念と命懸けの懸命さが空回りに終わらなかったときのみ、初めて成功といえる。それが見えないアーティストは例外なく「楽しいコンサート」向きではない。コンサートがうまく行ったのは共演の皆さんも真剣そのものだったから。これこそ素晴らしいことだ。共演の皆さんにも感謝と心からの称賛を。

a0041150_652368.jpg

帰りの空港は混んでいたがタクシーですぐ帰宅。せっかくスッキリ気分だったのに、また面倒な雑用が発生する。世の中にはマジ仕事できない人がいるんだねえ~(笑)。イイ気分で帰ったのにイヤになっちゃったよ(笑)。
by masa-hilton | 2012-01-11 03:40 | 日々の出来事
<< ありがとうございました! スーパートリオのリハーサルは快... >>