福山でザ・スーパートリオはゴキゲンでした!

楽しく大成功で帰って参りました。福山はここの所ご縁があり、コンクールの審査で毎年お伺いしておりますし、この5月も(広島もですが)コダーイ弦楽四重奏団のファルバイさんとのコンサートがあるのです。私にとっては、そんな馴染みある場所でスーパートリオのコンサートが出来て、とても嬉しかったです。

新幹線で余裕の出陣。朝ご飯を兼ねたお弁当ですが、東京駅の弁当は不味いんですよね。ホント困ります。鰻の「大和田」さんが閉店になって、鰻に飢えている毎日なので、「ゴムのような感触の鰻」であろうことは百も承知で「鰻弁当」にしました。消しゴムのような「とんかつ弁当」は本日はパスです(笑)。
a0041150_0153949.jpg

お値段は1600円強。これ微妙なお値段で、以前かなり前の話ですが1500円のときもあったし、最近の値上がりぶりを考えると良心的かもです。おまけにそんなに不味くなかった!予想外!多少は「ゴムな感じ」ですが「また食べても良いかも」と思ってしまいましたよ。
a0041150_0165091.jpg

見たら制作は小田原の「東華軒」!!以前は東京駅弁当と言えば「日本食堂」が独占、独占でも美味しければ良いんですが・・・・・(笑)。最近はコンビニのお店のライセンス商品のように、それぞれに委託しているんですね。委託された弁当会社のほうも競争だから頑張る!・・・・値段の努力もそうですが、以前の鰻弁当に比べたら◎です。

しかし新幹線、マスクもしないでゲショゲショ、それも大きな咳をしているおじさんに、行きも帰りも困惑しました。いくら病気でもですよ、あれは遠慮がなくひどすぎる。車掌の目を盗んでタダで座っているおばあさんもいましたね。若い人たちが態度が悪いとかマナーが云々言われますが、こういう非常識は熟年に多いように思います。いけませんねえ。

さて福山、さすがに遠いです。9時半ごろに乗って4時間です。ニューキャッスルホテルはジャスト駅前です。お部屋もなかなかきれいだし、私は大好きなホテルの1つです。駅のすぐ向こう側にはお城があって、お部屋が15階だったので良い眺めです。ただこの日は雨でしたから、ちょっと寒かったかな。
a0041150_0532725.jpg

打ち合わせをするとリハーサルは3時からだということ。そんなにおなか空いてませんが、これは微妙な時間ですね。ホテルの場合、照明や音響の打ち合わせもあるので時間がかかる。5時までかかるとすると何か食べておかないと・・・・こういうことで、仕事が忙しいと太ってしまうんですね。結局無理にお昼を食べることにしたのですが、でもこれは的中して、照明や音響は一生懸命やってくれているのですが東京のスタッフのような迅速さがなく、申し訳ないのですがけっこう疲弊させられ、足立さんは特にかわいそうでした。私は無理して食べておいて良かったですよ。

お昼はホテル内で簡単にと思ったのですが、お昼のサンドイッチやパスタ・・・・何となくサンプルを見る限りはイマイチな予感が。ホテル値段だしね、不味いと嫌だな。それにフレンチのランチコースも、とてもつまらなそうなメニューでした。それで地下に降りて中華に行ったら「日替わり定食・酢豚950円」とありましたので、これに決定(笑)!不味かったらお肉だけつまめばいいし、安いし惜しくないし・・・・等と気楽に構えていたら、ぎゃ~~!凄い量だ!なかなか見た目も豪華な定食の登場でビックリ!
a0041150_051123.jpg

ここ「又来軒(ゆうらいけん)」はホテルの中華と思いきや、岡山に本社を持つチェーン店の支店でした。この日替わりは「酢豚」も甘くカリッとした感じもあり、好みのタイプで満足だったんですが、海老と蟹を使った大きな茶わん蒸しも美味しい!真ん中にある野菜のかき揚げも良いではないですか。あとはスープとサラダとデザート、そしてご飯のおかわり自由と営業努力が見える良いランチでした。美味しかったんで予定外にたくさん食べちゃったなあ。ヤバイ!

コンサートのほうは広い宴会場にもかかわらず大入り満員ということ。かなり椅子をタイトに並べてギッシリでした。これは本当に有難いですね。ホテルのピアノはなかなか厳しいのですが、寡黙な調律師さんが頑張って下さったおかげで、本番はわりと弾きやすく助かりました。ディナーショーながら2部構成!バレンタインコンサートらしい、愛の話題を中心に楽しく終了です。
a0041150_115147.jpg

コンサートが終わると、広島に移り住んでご無沙汰の赤坂さんを囲みゆっくり飲み会。でも遅い時間だったし駅前であまりお店の選択肢がなかった。さすがに東京にもある「はなの舞」じゃ味気ないだろうと「福福屋」に。「これはきっと福山で福があるみたいな、福山の地のものを食べさせてくれる店だろう」と思いきや「白木屋」の姉妹店(笑)。あはは、力が抜けちゃったよ。でもお話が楽しかったから良かったです。

a0041150_1335984.jpgホテルに帰って深夜、前から見たかったオカルト映画「ザ・ライト(エクソシストの真実)」を観賞しました。何と言ってもオカルト好き、それよりも名優アンソニー・ホプキンスの大ファンであるから。かっこいいですね。タイプは全然違いますが、ショーン・コネリーとかも好きです。平たい言葉ですが存在感の魅力~。

私はオカルトばかりでなく、外国の宗教がらみの話というのが大好き。こればかりは日本人の価値観からは生み出せない価値観とストーリーの展開が期待できるからです。そう言えばこの映画、震災のために上映が延期されたんでしたよね?「ザ・ライト」とは儀式。見た感想としては大して怖くなかったです。そういう意味ではちょっと期待外れです。ただこのストーリーは実話だそうなので、それを考えればそれほどドラマティックでなくてあたり前かと。ヨーロッパ的な宗教の価値観には触れられました。悪魔の憑依は精神異常なのかを悩む場面はリアルな感じでしたね。しかしいつもこうした悪魔映画をみていると「悪魔ってけっこう人間のことが好きなんじゃないか」とか思いますよ。まずは積極的に接触してくるし、また気さくによくしゃべる(笑)。神様とは違って直接お話をしてくれてますからね~(笑)。ご用心ですかね。そして4時に就寝。私にはいつもの時間です。

そんなこんなで朝寝坊。ホテルの朝食を食べはぐりました。楽しみにしていた「朝カレー」は無しです。残念!そして中途半端な時間。新幹線までには1時間もあって。どうしようかという感じ。福山の駅ナカがけっこう広いので歩いていると「うなぎ」の文字が!!!!「魚屋さんの食堂・瀬戸内魚処」なる、やや大げさな看板があって「鰻重」もあるみたいなので入りました。「つぼ井」というお店で、どう見ても居酒屋でした。確かに刺身なども安い。「あんきも」も「牡蠣フライ」も「カニみそ」も350円!けれど鰻は2100円。で、来たのがコレで。え~!!!!ちょっとなあ・・・・。
a0041150_231977.jpg

南の地域の「鰻重」らしいっちゃらしいですね。この手は多い。まさに「飲み屋の鰻重」という感じで、これが2100円ではもったいなかったかなあ~とまずはガックリ。でも食べてみると、見た目よりはずっと良かった(笑)。とても肉厚でしたね。肉厚だから美味しいか?と言えば違うんですけどね(笑)。ま、いいです。とりあえず鰻好きですからね、幸せです。それにコンサートもうまく行ったし言うことなしです。お店の神棚には大黒様とえびす様が仲良くゴキゲンに笑っていました~。何か良いことがありますように!!そしてVIVA福山!また5月に!
a0041150_274591.jpg


by masa-hilton | 2012-02-16 02:16 | 日々の出来事
<< ホイットニー・ヒューストンのこと 福山でザ・スーパートリオのコンサート >>