そしてティファール

音楽なんてやっている人は・・・・相当ずぶといか、繊細か?よくはわからないけれど、簡単に人に影響されないという点は全国共通。流行にもあまり乗らない。そのくせ突然「良い」と思ったら電光石火。自分の嗅覚・欲望・価値観が優先。それって動物と一緒のような(笑)。

最初はコーヒー飲むぐらいだから小洒落た「やかん」で沸かして、綺麗なポットで保温していた。人に「電動ポットが良いですよ。いつでもお湯があるんですから」と言われたが無視。無視じゃなくて興味がわかないというか・・・・しかしある無精な友人の家に行ったら「電動万年ポット(万年床の様なポットのこと 笑)」があって、その便利さに魅せられて即購入。「万年ポット」にしたからすぐ汚れが落ちなくなって頻繁に買い替えるも、このパターンが何年も続く。

a0041150_5265471.jpga0041150_5271186.jpgその後「飲みたいだけ瞬時に沸く電子ポットみたいなのが良いですよ~。ティファールとか・・・・」と言われるようになったが、それも無視。無視じゃなくて興味がわかない。最近は地方のホテルにコレがある。あっても何とも思わなかった。ところが先日の福山ニューキャッスルホテルで、沸かす間「青く光るティファール」を見て、たちまち欲しくなってしまう(笑)。即購入で、現在私はちょっと幸せ気分だ。

確かに便利、でも「青く光る」から使う。光らなかったら絶対買わなかった(笑)。おまけにこのポット、けっこうでかいのに、水は半分しか入れちゃダメ。この無駄無駄な感じ、ゆるい間抜けな感じがさらに気に入った!おかげ様でここの所コーヒー飲み過ぎ。
by masa-hilton | 2012-02-20 22:20 | 日々の出来事
<< 月刊「ショパン」3月号の特集記... ホイットニー・ヒューストンのこと >>