しらかわホール、カッツァニーガさんとのコンサート

レナート・カッツァニーガさんたちとの名古屋公演。うまくいきました。唯一歌手の声だけは心配ですが、そんなのは心配してもはじまりませんしね、のびのびと良い感じのステージです。しらかわホールはやりやすいホールの1つです。
a0041150_350899.jpg

しかし、テノール歌手ってお客さんにどうしても熱狂して欲しいんですね。少しお疲れ気味で、終了直前は「もう歌いたくない」みたいなそぶりを見せながら、結局は何回も何回もオーソレミオをダメ押しして、強引にスタンディングまで持っていくという感じ。これはピアノにはできないチカラ技ですからね、ちょっと面白いし楽しい。「あなたのピアノが歌って心があるから、自分もうまく歌える」などと誉めて戴き、私はひと安心。引き続き楽しくツアーできそうです。

さてさて今日は行きも帰りもお弁当。まず行きの「鶏づくし」は美味しくない。この間のシューマイよりはましですが、味付けが悪いですね。基本的に東京駅弁はみんなそうだから、味付け担当の人がちょっとおかしいのではないでしょうか?独占販売だから、いつまでたっても美味しくなりませんね。残念な朝ご飯です。
a0041150_351856.jpg

a0041150_352897.jpg


夜は乗車変更の変更で飛び乗った新幹線の中で。行きは混んでましたが、帰りのグリーンは空いていましたから、飛び乗りは楽勝。お弁当は最後の1個。選択肢なし。不味そうだけど、コンサート終了後でおなか空いてたせいなのか、意外に悪くなかったような。特にメンチカツの脂が予想外にモタレなかったから良かったです。
a0041150_3532892.jpg

a0041150_35484.jpg

というわけで、お食事以外は大成功の幸せ気分でルンルンのはずでしたが、昨日、私がその場にいないのにもかかわらず、私の名前を使ってヤマハの練習室を無料で使用したという話が。結局大騒ぎの末、行き違いと誤解の嵐で無事解決しました。さすがにそんなことをするわけがないですよね。安心しましたし、これで引き続き皆さんと良い人間関係で楽しくやれます(涙)。ピアニストのランク次第でいろいろ優遇されることは事実なんですが、そういうことをあたりまえのように考え、そこに胡坐をかくのは私自身とても嫌いなんです。気が小さいとも言いますが(笑)。でも良かった。ホントに!めでたしめでたし!
by masa-hilton | 2012-04-14 03:56 | 趣味&グルメ
<< 博多から鹿児島 打ち合わせラッシュ! >>