アナゴはアナゴ、鰻には勝てぬ(笑)、日本橋「玉ゐ」

鰻の高騰ぶりはいよいよ凄まじい。私のお好みの神田須田町「きくかわ」あたりはもう8000円。さすがに8000円だと、躊躇しますね。何しろ週3回ぐらい食べたいわけで(笑)。「伊豆栄」や「伊勢定」なんかも値段の割には美味しくないと思っていたのですから。そもそも鰻は3000円ぐらい出して美味しくなかったらNGというのが、価値の基準でした。じゃ、似たような感じでアナゴにしとく?
a0041150_16151253.jpg

確かに見た目は似ています。しかし全然違う。とても物足らない。マジがっかりの1日でした。がっかりしたと言っても、こちらのお店は世間では大人気の店、地元日本橋の「玉ゐ」さんです。ここは老舗ではありません。でもそれ風な古い家屋での営業。とても人気でファンの多い店です。アナゴにはやりかたが2種類、「焼き上げ」と「煮上げ」があって、前者は香ばしい感じ、後者はふっくらな感じで、メニューの中箱(アナゴ重の真ん中の大きさ)だと両方戴ける合い乗せも出来ます。というわけで中箱2800円、それに最後にお茶漬け用のお出汁200円プラス注文です。
a0041150_1616108.jpg

まず海苔、大葉が敷いてあるのが私としては最悪!この時点でもう再訪はなし(笑)。「海苔」は許容範囲ですが「シソ」は興味がないです。大葉って体にも悪いのにね(笑)、世間はけっこう好きですよね。また「焼き上げ」のほうはとても中途半端でした。いわゆる関西風な「パリっとした」しっかりとした「焼き」ではないので、味わいに「差というほどのもの」はありません。ただ「煮上げ」のほうはふっくらとしていますので、これは大丈夫です。タレも生臭さがありません。薬味が3種「ねぎ」「ごま」わさび」、さらに「ゆず」をふりかけても食べられるようになっていて「ひつまぶし」風な演出。この「ねぎ」の状態が乾き気味でよろしくない。鰻(ひつまぶし)の「備長」の美味しい九条ねぎに比べたら天と地の差、ガッカリでしょう。というか、全体的に「薬味」をつけることによって、味が落ちてしまう印象です。でもお出汁での「お茶漬」は旨い!これは鰻よりももっと身が崩れやすいこともあり、とても美味しく感じられました。全部「煮上げ丼」にして四分の三は「お茶漬」にする、薬味は「お茶漬」時に使うのならば食べられなくはないです。
a0041150_16171419.jpg

世間で絶賛されているのに、私が何の感動もなく「つまらない」と思ってしまったのは、週に何回も「太田鮨」に伺ってもっと美味しい「アナゴ」をバクバク食べているからかもしれません。罪作りな「太田鮨」さん(笑)!だって比べてはいけないぐらい旨いし。ま、いずれにしても「あなご」さんでは「鰻」の代わりにはならない。やはり値上げで4300円出しても「高嶋家」に行くべきと悟る(笑)。連休明けにまずは富沢町の「喜久川」「備長」にでも行ってみますか~。
by masa-hilton | 2012-05-06 16:32 | 趣味&グルメ
<< 我慢の出来ぬやつ 6月29日はザ・スーパートリオ >>