婦人公論 6月22日号

a0041150_0533567.jpg「婦人公論」の6月22日号、カルチャー・セレクションのコーナーの「音楽」のページに、35周年CD「79年のリサイタル」が大きく取り上げられました。とてもありがたいことです。

「婦人公論」…普段読むことがない雑誌ですね。初めて買いました。

1冊手にしてレジに行った時、エッチな本を手にしてレジに行く若者と同じようなドキドキ感があったかも、あはは(笑)。HPによりますと、婦人公論は「結婚、離婚、仕事、出産、子育て、人づきあい、セックスの企画を中心に、美しく年を重ねている女性たちのために、豊かで艶めく生き方を提案」する雑誌なんだそうです。すごい。

女性専門誌は男性誌よりもはるかに向上志向が強くて素晴らしいですね。それはすなわち、女性のほうが常に上を向いて生きている現れのような気がいたします。男ももっと自分磨きをしないといけないですね。
by masa-hilton | 2012-06-08 23:58 | デビュー35周年関連
<< いつもの日々に戻る その2 おかげさまで35周年記念CDが... >>