久々にリガーレにある「喜久川」の鰻!連チャン

ホントに鰻の稚魚のせいで、鰻不足値上げは深刻。さらに「大和田」さんがやめてしまったので私はもっと深刻。また人形町でも食べ歩いているのだけど、「梅田」「喜代川」は味が落ちてしまったし「との村」はボリュームがないし、「三好」や「うな富」は鰻好きの鰻ではないような・・・「心天」は「関西重」なら食べられるけど・・・。といった感じなのだが、私のこの味覚はあてにはならない。毎日でも鰻を食べてしまう人間だから、やはり常人の好みとは隔たりがあって然り。

私はここらへんで美味しいのは「高嶋家」であると思うのだけど、やはり値上げがきつい。サッカーの松木さんのご実家「近三」も好きなほうだけど、やや遠い。そんな中では、お気に入りにいれていた富沢町の「喜久川」は味も濃いしコッテリしていて、お値段のほうも頑張っている。このブログにもしばしば登場するが、現在「特上」は3100円。ただしお吸い物はつかない。つけると200円増となる。本日も濃厚なり!
a0041150_045550.jpg

やはりね~、「特上」のボリュームがないと、私は絶対満足はできないなあ。「喜久川」は「上」が一番大きな鰻で一匹、「並」と「特上」が同じやや小ぶりの鰻で、一匹と一匹半の違い。特にご兄弟がやっているリガーレの1階の「喜久川」では、すぐその「上」が品切になり「並」か「特上」を頼まなければいけなくなるシステム(笑)。これがあまり好きではなかった。しかし今は大きいはずの「上」の鰻も品薄のためか、あまりボリュームが感じられない。だから最近では小ぶりでもなんでも「特上」にしないと、私の鰻占有率の絶対条件に満たないのだ(笑)。

そんなこんななので「きっと違和感なく大丈夫だろう」と伺ったリガーレの「喜久川」!実はとても久しぶり。こちらの方が近所だし、まだ改装前にはよく通っていた。こちらの「特上」一匹半はお吸い物がついて3600円。少し割高だが、この日はやけに旨かったんだよね。大満足した!
a0041150_043787.jpg

その後も何回か続けて行って戴いたときは、そこまでではなかった。以前と同じ印象。もちろん美味しいけど、私の好みから行くともう少し「蒸しが深い」のが良い。やや鰻の身が「締まっている」ような感じがあって、ほんのちょい「ふっくら感」が欲しくなる。特別に美味しく感じた日は、通常より鰻がふっくらしていたということだ。「蒸し」ばかりでなく、私があまり脂の落ちない焼き具合を好むということかもしれない。
a0041150_044854.jpg

その点では、富沢町の「喜久川」のほうが深く柔らかな感触だ。面白いのは富沢町は時々しょっぱいぐらいに味が濃いのだが、テーブルに「鰻のタレ」が置いてある。リガーレのほうがご飯などはやや薄味なのだが、「タレ」は置いていない。なんか可笑しい。ご兄弟でも味覚の感覚が違うのだろうね~。

そして某日、めずらしくリガーレの「喜久川」に「上」があったので注文してみた。やはり以前より小ぶりな感じかな。普通の人ならこれで十分だろうけどね、やはり私は寂しい。2900円だったかな。それでも「銀座鳴門」よりは厚い鰻だ。「銀座鳴門」はお味は良いのだけど、鰻が薄くてちょっと残念・・・・それでもまた食べたくなるんだけどね。ちなみに富沢町の「上」は2600円だ。
a0041150_0415186.jpg

リガーレの「喜久川」に「上」があった!というのも、少し方針を変えたのかもしれないのだ。実は以前なかった「特特重」みたいなものがある(笑)。正しくは以前「特上」と言っていたものを「特重」と言い、この新しいのが「特上重」となる。すなわちこれは「二匹重」だ。まだ富沢町にはないメニュー。
a0041150_0395054.jpg

おおおおおおおお!これは良いよ~!鰻がいっぱい!超嬉しい!そして美味しい。値段は4600円!ま、高いけど「尾花」の5500円を思えばね!同じ値段なら、味は「高嶋家」でも、やはりこのボリュームはないからね。
a0041150_0384080.jpg

横から見ても鰻でいっぱいだね(笑)。本当に食べたいときはこれにしようっと。鰻好きにはオススメだ。普段使いは富沢町の「特上」がお得かな。
by masa-hilton | 2012-07-04 00:47 | 趣味&グルメ
<< 米子スーパートリオも大成功!楽... 8月5日は北海道・江別にてコン... >>