少しばかり、いつものような日々に

いつもの日々のようでも、旅じたくもあって衣料品の整理などをしていたら、穴のあいたTシャツとか発見。やばいでしょ(笑)。外で着るものは職業柄クリーニングにしっかり出しているんだけど、そのためにうっかりダメージの見落としをしがちだ。

そんなこんなですっかり服が少なくなり、また買い出しだ~。デパートを歩くとそこそこのバーゲン品もあるが、目を引くものはやはり高い。高いからって良いとは限らない、という意見はあるものの、こういうものはやはり値段は考えられていて、良いものはあからさまだから仕方がない(笑)。

さて整理したのはさらにもろもろ、財布の中身とかも(笑)。いつ無駄遣いをしたかなあ?出歩くとタクシーの利用率ハンパないし、いろいろ使っているのだろう。鰻も値上げしたしね~あれは痛い。痛いと言えばちょっと肩と腰が痛かったので(笑)、流行りのグルコサミンやヒアルロン酸、コンドロイチンも買ってみた。でもこれらって栄養にはなるかもだけど、実際は直接注射でもしない限り、薬としての効果はないんだそうな。へ~~、そうなんだ。でも気分的に体の動きは改善したような気もする。何と言っても1回に10錠も飲むから、チョイチョイその気になるというもの。ただ管理人さん曰く「それは鰻の効果でしょう?」とのこと。

a0041150_192274.jpga0041150_16511100.jpg確かにここのところ、しっかり鰻を戴いている。最近も「薄い」とか文句を言いながらも、上野松坂屋の「銀座鳴門」イートインでも、しっかり食べている。お味的にはやっぱり好きかもだ。

右の写真は銀座「ひょうたん屋」の鰻。銀座にあって関西焼の鰻の有名店。やはり蒸さない分だけ、どこか野蛮で臭いもあり、なんせ身が硬い。タレの甘さも足らない感じだ。しかし東京人、それも鰻好きからすると「ひょうたん」はギリギリ許せるレベルだと思う。値段も松が2500、竹が2100とこのご時世ではメチャ安い。今回は「松」を戴いたがやはり小さめの1.5で、どうやら以前食べた大ぶりの鰻は「竹」のほうだったようだ。確かに常連衆は「竹」を食べていた。常連にはなれないお味だけど、絶対再訪あり。関西鰻でも楽しめる数少ない良いお店だ。

私は鰻好きであるけれど、同時に海老好きでもある。だから「天丼」もよく戴くわけだけど、「海老フライ」には愛着がある。美味しい海老フライ、誰でもそうだろうが、身がしっかりと大きいほうが好きである。となると最近は浅草まで足をのばして、いつもの「かつき亭」しかない。毎度おなじみのコメントだが、ここの海老フライは最高だ。チェーン店なのに立派!今回は「チキンチーズ巻」をつけてみた。軽くサクッと揚がっていてこちらも旨い!
a0041150_2452137.jpg

また何回か続いていて恒例となった「美味しいものを食べる会」では、半蔵門の「エリオ・ロカンダ・イタリアーノ」に行く。私がお誘いしたのでいつもの私の好きなメニューを並べた。美味しい生ハムから始まり、定番の前菜、パスタ、仕上げはバルサミコソースで戴く牛、ペコリーノチーズやカンノーロもしっかりと戴く!
a0041150_16173587.jpg

a0041150_1618478.jpg

a0041150_16183253.jpg

a0041150_16192117.jpg

もちろんメインのお料理メニューは、いつもながら現地っぽく美味しいのだが、こちらも毎度のこととはいえペコリーノチーズとカンノーロの美味しさは格別。こればかりはよそではこうはいかない。美味しいなあ!
a0041150_16195554.jpg

a0041150_16202996.jpg

実はここのところイタリア料理三昧の日が続いた。大半はご近所の美味しいイタリアン「イル・バンボリーノ」。そのうちの1回は、人形町では有名なケーキ屋さん「シュークリー」のパティシエご夫妻が独立されることになったので送別会。これで「シュークリー」もしばらくは「味が変わった」とか言われて大変だろうけど、とりあえず独立はめでたいことだ!というわけで太田さん(太田鮨若大将)が主催の送別会を私が手配したというわけ。

「イル・バンボリーノ」には土曜だとお昼のコースがあったりする。でもそれじゃな~やはりつまらない。私はコースとか食べないので。ちなみにこのコースは戴いたことがある。ポタージュやカツオを使ったサラダ、ピザかパスタを選べる普通のランチに豚肉のローストがつく。
a0041150_22143368.jpg

a0041150_22145536.jpg

a0041150_22154760.jpg

a0041150_22163144.jpg

a0041150_22171073.jpg

ぺペロンチーノはパンチェッタだけの本格的なものが作れるのに、シーフードをいっぱい入れてランチのボリュームを演出。ある意味残念なようだけど、「お客さん想い」のなせる技。これでこの店が「本格的なイタリアンではない」みたいなことは、地元ファンが言わせない。豚はこの店の看板でもあるので文句なく旨い。凝ったデザートではないがこちらも美味しいので、これで2500円はお得。

でも私はせっかくだから、美味しい夜のメニューをアラカルトで戴きたい。例によってまたいつもの奴になってしまうので、最近のお気に入りを出しておこう!サッパリと「リエット」。これは普通と言えば普通だ。以前にも書いたがむしろあっさりしている。私の好みとしてはもっと濃厚なほうが好きなのだが、最近は気候が生温かく気持ちが悪いので、こういうリエットでスッキリする。「かぶとトリュフを使ったクリーム・リゾット」は文句なく旨い。これは超オススメだ。かぶがうまく溶け込んで違和感がないし、大量のトリュフが最高!!これは季節のメニューだから、ぜひお試しを!

a0041150_22405442.jpga0041150_22412258.jpga0041150_2241438.jpg

そしてパンチェッタだけを使った本式の「ペペロンチーノ」。やはり旨い!!こうじゃなくっちゃね。そして私のワガママを聞いて、ちゃんとペコリーノチーズも用意してくれた。これを削ってふりかけて戴く。旨~~い、万全!本当に美味しい。そして平たい皿に盛ってもらって、全体にオイルが行き渡るようにしてもらって完璧。最近のヒットだ。

さて送別会のほうは、おおよそいつものメニュー。美味しいもの&お気に入りのオンパレードだ!「バーニャカウダ」「ホタテとオマール海老のテリーヌ」「トリッパ」「ボルチーニ茸のリゾット」「ゴルゴンゾーラとリンゴのピザ」「マルゲリータ」「子羊のロースト」、私のお気に入りの羅列(笑)。大満足!

a0041150_2255216.jpg

a0041150_22554910.jpg

a0041150_22561855.jpg

a0041150_22572338.jpg

a0041150_22575045.jpg

a0041150_22581634.jpg

a0041150_22584626.jpg

甘党の太田さん、そしてパティシエ氏ということもあって、ゴルゴンゾーラのピザに蜂蜜をかけるのが特に大好評。トリッパの美味しさにもビックリ。なかなか楽しい時間だった。こんなことばかりで時間が過ぎて行く人生って、悪くないな~(笑)。なんちゃって。なかなかそうはいかないよね~~~!やること山積みだ(汗)!!
by masa-hilton | 2012-07-12 23:08 | 趣味&グルメ
<< 福井3台ピアノコンサートは華や... 9月1日は福岡で楽しいコンサート! >>