さてウィーンでは(その2)

夏のウィーンは、街は70%引きのバーゲンでもあります(笑)。活気がありますねえ。デパートの「シュテッフル百貨店」で私も予想外の夏物を買い込みました。もちろん比べれば日本の暑さは嘘のようですが(笑)、それでもこちらも思ったよりは暑かったからね~。
a0041150_1563613.jpg

街では30万円のブランド物も6~7万で。男性物は結構限られていますが、女性ならば狂喜のウィーン!(笑)私もエルメスでワイシャツなどを仕立ててみました。さすがのテイストです!ゴキゲン!

観光はあまり興味もなく・・・・・そうそう、そのエルメスの右隣にある聖ペーター教会は室内も撮影OKでしたね。せっかくですから激写しましょうか。もともとは聖母マリアの教会、ウィーンでも最も美しい物の1つです。
a0041150_15104753.jpg

a0041150_15115729.jpg

天井のフレスコ画も有名ですね。そして祭壇の下には1733年の殉教者の遺骸、骨は装飾されてピカピカ、日本人的な発想とはかけ離れてはいますが、宗教文化を感じさせます。
a0041150_1516952.jpg

a0041150_15192196.jpg

ちょい不気味ですか?とにかく着飾っているのが何とも言えませんね(笑)。

そうそう、歌でもおなじみのプラター公園にも行ってみました。シュトルツの書いた有名な「プラター公園の春」、ちゃんと歌碑が立っています。そしてプラターと言えば、映画「第三の男」でも有名な観覧車です。
a0041150_1523168.jpg

a0041150_15232460.jpg

街を走る市電のようなカーゴ、古めかしくてユラユラしますが乗ってみました。さすがに絶景です。良いですね。11人乗りとか書いてあるのに23人は乗せてました。大丈夫か?
a0041150_1527349.jpg

a0041150_15274438.jpg

a0041150_15395350.jpg

a0041150_15281571.jpg

プラターは最新の絶叫マシンもあるような遊園地でした。さすが外人ですね、タフと言うか、絶叫マシンもノリノリで余裕の楽しみぶり。これだけを見ても、こんな男たち(女性も)を相手に戦ったオリンピック選手たちは偉いです。論理的には絶対かなわない感じ(笑)。野獣の如し!

さて最後にもう1軒美味しかったレストランを。あまり観光客には知られた店でないかもですが、私はずっと目をつけていたレストラン(笑)。今回めでたく来訪できました。自分で言うのもなんですが、さすがの嗅覚!絶品です!確かにウィーンらしくはないですが、新鮮なお魚をナマでも出せるレストラン「コルナート」。イングリッシュ・カフェの近くです。フィッシュレストランと銘打っていますが、肉も全てことごとく旨い。大満足です。開業20年、クロアチア・ダ ルマチア料理で知られ、最高級ワインや珍しいワインも揃っているとのこと。

客層もデート組と商談組が多く、スタイリッシュな感じです。テーブルにはさり気にオリーブが。
a0041150_16143725.jpg

a0041150_16151188.jpg

まずは魚のスープ。スープを外国で戴くのは最大の楽しみですが、これは旨いです!複雑な味わいは最高ですなあ。カニなども戴きましたが新鮮で美味しい。ただ日本人としては珍しくはないですね(笑)。ロブスターのパスタを横目に、戴いたのは「レバーのソテー」、横にあるのはゴルゴンゾーラのソース。この良質なレバーは凄い。これは最高でした。ビーフ・ステーキも厚切り!すばらしい食感!今までウィーンで戴いた肉のステーキでは一番旨かったかも。本当に美味しい。絶対ここは旨いと思ってたんだよね。
a0041150_16164770.jpg

a0041150_16172986.jpg

とまあ、どこにいても相変わらずの私。今回はコンサートの企画の連絡が東京の松田さんからやんやと入り、その他にも原稿のことやスケジュール、管理人さんへのもろもろの連絡で携帯電話会社から「高額になっております」のお知らせが来ました(笑)。あはは。早速に問い合わせると25000円だったのでひと安心(笑)、でも結局請求75000円来ました。あいたたた。さすがに10万は超えたくない(笑)、ま、セーフとします。そんな小市民の心を癒すワンちゃん達ともお別れして帰還へ。君たちも元気でね~。
a0041150_1618191.jpg

東京に帰るとすぐに秋葉原に行って洗濯機を即日搬入の条件で買いかえ(笑)鰻屋へ、北海道に飛んだというわけです。帰国後もバタバタしていましたから、もう遠い昔のようでもありますね。

講座も終わって、今は少しマッタリしていますが、そろそろ活動再開です。引き続きよろしくお願いいたします。
by masa-hilton | 2012-08-16 00:39 | 海外の活動あれこれ
<< 友人との楽しい高崎でのコンサート! さてウィーンでは(その1) >>