「ほっ」と。キャンペーン

またまたまたまた(の何倍かな?)・・・高松に伺う

あっという間にメールが集まり、練習しなきゃない曲、編曲しなきゃない曲がフィックスされて来ました。こうなってくると大変です~~。なんだかんだ60曲以上はありますかね。どうしましょ。それはやるしかないのだよ(笑)。ただそんな騒ぐことでもないんです。120曲ぐらいかかえるのは普通、私の友人たちもみんな同じような状況で頑張っているのです!学生のころはただただ「ピアニストになりたい・・・・」と漠然と考えていましたが、現実は夢うつつではできません。「ご利用は計画的に」(笑)。ここでのご利用はお金ではなくて時間。まさにそんな感じ。

しかし暑いですね。この暑さが気持ちにブレーキをかけてくれます(笑)。今回また高松にレッスンに伺ったのですが、暑い暑い!この夏一番の暑い思いをしましたよ。凄い日差しでクラクラしました。

朝は早めの移動です。わりと空いていました。朝は空弁。空弁は東京駅と同じく美味しいものがないですよ。やむを得ず、とても無難に崎陽軒の「シューマイ弁当」。
a0041150_138204.jpg

世の中には不味いお弁当が多すぎるから、これがかなりマシに感じますよね。この日は朝早かったせいか、ご飯がオリにベトベト張り付きもせず、お魚やタケノコにもあまり味が沁みてない!これはいいですね、味が濃くなくちょうど良いですよ。工場から出るときは、我々が思っているあの味よりもっと美味しいのかもしれないな~などと思いつつ実食。

さていつも「特別に美味しい何か」が見つけられない高松なのですが、それはそれ。仕事だし、毎度普通に満足している「鳴門水産」で良いです。でもお世話係のUさんが「こちらの方が良いですから!」と、今回は「魚神」というお店へ。大丈夫かなあ(笑)?ちょっときれいな感じ、リニューアルしたお店だそうです。売りはマグロ!解体ショーとかもやる店らしいです。
a0041150_139517.jpg

新鮮な感じのお刺身、はまち、たこ、すずきなどは確かに美味しい。九州や北海道のようなわけにはいかないですが、普通に美味しかったです。ただ肝心なマグロがそれほどでもありませんでしたね。ランチだからかな?大したことなく残念。それにお味噌汁がいい加減な感じでしたね。もちろん悪くはありません。サササと食べるお昼だから満足。でも「鳴門水産」でも全然かまわないかもだよ(笑)、貝汁旨いし。お吸い物とか、「魚神」には地方ならではの味が希薄でした。

この店の向かいには香川県で有名な和菓子屋「たから」がありました。ちょっと覗いてみると、混んでますね。凄いです。有名なのは大福。イチゴ大福みたいなものですが、あまり興味がないですね。どら焼きも名物のようですが、「浅草・西むら」のような「こんがり感」はなさそうでした。カステラは旨いかも?などと思いつつ、結局無難に「みたらし団子」を選択。無難に美味しかったです(笑)。
a0041150_1582912.jpg

レッスンは皆さん上達されていてすばらしい。定期的に来ると本当にこういう進歩が楽しみです。皆さん熱心!コンクールとかもバンバン入賞されるようになっているようです。めでたしめでたし!今回は人数が多くていつもより遅い時間までかかりました。

宿泊はクレメント。この辺りではとても良いホテルでお気に入りですが、夜徘徊するにはちょっと不便ですね。あえて街中のビジネスに変えて戴いたこともあったのだけど、寝れるのはやはり良いホテルのほうですね~。ありがたや!そんなこんな、さらに遅い時間ということもあって、夜ごはんだけは選択肢なし。ホテルのバーでもある「フィオーレ」に。ここは24時までやっていますからね。スカイレストラン、ほぼ最上階なので景色や居住性は良いですよ。
a0041150_1405081.jpg

クレメントの1階のバイキングは朝も昼も、あまり美味しくありません。雰囲気は良いのですけどね。都会的な感じで好きです。もともと全日空ホテルだったのが経営が変わり、味も落ちたのかもしれません。変わらず大丈夫なのは中華。バーでの食事は初めて。パスタなどがあってイタリアン風なメニュー、面倒だから宿泊者向けの3500円のコース(さらに10%引でワンドリンクサービス 笑)にしてしまいました。こうなりゃ何でもいいですよね。

前菜は讃岐コーチン、海老やイカを使ったマリネ、ナメロウ風な魚のマリネ、キッシュと4種類。どれも良かったですが、このキッシュが美味しい。基本キッシュが嫌いなのですが、それは上手に作ってもらえないからなんですよね。アスパラのスープ。パスタはアマトリチャーナ風。パンチェッタとかがないので、パスタはやや白けた感じの味わいですが、それでも思ったよりはずっと良かったです。いわゆるホテルの食事としては良いほうですよ。値段を考えるとこれで文句を言ってはいけません。アタリ!でした。
a0041150_142421.jpg

a0041150_143286.jpg

a0041150_1434781.jpg

メインはとても無難な牛フィレのステーキですが、これも大丈夫。上質のお肉で良かったです。デザートのプリンはイマイチでしたが値段が値段だからOK、十分です。ここはまた行くかもしれません。
a0041150_1445135.jpg

翌日。この日もレッスンが多かったので、食事休憩をとって夕方までやりました。お昼は「海のそばにあるから」新鮮なお魚をもっともっと出してくれるという「かね荘」というお店に。私は「鳴門水産」でいいのに(笑)。私は大体いつも同じものを食べる性癖もあるし、気を遣う必要は何もないのにね。でも結局レッスン場からも近いということで「かね荘」にしました。いかにもお洒落でない感じのお店で(笑)、それゆえに田舎風というか、良いお魚が出てくる期待が膨らむお店でした。そしたらメニューの大半が「とんかつ」だの「海老フライ」「から揚げ」だったので、チョイ不安じゃ!でもここは負けずに「お刺身定食」を注文。
a0041150_1461295.jpg

しょ、しょぼい!!でも735円だからね(笑)。美味しいと言えば美味しいけど、どこにでもあると言えばどこにでもあるお刺身(笑)。「海のそばにある」お店でしたが、たまたま「海のそば」にあるだけで、山の中腹にあっても良いお店でした(笑)。ただ安いから文句なしですよ。比べれば前日の「魚神」のほうが断然良いですね。ただし味噌汁は「かね荘」のほうが美味しい。

実はあまりにも不味くて名前を書かなかったのですが(笑)、不味いというか苦手というか・・・・近くの喫茶店「カナディアン」というお店の名物「オムライス」に一度失神したことがあります。ここのはかなり辛いカレー味のような感じだったのですね。それってオムライスとは言えないでしょ!私はさらに、古風にキチンと包んである物が好きですから(笑)、お店にとってもマジ相手が悪いですよ。それを好きだという人も多いそうだし、そこは好みの問題。ただ私は2度と行かないつもりでしたが、今回時間もあったのでデザートに立ち寄りました。
a0041150_147948.jpg

もともとワッフルの上にいろんなものが乗っているものですが、全部ナシにしてもらって、アイスクリームだけ残してもらいました(笑)。これなら食べられる。え?意味不明ですか?

帰りの空港でも飛行機が少なく、時間ができたので、またまた食べる時間になってしまいました(笑)。いつものお寿司屋さんの「瀬戸」は飽きました。もういいかなというか、ちょっと食べる気がしません。あとはうどんの「かな泉」と「さぬき麺業」しかないんです。地元のUさんが「さぬき麺業」を食べたことがないと言うので、そちらに。私は前に戴いたことがあって「うどん」はイマイチでした。そして今回も(笑)、何か美味しくありませんね、つゆも魚臭さが強いです。もろきゅうも頼んだのですが、東京なんかのもろきゅうと味噌が違います、初めて食べました。チョイ苦手かも。
a0041150_1501454.jpg

a0041150_150426.jpg

a0041150_151694.jpg

うどんは「かき揚げ天丼」のセットで戴きましたが、見た目、冷凍のようなとても不味そうな天麩羅だったけど、こちらは意外に美味しく食べましたよ。結局、過大に期待するから美味しくないとか思ってしまうんですよね。少し歳をとって好みも変わってきたのかも?この日は普段食べない時間にばかり食べたから、東京に帰って、深夜にもう1食食べる羽目になりました。お安いチェーン店「日高屋」の「冷やし中華」。もちろんそこそこのものに決まっていますが、昔はもっと美味しく感じたような。でもここの「日高屋」さん、しっかりチャーハン炒めてあって丁寧な作り。店長さん上手なのかもですね。
a0041150_1521828.jpg

帰ってきてからは、また午前は起きられませんでした。でも用は待ってくれません。電話などのあとは打ち合わせ。人形町だったので「イル・バンボリーノ」でランチ。1500円のワンプレートのもの。選択できるパスタは「お昼のぺペロンチーノ」。本当はパンチェッタだけのが好きだけど、あまりわがままを言ってもいけないので、普通にトマトなどがはいったままにしました。管理人さんはパスタをピザに変更してもらって(普通はできません、念のため)、これがまたアンチョビやガーリックたっぷりのピザで、結果凄い盛りだくさんになってしまいました。
a0041150_213113.jpg

a0041150_221316.jpg

a0041150_22378.jpg

スープ、サラダ、野菜はオープン当時からのスタイルですね。やはりピザは旨いです~。選んで良かった(笑)。最高ですね。ぺペロンチーノもアルデンテが快感。同じガーリックベースで似た選択になったかと思いきや、バリエションがあるお味。さすがですね。このレストランは実力派です。川越さんではなく彼こそが認められるべき人のように思います。拍手!メインには牛頬肉。この値段で本当に努力をしている素晴らしいお店。ますます応援したくなりました。
a0041150_231363.jpg

さてさて、こちらは仕事山積み。がんばらないと。
by masa-hilton | 2012-09-12 02:29 | 日々の出来事
<< 神楽坂でサロン・コンサート コレドの中華「維新号・甬江」、... >>