毎日鰻を食べています(笑)。

やはり健康のため?と言うか、いよいよ我慢が出来なくなって毎日ひたすら鰻を食べるようになりました。あちこちで食べて、やはり富沢町の「喜久川」さんは良いんじゃないか?と思います。ボリュームもお味も、お値段も少し抑え気味ですしね。ただしウチからは歩く!ああああ、暑い。おまけに夜は営業していないので参った。というわけで、何回も上野松坂屋「銀座鳴門」で閉店時間ギリギリに伺っていました。
a0041150_0464577.jpg

お味は良いけど、鰻はやや物足らない。今まで書いた通りです。このままじゃなあ・・・・と思って、ブラブラ散策に行きました。「大和田」さんさえ閉店していなければ・・・・残念です。また先日行った浦和の「むさし乃」さんはとても美味しく、私としても好みだったのですけど、さすが遠いです。と思いつつ、いつの間にか蔵前まで来ました。ここの「佃梅」というお店。鰻の写真がボリュームがあって、私の好みに近そうでした。一般的な評価は高くない店。でも評価というのはあてにならない。他人さまの言うことには同意できないことのほうが多いもんです。そこは音楽と一緒。そして厩橋を渡り本所へ向かいます。江戸ですなあ。
a0041150_0473360.jpg

この「佃梅」さん、店構えが「飲み屋」ですじゃ!!これはちょっと・・・・参ったな・・・・冒険気分じゃないと行けませんね。ここはまた次回にするということにして、浅草の方角に向かって歩きました。もう汗だく!暑い暑い。おお、ここを曲がるとスカイツリーに一直線ですね~。
a0041150_048339.jpg

ツリーそのものには興味はなく無視(笑)、逆方向に駒形橋を渡って浅草へ。そこで見つけた!老舗の「前川」です。200年も営業を続ける名店です。川のほとりで鰻を食らう!この江戸情緒!高くてもさすがにお客様がいっぱい。デート客とか(笑)。でも毎日鰻を食べるような人たちには見えませんね。
a0041150_050296.jpg

こちらの鰻は坂東太郎。おおお!5985円ですよ。ランチでは3000円を切るのもありますが、絶対物足りないに決まっています。その約6000円の物を注文!シッカリ蒸してくるのかと思いきや、意外に早く出てきました。チョイ嫌な予感でございます!
a0041150_0504075.jpg

まずお重そのものが小さい。写真では大きく見えてもこれはけっこう貧弱な鰻です。最近の鰻高騰を受けてのことか?でもそれにしてもですよ。薄いんじゃない?ペナペナしてるようにも思います。これは・・・・ガッカリ!ちょっとひどくないですか?味が落ちてしまったのか、もともとこんな感じなのか?哀愁の6000円。
a0041150_0515661.jpg

タレは甘さのない辛口、スッキリしていてそれはそれで江戸流の1つの形です。ともあれパワーのない鰻でした。ふり向けば景色は良いですよね、この景色にお金を払うんですね、きっと。ああああ、ムダムダ感がいっぱいになってきました。小市民でございます!
a0041150_0523828.jpg

さらにこの美しい景色もまた、外に出ればそれはもう、ただクソ暑いだけでございます。おまけに人でごった返していますし。男は論外ですが、どんなまばゆい美女でさえそばに来て欲しくないくらいに暑い(笑)!もうテンションも落ちまくりですね~!すると、何と言うことでしょう(ビフォーアフターのナレーションように)!私が普段2万円ぐらい出して買っている消耗必需品が、何と5000円で売られていました(笑)!これはナイスじゃありませんか!これを買って鰻の6000円を足しても、2万円からいっぱいお釣りが来ます(笑)!やったやった!
a0041150_0574830.jpg

それならあれも買って帰りましょう。「西むら」のどら焼きですよ!!ここの「どら焼き」、ホント旨いです。何と言ってもコンガリの皮が最高です。おお、幸せ!よそでは絶対にない、素敵な「どら焼き」ゲットです。隣の「亀十」のどら焼きがマスコミでは有名ですが、私は断然「西むら」です。鰻はもの足りませんでしたが、「西むら」の「どら焼き」があればとりあえず幸せです。
a0041150_0583465.jpg

浅草で鰻と言えば、有名なのが「色川」「初小川」です。「色川」はとにかく親父がうるさい店ですので、その相性も考えて入店するのは疲れる。ちょっと面倒ですよね。「初小川」は人気店でなかなか予約が取れずに、ご縁がありません。私自身が気まぐれで非・計画的だからイケないわけですが。「前川」だって思いつきで入ったのがいけませんでした。「川松」も名店なのですが、私の好みとは違います。また目立ちませんが商店街に「つるや」という鰻屋さんがあるのです。行くと・・・・温泉街にある「何でも食堂」みたいな、いかにも観光客相手のつまらない店っぽい風情です。ウィンドウに出ている造り物もあまり美味しそうじゃない感じです。
a0041150_134668.jpg

ところがここは、天然鰻も限定で7000円で出すなど、実はきちんとした仕事をしているお店でした。また「鰻高騰でしたが、少し落ち着いたので値下げいたします」と心意気も美しい!そう言えば「川松」さんも値下げしましたね、偉い!

そんなこんなで「つるや」の特上は3600円から3400円に値下げされています。肝吸いもとても美味しい。久々に良くお味が出た、香りのある肝吸いを戴くことが出来ました。鰻も良いですね!「銀座鳴門」をグレードアップさせた感じです。柔らかさもあるしこれはグッドです。また鰻の「焼き」もきれい。「高嶋家」並みに美味しく感じました。
a0041150_110283.jpg

追加料金でこれにさらに半身加えることも可能らしいのです。そうなればかなりのボリュームで満足度もアップ!!店構えに反して「前川」よりずっと良いですよね。結構気に入りました。また来ますよ。天然鰻のほうは未食ですが、意外に脂も少なくコシもないものが多くて好みじゃなかったりするんですよね。やはりシッカリしたこんな肉感がないとね。好きなタイプです!
a0041150_1111392.jpg

なんて、いろいろ言ってますが、天然物は「香り」に関しては良いこと間違いなしですよね。こちらもそのうち食べてみましょうね!7000円ですけど(笑)。ところでこのレポート、昼間「前川」、夜「つるや」という連チャンの1日なのでした。「つるや」が良かったので、ゴキゲンな1日になりましたけど(笑)。めでたし!

そしてまた次の日も・・・・・鰻を食べたくなりました。気になっていた有楽町の「炙り一徹」に行きました。こちらは養殖の問屋の直営店なのです。いわゆるガード下近辺の小さなお店ですが、こぎれいで都会的な風情が落ち着きます。
a0041150_1122252.jpg

オススメは鰻重の上2900円、メニューの写真で見る限り大きい感じですが1匹ではなく4分の3匹。特上は中入れ重で1匹、3800円。私は基本あまり「中入れ」は好きじゃないかも。表に出してくれる方がいいですよね。坂東太郎が3300円と4400円があって、写真見る限り3300円は小さい予感。とりあえず普通の鰻で上2900円にしました。
a0041150_1143413.jpg

鰻大きめです。ふっくら!これは好みでした!うれしい!銀座では「ひょうたん屋」も安くて美味しいですが、こちらはもっと良いですね。江戸前なやりかた。ちゃんと蒸しているらしく30分ぐらい待ちました。ゴキゲンですよ!旨い旨い!確かに「4分の3」の大きさに残念さはありますが、よその店に比べればちゃんと肉厚だから物足りなさはナシ。この厚み、おわかりいただけますでしょうか?これは良いです!
a0041150_1161620.jpg

タレは甘めで濃いです!これがまた鰻好きにはたまりません!大満足!幸せです。ちょっと通って「中入れ重」「坂東太郎」にも挑戦してみようと思います。昔はもっとリーズナブルな鰻丼やダブル丼などがあったようですが、今はないのは最近の高騰によるのでしょうね。

ところでこのお店の向かいには、私のお気に入り、ドイツ料理の「JSレネップ」があるんです。こちらにも久々に行きましたよ。私は好きなお店ですが、ご覧のように本当にガード下、居住性は悪いです。が、味は良い!「ビール好き」にはたまらないお店です。
a0041150_11712.jpg

まず「にしんの酢漬けとピクルス」。ロシア料理とはまた違ったテイスト。旨いですよ。そしてウィーンなどの現地の味を思い起こす感じ。これは大好きですね。ライ麦パンの上にスパムをのせて目玉焼きをのせて・・・・そんな物に1500円も出せるか!と言われればそれまでですが「フライシュケーゼ」です。これも旨い!「マッシュポテト焼」に「グヤーシュ」。グヤーシュは鹿肉で戴きました。私は気にならなかったのですが、正統派グルメの管理人さんは「臭う」と言っていました(笑)。私は意外にそういうの、感じないんですよね。もともと万人向きとは言えない味のものかもですね。ポテトとグヤーシュを混ぜるとその臭みも「病みつき」になります。満足満足!
a0041150_1182495.jpg

a0041150_1185459.jpg

a0041150_1193756.jpg

a0041150_120524.jpg

ところでこのお店、サービス料をとられますよ(笑)。結果ややお高めに。そんなホテルのようなお給仕では絶対にないのにね(笑)。これからますますの不景気の予感、その辺りがどう影響するか、ちょっと心配。それよりさらに心配なのは鰻が「絶滅種」に指定されるとの情報です。鯨同様に食べられなくなる日が来るかもしれませんよね、それはマジ心配、とても困る!!とりあえず明日も鰻を!
by masa-hilton | 2012-09-18 01:39 | 趣味&グルメ
<< 続・毎日鰻を食べています(笑) ハンナ・ヘアフルトナーさんのリ... >>