「ほっ」と。キャンペーン

朴敬二さんとの楽しいリハーサル!心地よい日々

昨日はピアニストの朴さんとのデュオコンサートのリハーサルに行ってきました。旧友との共演は楽しいし、お話も盛り上がりますね。朴さんとのコンサートは上毛新聞などにも取り上げられているようですが、彼の精力的で、かつハートフルな活動は地元群馬ではとても高く評価されて、ますますその幅を広げて盛況な様子、すばらしいし見習わなくては。

銀座に行きましたので、朴さんと一緒にいつもの「全衆徳」でランチにしました。そしてまたまたいつものメニューです。ダック尽くし。美味しい!北京ダックを心行くまで戴くならここですね。
a0041150_12433279.jpg

a0041150_12453082.jpg

a0041150_12465650.jpg

a0041150_20382452.jpg

いつものように「皮」を砂糖で戴いて、胸肉をつまみ、クレープに巻いて戴く3種の食べかた。美味しいですね。

あとはもちろん「海老チリ」も美味しいんですよ。ここのが一番好きです。さばいて残った北京ダックのお肉と一緒に、これまた旨い「チャーハン」を戴き、さらに満足!
a0041150_20404371.jpg

a0041150_20405665.jpg

a0041150_2041291.jpg

友人と会って楽しいお話をした後、ふと孤独を感じるときが最近あります。コンサートに追われていると、常に成功と失敗の境目に立っているので、何かを悩む時間はありません。友人も多いし悩みや愚痴を言い合える人もいる。その中の孤独感はなんだろうな?と思うと、一緒に馬鹿をやる相手が少なくなったということでしょうか。そういう意味では大人しくなりましたね。喧嘩もしないしつまらんね(笑)。年齢的に自分もハメを外さなくなった、知人たちの死、引退等々。言葉は悪いですが、歳をとると周囲がいつのまにか整理されてくる。そんな体感でしょうか?でも自分の主義を曲げず、生活感を変えなければ鬱になることなどない。むしろ空虚な静かな時間にこそ、私は最高のぜいたくを感じます。これぞ心地よき時間と言うべきものなのでしょう!

いつものような生活・・・・とりあえずそのまま「太田鮨」に行きました。世間話しながらの、くつろぎの夜。同じような店に行って、同じように食べて・・・・完全に永井荷風化していますなあ(笑)。旨い「かつお」がありましたよ。「かんぱち」「こはだ」「するめ」「煮ハマグリ」「赤貝」「シメたさんま」「あなご」、このほかには「アジ」と「トロたく」「卵」を戴きました。
a0041150_2162519.jpg

a0041150_217674.jpg

a0041150_2172620.jpg

しっとりとした時が流れますね。実にいいですね。家に戻ってからは、リハーサルの整理をして、1曲移調して、お夜食を食べて就寝。いつものように昼近くに起きて荷物を郵送。コンサートのCD販売の釣り銭を用意するために銀行まで歩き、途中にある富沢町のほうの「喜久川」に寄って「特上」を戴きます。3100円。お値段は良いと思いますね。肉厚ながら少し硬めな肉質、いつもの通り。蠣殻町よりはふっくらしています。ご近所ではお気に入りです、よく行きます。
a0041150_2183199.jpg

鰻はいずれにしても旨い!満足です。週3回レギュラーですが、今週は忙しく2回になってしまうかもな?残念!
by masa-hilton | 2012-10-02 21:49 | 日々の出来事
<< 3台ピアノのリハーサルも無事終了! 神楽坂サロンは楽しく大成功!そ... >>