まとめ更新!!ドドドド~

すみません。やはりこういうことに(笑)・・・・まとめ更新です。

演奏の準備も忙しかったが、何よりも急に決まった赤坂さんとのCDのリリース。まだリリース日が確定ではないようなで、でも12月5日目標というのだからただ事ではない(笑)。色々チェックをすることが山のよう、それもかなりカチカチ山でお尻に火がついている(笑)。あと編曲ももろもろ。年末にやっても良いのもあるのだけれど、年末はまた忙しいので、今からやっておかないと・・・・なのだ。

あわただしいとロクなものを食べていない気がする。というか食欲自体も減退。実際ゆっくりの食事は無理。普段100%外食だけど、お弁当の家食もやむを得ない。そんな中、少しでも「目新しく」などと思って「紅虎餃子房」に行ってみた。全国展開の店だが、今まで2~3回しか行ったことがないし「人形町店」は初めてだ。
a0041150_2402757.jpg

威勢がいい若い人が働いているイメージとは違って、人形町店はとても無気力な中国の人が接客。それはどうでもいいが、しょっぱいね~~~!塩のふり過ぎだ。この「ピータン豆腐」はとても食べられない。おそらくチャーハンとか炒め物もしょっぱいんじゃないかな?
a0041150_241273.jpg

a0041150_2422896.jpg

ここまでしょっぱいのは、お酒を飲むことが大前提のお店なんだね。こりゃ参った。細い海老を巻いた「海老春巻」はなかなか美味しい。「人形町大餃子」は肉まんみたいな味(笑)、これも悪くないけど再訪はない(笑)、ごめんなさい。

編曲や原稿で久々徹夜の日もあった。徹夜は良くないね。おなかすいちゃうから深夜に何か食べちゃう。おかげで2キロぐらい太ってしまった。またしぼらないとなあ。夜中は「ジョナサン」「松屋」「天下一」のどれかだ。最近中華の「天下一」は朝5時まで営業しているから便利。お気に入りは「かた焼きそば」と「天津丼」、不思議な「スタミナ炒め」。特に思いっきり甘酢の「天津丼」の下品さはけっこう好きなのだ(笑)。昔の中華屋みたいだね。
a0041150_2444244.jpg

a0041150_2454014.jpg

こちらの餃子はとてもジャンキー、そしてニンニクも強い。中身はどんな肉を使っているかわからない感じだが、こういう餃子好き、けっこう旨いよね~。特に夜中に食べるのがいい感じなんだ。安いこともあって、お店は遅い時間でも満席だったりする。

お昼は普通にステーキの「仁」とか、「イル・バンボリーノ」とか・・・・ここんとこは洋食が多い。早く食べられるのと、夜遅くまでおなかがすかないように出来るからだ。「仁」のステーキランチ1500円は、いつもながらとてもお得な感じだよね。ステーキはやはり鉄板焼がうまい!そしてこの「牛すじのスープ」のちょっと甘めな微妙なテイストが、クセになっているんだよね(笑)。
a0041150_2502017.jpg

a0041150_2511458.jpg

「イル・バンボリーノ」のお昼は正統なイタリアンというよりは、「おなかいっぱいになるように」考えられた家庭的なパスタだ。せっかく本式なものも作れるのに残念な感じもするけど、これがこのレストランの温かく優しいところ。「ポタージュとサラダ」「ぺペロンチーノ風なパスタ」と「鶏のトマト煮」。
a0041150_2542742.jpg

a0041150_2545274.jpg

a0041150_2553571.jpg

実は「鶏のトマト煮」を出すようにリクエストしたのは私だ。以前は「頬肉」だったけど、高級素材で美味しい割には万人向きではないから。そんなこんなで「お待ちしてましたよ」と出された鶏は、思ったよりあっさりしていて個性的。いくらでも食べられそう。ワンプレートではなく、ドカンと普通に「ローマ風」のやつが来ても良いかもだ。でもよそといっしょじゃつまらないし・・・・ランチというのは難しいものだね。

とりあえずお食後は「つくし」で「ゴールデンプリンみつ豆」でも食べようか(笑)!
a0041150_32878.jpg

やはり「人形町風鈴(プリン)」最高に旨いなあ!あいかわらず濃いプリンだね。これがたまりません!

やはり夜に行こう~と再び「イル・バンボリーノ」。テノールの高野二郎さんがリハーサルのために人形町来訪されたので、いつものメニューでカンパイ。すなわち「オマール海老とホタテのテリーヌ」「ゴルゴンゾーラとリンゴのピザ」「トリッパとギャラリガトーニ、トマト味」「子羊のロースト」やはり旨い!こうじゃなくっちゃなあ。とてもとても大満足。お昼もグランド・メニューを食べたくなっちゃうね(笑)。
a0041150_391326.jpg

a0041150_394021.jpg

a0041150_3113886.jpg

a0041150_3134078.jpg

ところで高野さんとのコンサートは11月3日。シューマンの「詩人の恋」全曲のあと、ガッチャマンやマジンガーZ、デビルマン、電人ザボーガーのテーマなどもやる(笑)。マジ前代未聞のムチャぶりコンサート。凄すぎる!ぜひぜひお越しくださいませ(笑)。

1月のコンサートの打ち合わせで、グリーンコンサートの森山さんと再び打ち合わせ。こちらは私は初めてのお店日本橋の「本陣房」に連れて行って戴いた。新橋が本店らしい「蕎麦懐石」。まずはお酒の品ぞろいが凄い!「手打ちそば」が戴ける店は日本橋は多いので、激戦区のお店とも言える。基本的に関東風に味が濃いお店だ。蕎麦のつゆも甘みは少なく辛め。南蛮漬けやニシンも濃い味で旨い。天麩羅もちゃんと揚げてあってもたれない。お刺身などもあり、おなかいっぱいになって大満足。
a0041150_10263094.jpg

a0041150_1027678.jpg

a0041150_10275751.jpg

a0041150_10282468.jpg

蕎麦は細め。キリッとした感じで、これもなかなか良いなあ。やはりお酒を飲みながら戴くのが格別だろう。チェーン店ではあるが、それ以上に楽しめる感じのお店。蕎麦好きでも通える感じでさすがだ。お酒ばかりでなく肴の種類も多く、なかなか人気店のようだった。

話は前後するが、東京音大での講座があった。けっこう弾かなきゃないし、準備も色々ある。講座は5時から、学校は雑司ケ谷のほうだから末広町から行った方が近いかな?と思い、鰻の「久保田」に寄ってからタクシー移動とした。店内、隣の席で中年のおじさん(私よりは若い?)が、一生懸命中年のおばさんを口説いていた(笑)。お手なみ拝見でなかなか面白いが、とにかくおばさんのノリが悪い(笑)。ノリは悪いのだがおばさん、OKなのでは?と私は思ったよ。それをおじさんが気づかずに悪戦苦闘(笑)、最後は「二人で組めば仕事もうまく行く」という意味不明なひと言でシメていた。あああ、お疲れ様である。
a0041150_10304074.jpg

鰻は特上ではなく「上」に。肝焼きもなし(笑)。本番前だし。十分な大きさもあったけど、隣のおじさんのせいでイマイチな感じが!!せっかく美味しい鰻だったのになあ(笑)。残念だったけど、講座のほうはとてもうまく行ったようである。良かった~!先生方にもほめて戴いたし、同じような講座を来年ピティナで!というお話にも発展。打ち上げは池袋のメトロポリタンホテルの中華「桂林」で何回かお邪魔している。全体的にいつもよりはちょっとピリ辛?「牛肉と季節野菜・四川豆板醤炒め」「秋刀魚のスパイシー揚げ」などが続く。「海老と葱とスチーム木の子あんかけ」は濃い味でも美味しい。いつもながら上品で満足。最後はお店の自慢の中国茶も!
a0041150_1038851.jpg

a0041150_1038303.jpg

a0041150_1039598.jpg

a0041150_10392220.jpg

a0041150_1040357.jpg

この日は帰宅後は練習も出来ずに、あっという間に次の日(笑)「朝日カルチャー」当日になってしまった。急ぎの事務作業にも追われていたのである。この講座は真嶋さんの「よそにないすばらしい企画」で、マジ音楽界のそうそうたる顔ぶれが弾いている場所。でもカルチャーセンターだから「調律もリハーサルも時間がない」と聞いてさらに驚き・・・そうか!よく考えればそれは当然のことだよ。ただ私は神経質なので、考えた結果わがままを言って、調律は私のほうで強引に手配させて戴くことにした。あとで聞いたが、ピアノはかなり狂っていたらしい。やはりそれではお客さまに申し訳なかったので調律して良かった!それに弾きやすくもなったしね(笑)、とホントは自分のためだった(爆笑)。「ミスター自己中」とは私のことだ(笑)。調律、早朝に鈴木俊郎さんありがとう!名人は心意気も違う。おかげ様でめいっぱい演奏でき、盛りだくさんの内容になってこちらも喜んで戴けたようだ。めでたしめでたし!

講座の後は新宿で打ち上げ。新宿はあまり行かない場所なのと(笑)、ちょっと半端な午後の時間だったので新宿タカシマヤ内のフレンチ「クリヨン」しか思い浮かばない。ここはハンバーグでお気に入りのレストランで、なかなか美味しいという記憶がある。今回もオードブルからしてとても美味しい。牛肉のカルパッチョやそら豆のムースが予想外の旨さ!管理人さんから「横浜のクリヨンは不味いですよ!」というちょっと不吉な情報があって心配したのだが(笑)、新宿はやはり大丈夫だった。よかったよかった。
a0041150_1051208.jpg

a0041150_10512662.jpg

今回のメインはステーキの上にフォアグラのソテーが乗ったもの。おおおお、これはとても旨いじゃないか!これは毎日でもいいな。とても良い感じだ!
a0041150_1053391.jpg

こんな感じで大きなのが乗っていて、とても贅沢な感じだね。何よりも美味しい!お話も真嶋さんのお友達がボディペインティングする不思議な話などで大盛り上がりした(笑)。帰りに支配人に「ここは美味しいけど横浜は不味いらしいよ、言ってあげたら?」て言ったら、「いえいえ」と含み笑顔だったのがまた最高(笑)。同じ会社でも救済してあげる気持ちも義理もないらしい(笑)。ある意味のプロを感じた。

そんなこんなの1週間でござりました~。で、まだまだバタバタが続く。明日は編曲したばかりの「デビルマン」のテーマの練習からだな(笑)。ダダッダ~ジャン!!
by masa-hilton | 2012-10-31 11:37 | 日々の出来事
<< 好みのものを 東京音大講座、朝日カルチャーも... >>