「ほっ」と。キャンペーン

ハンナ・ヘアフルトナーさん!魅力全開!

やりました!そしてやってくれました(笑)!ホントに長かったですよね。前半が終わって後半始まったのが8時20分。普段はこの時間にプログラム全部終わっている歌手もいるぐらいです(笑)。ハンナ・ヘアフルトナーさん、様式も時代も国も違う曲をいっぱい並べて見事に歌われました。それもツェルビネッタなど難曲ぞろいです。

確かに内容は「出来るもんならやってみろ」的なプログラムですが、謙虚に真摯に取り組んでいる姿が会場にも伝わって、大変なだけじゃなく楽しかったですね。彼女もホントにホッとしたご様子で「いっぱいいっぱい助けてもらった。ありがとう!」と、やり終えた満足で感激して、笑顔で握手を求めてこられました。

とにかく来日すぐの2回のリハーサルで、こうして毎回こなしていくわけですが、こういうすばらしい経験を重ねて来られたことは本当に財産です。鍛えられます。

あ、そう言えば!私はオランピアの時に「ぜんまい」の小道具を落としてしまい、すみませんでした(笑)。逆にいっぱい笑って戴きましたが、くれぐれも「わざと」じゃありません(汗)、ごめんなさい。ぜんまいを乗せた楽譜がツルツルしていて・・・・次回は気をつけます。また今回は、普段自分のコンサートではあまり弾かないラヴェルを演奏できたのが、とても嬉しかったです。めでたしめでたし!ありがとうございました。

このコンサートの準備もですが、その他もろもろがあって今週は外にフラフラ出ませんでした。打ち合わせとリハーサルの時だけ。完全にお弁当生活になってしまいましたが、何とか「鰻」だけはちゃんと食べなくちゃと(笑)、帰宅がてらご近所蠣殻町のほうの「喜久川」。久々に鰻2匹の「特上重」を戴きました。一番近所だから行きやすい店です。
a0041150_191167.jpg

鰻いっぱい。さすがは2匹重。満足はできますが、小さい鰻が2匹と言うことですからね。これは4600円、安くはないですよね。どちらかと言えば、やはり大ぶりの肉厚鰻が恋しくなります。少し微妙な気分でした。で、神田須田町の「きくかわ」、こちらの「特撰丼」を目指しました。3800円。今日はちょっと焦げている。ううう。
a0041150_194393.jpg

でも旨い!これだ!このほうがずっと好きかもです。コレ、写真じゃわからないかもですが、マジでかいです。ご飯もいっぱい(笑)。お茶碗3杯以上あるかなあ。でも美味しいから食べちゃう!ちょっとヤバいですかね?

2回目のリハーサルの日はお昼だったので、朝から何も食べずにいきました。3時近くなって「おなかすいた」感覚もなくなってしまいました。でも本番が近いのでちゃんと食べることに。三鷹駅近く、お気に入りの焼肉「恭楽亭」。「ホルモン盛り合わせ」に「カルビランチ」を注文・・・・・って、結局いっぱい食べてしまいましたよ。ここのタレは美味しいんです。好みですね。キムチも少し甘さがあって好き。ホルモン関係も充実してますよね。
a0041150_1965144.jpg

a0041150_1973129.jpg

さて翌日、コンサートの日は終了時間が遅めでしたが、演奏前はロクに食べずにいるので、人形町に着くや否や、改札口から一番近い「天下一」に飛びこみ、例の「餃子」と「かた焼きそば」をガツガツ。飢えた野良犬のような状況でした(笑)。
a0041150_1981917.jpg

ジャンキーな感じだけど旨い!昔から好きですが、ホッとしたせいもあるからですね。帰りにコンビニで「愛媛のミカン」を買いました。今季最初のミカンですが、甘くて旨かったです。もう11月、冬がやってきますね!
by masa-hilton | 2012-11-11 19:23 | 日々の出来事
<< ザ・スーパーデュオの新CD、音... 新しいCDがいよいよリリース、... >>