ホントに寒くなって

急に寒くなったと思いますが、季節はもう12月、寒くてあたり前。猫背でウダウダ歩いてしまって、若々しさに欠けていますなあ。反省しま~す。

「青い鳥の会」リハーサル2回目。前回の記事を見て戴ければ事情はおわかりでしょうが、浦和で長時間です。何か風邪をひかれているかたが多くて心配!頼みますよ!ピアニストも私だけではないのですが、そのかたもダウンされているとか。嫌な予感が・・・・・当日「弾け」と言われて弾けるんかなあ。あははは。元気に復活して戴くことを信じたいので、準備する気にもならんし~。ま、楽しく参りましょう。

ともあれ浦和といえば当然、鰻の「むさし乃」ですよ。また行ってしまいました。前回食べ比べて、やはり「特上」でなければ。お吸い物は普通なのでキャンセルしました。
a0041150_044535.jpg

a0041150_0444396.jpg

どちら側から見ても大きい。大満足の大ぶり鰻。個人的な好みではタレはもう少し濃い甘のほうが良いかもしれないし、先日の「久保田」がとても美味しかったので、前回ほどは感激がなかったとはいえ(笑)やはり旨い。激戦地・浦和の鰻を満喫できました。

さてさて夜は、少し日々の生活に変化をつけないと(笑)などと思い、気になっていた近所に出来たばかりのポーランド料理「ポルスカ」に伺いました。私はもちろん住んでいたこともあり、ポーランド料理が大好き!さてさてどんなのだろう?と半信半疑で伺いましたが、スタッフは皆ポーランド人!!これは期待できる?

しかしメニューの少なさに唖然!これはだめですね。「ゴロンカ」とか「あひる」や「七面鳥」など、本当に美味しいものが何もないんです。ロールキャベツやシベリア餃子ならロシア料理に行けば充分だし、グヤーシュだってハンガリーやウィーンが主流だから意味がない。ましてや「カツ」など論外。かなりがっかり。スープは「ジュレック」はあるものの「具のない赤いボルシチ」がない。これぞポーランドの家庭料理ではないか。どうしちゃったのか。「ビゴス」はあるけど、メインにめぼしいものがないのではどうしようもない。スタッフのポーランド男性は世界を転々として、ポーランドにあまり住んでいなかったようで「よく知らないよ」とのこと(笑)、日本語上手だしこれは面白い。「来週からシェフが2人になるからいろいろ出来るようになるよ」だって。ホントかな?頼むぜ!
a0041150_118071.jpg

a0041150_1192730.jpg

注文したのは「ソーセージと卵」でおなじみのポーランドと言えばこのスープ「ジュレック」。私が先だってナレンチェフで買ってきた「スープの素」で作ったのとほぼ同じ味。これは文句を言っているのではなく、私の作る「ジュレック」はインスタントながら相当旨いのだ(笑)!だから合格!あとは「豚のヒレにリンゴハムを詰めた」ものをセレクト。私が見る限りこれしか選びようがないメニューだったのだけど、とても美味しい!!日本では食べられない懐かしい味、それも外人の味だ。でかいままカットせずにドカンと出されたブロッコリーも、何気に外国ぽいでしょ(笑)!

人形町と兜町の間、もともとこの場所はイタリアンがあって、同じ会社がやっているようだからつぶれたりはしないのでしょうけど、このままでは絶対にイカンだろう。メニュー少なすぎ。だから私はこれしか選べないけれど十分美味しい。また行くよ、頑張れ「ポルスカ」!ぜひこういうメニューを出してよね

今日は午後に打ち合わせ。ここのところ行くたびに「お休み」の日にぶつかってしまっていた「つくし」に行きました。もちろん人形町風鈴!!濃いみつ豆!最高ですね。
a0041150_182845.jpg

しかし、やはり寒い。そろそろ東京も雪とか降ってしまうんでしょうかね?
by masa-hilton | 2012-11-29 01:23 | 趣味&グルメ
<< 「2人でお茶を」いよいよ完成へ またまたまとめ更新ですね >>